Contents

【バスク地方食べ歩きPHOTO紀行2】 セゴビア~ビトリア

きのうはミュンヘンから乗り継いでマドリッドへ。
さらにバスでセゴビアへ深夜到着。

20180311035310ea7.jpeg

20180311035307714.jpeg

今日は、セゴビアの世界遺産ローマ水道橋やアルカサル見物。


20180311035305ccc.jpeg

20180311035305bab.jpeg

2018031103565707c.jpeg

2018031103570201c.jpeg


201803110353046f8.jpeg

その後、スペインの最も美しい村のひとつペドラサへ。
中世のおもかげを残す街並み。


昼食後、いよいよバスク地方へ。
今夜はパラドールに一泊。
ここから始まる喰い歩きの旅!


【バスク地方食い歩きPHOTO紀行1】きょうからグルