Contents

東京倶楽部 本郷店の村山・茂上セッション

20180211 東京倶楽部本郷 村山セッション 21㎝ DSC03289

きのうは前から気になっていた東京倶楽部本郷店のセッションへ。

20180211 東京倶楽部 村山 14㎝ DSC03307

ピアノは村山俊哉さん。曲想豊かなので音が広がります。

20180211 東京倶楽部 茂上 14㎝DSC03306

リーダー茂上剛さん。この日2つ目のお仕事、さすが平成のバンドマン。


20180211 東京倶楽部 vo 13cm DSC03381

20180211 東京倶楽部 永江 13㎝DSC03326

20180211 東京倶楽部 宮田 13cm voDSC03353

20180211 東京倶楽部 のん 13㎝ DSC03342

20180211東京倶楽部 vo 13cm DSC03299

この日はギタリスト一人をのぞいてすべて女性ヴォーカル。
ヴォーカルバックが好きなドラムスコ、楽しく叩いた午後のひと時でした。

お店はこじんまりして、いい雰囲気。自宅から思ったより時間がかからないので、また来ようっと。



一(はじめ)の寿司懐石

20180203 0鮨処一 店 17cm s_000o

地元の寿司割烹「一 はじめ」で会食。

20180203 1先付 21㎝ DSC_0626

先付は、合鴨、白子豆腐、赤飯梅あんかけなど。
味も盛り付けも本格派。

20180203 2刺身盛り合わせ 21㎝ DSC_0630

刺身の盛り合わせ。 その日に大将が築地から仕入れるので新鮮でどれもプリプリ。

20180203 3 17㎝DSC_0635 (1)

別皿の鯛のお造り。下にしいた梅餡とベストマッチ。

20180203 3 19㎝DSC_0636

刺身皿に別についてくる大根の海苔巻きもオツな味。

20180203 4 伊勢海老の味噌焼きDSC_0638

伊勢海老の味噌焼き。 身が少ないので、まあ見た目で楽しむ。

20180203 5タイの土瓶蒸し DSC_0645

鯛の土瓶蒸し。いいお出汁が出ていて楽しめます。

20180203 6白み握り4貫 かわはぎ 鯛 クエ 21㎝DSC_0646 - コピー

いよいよ握り。まずは白身4貫。 両端の肝乗せカワハギとクエが濃厚な味で美味しい。

20180203 7生かに足 ゲンガイサバ 21㎝ DSC_0655

生ズワイ、関サバなど。生ズワイはドロっとクリーミー、私にはちょっと炙った方が?
関サバはさすがの濃厚な味で美味かった。貝の磯の香りもよし。

20180203 8マグロ 19㎝DSC_0656

赤身と中トロ、マグロ2貫。中トロの美味いこと。

20180203 9いくら うに 卵 21㎝DSC_0661

いくら、うに、卵焼き。 シーズンじゃないがウニの磯の香りと甘さが口に残る。
いくらの下にすし飯。盛り付けが楽しい。

20180203 10 赤だし 17㎝DSC_0664

あかだし。普通に美味い。

20180203 11 デザート 21㎝DSC_0669

デザートは、プリン、キイチゴのシャーベット、チョコレート羊羹。
まあまあ。

地元にもこんないいお店があるんだなあ。

豪華共演!宮沢隆御大・阿部マリア姐とJazz38の寺下誠・水橋ゴン孝セッションへ

20180208 Jazz38 21cm DSC03092

きのうはJazz38の寺下誠セッションへ。
Facebookで最近つながった宮澤隆さん、阿部マリアさんが
久しぶりにセッションで遊ぼうよと、特別参加。
一流のプロミュージシャンぞろい、中身の超濃~~いセッションとなった。

20180208 Jazz38 terasita 14cm SC03024

リーダー寺下誠さん。独特の奏法で曲に表情をつけていく。

20180208 Jazz38 gon 14cm DSC03017

ベースは巨匠水橋ゴン孝さん。 ご機嫌なグルーブで唄いまくる。

20180208 Jazz38 Miyazawa 14cm DSC03169

いまや横浜音楽界の重鎮、宮澤隆さん。 オスカーピーターソンを思わせる華麗な奏法。
宮澤さんとは20年ほど前、御茶ノ水のジャズクラブ1933でよく遊んでいただいた。ああ、懐かしい。

20180208 Jazz38 Maria 14cm DSC03060

これまた12年ぶりの再会、阿部ジーナ・マリアさん。かつてライブでずいぶんお世話になった歌姫。
以前よりかなり減量したが、唄は相変わらずのド迫力!


再会までの長い時間が一挙に埋まり、むかし一緒に遊んでもらった頃にタイムスリップ。
プロのセッションの醍醐味タップリ、濃厚な時間がすぎていくのでした。
ああ、この歳までタイコ叩いていてよかったなあ!





きょうのモモちゃん

20180120 モモ笑える寝姿 21cm  DSC02251

潜れるなら何でもOK。
小さなクッションでも、潜り込んだつもり?で熟睡中。

眠い時は、とにかく頭だけ潜ると安心するモモ。
フワフワ布団の新居?がすぐ後ろににあるのにねえ。
思わず笑ってしまう光景。






Jazz38の赤堀ひさし・茂上剛セッション

20180204 Jazz38 21㎝ DSC02974

きのうはJazz38の赤堀リひさしセッションへ。

20180204 Jazz38 Akahori 14cm DSC02997

リーダー赤堀さん、最近,、音の艷が増して華麗なバッキング。

20180204 Jazz38 茂上14㎝ DSC02978

ベースは茂上剛さん。この日は低音がズンズン響いてきもちのよいこと。

20180204 Jazz38  drumsco 13cm DSC03002

ドラマーはわたしひとりの叩きっぱ。

20180204 Jazz38 21㎝DSC02991

食事客や唄姫5人と愉しい午後のひと時を過したのでした。

思わず目をパチクリ!毎日新聞のブラックユーモア

地下鉄赤坂駅のプラットホームで電車を待っていたら、
目の前の壁にかけられた広告が目に入って…

キャッチコピーを見てビックリ、唖然!


20180120 毎日新聞 地下鉄広告 21㎝ DSC02333

このところトランプ大統領が「フェイクニュース」を言いだしてからというもの、
ファクトとフェイクについて、いろいろカシマシクなっていますが、

もはや2大偏向新聞として開き直った感のある朝日と毎日

「偏向報道」へまっしぐらならわかりますが、

「事実へ、まっすぐ。」って…。

開いた口がふさがらない。

ねじ曲げた主張に都合の悪い事実は、記事にしない。
一部の事実を都合よく切り貼りして印象操作、ねつ造記事に仕立てる…

韓国や中国の主張を代弁して、日本を貶めることに執心して恥じることなし。
兄貴分の朝日新聞に追随して、事実を捻じ曲げている代表的な新聞がこのキャッチコピー。

恥ずかしくないのでしょうかねえ。
もはや笑えないブラックユーモア。

たまたま今朝の産経新聞「新聞に喝」欄で、元東大教授酒井信彦氏がこう指摘していた。

1/9に発表された警視庁調査「昨年の全国の110番通報の実態」について、
約820万件のうち2割は緊急性のない通報で、しかも
「妻が浮気をしているようだ」
「トイレが詰まっている」
「今日は何月何日ですか」
「携帯電話の調子が悪くて、試しに通報してみた」
というものまであったという。

その分、緊急の通報が阻害されるわけで、
国民のモラル意識の啓発報道も必要。

産経新聞は、オバカ通報を国民モラルの低下としてしっかり記事にしていたが、
毎日新聞は、調査報告そのものを完全に無視。一切報道していない。
朝日は人口知能などの総合面の隅っこだそう。

政治権力への偏向報道以外の事実が見えていないのだろうか?








予想外の美味 藤丸の鶏塩らーめん

20180210 藤丸 鶏塩らーめん 21㎝ DSC_0606

年寄りになると、いろいろ雑務が増えてきます。
ひとつに、歯のメンテナンス。 
食いしん坊なので、歯がいかれると老後の楽しみのひとつがママならなくなる。

ということで、若いころからお世話になっている名歯科医に定期的に通ってます。
ただ困ったことに、かつては御茶ノ水にあった医院が、中野に引っ越し!
やむをえず、3か月に一度は中野まで出かける羽目に。

もっとも、何でも楽しみを創るドラムスコ、診察の後は、中野で美味いもの捜し。 
前回は、サンロード商店街で好みのビーフカレーパンを見つけましたが、
今回は、藤丸の「鶏塩らーめん」発見!

20180120 藤丸 店頭 18㎝ DSC_0609

雑多な飲食街のはずれ、住宅街にポツンとあるお店。
おっ、気になるなあ…
らーめん激戦区なので、さまざまなラーメン屋が店を出してますが、
「〇〇家」系、兄ちゃんがバンダナ・野球帽のお店は、
だいたいが強烈に塩辛かったり、脂臭かったり、私はまるでダメ。

ところがここの塩ら-めん、鶏ダシのすっきりしたコク、絶妙な塩加減、
美味いじゃないですか。ああ、まためっけちゃった!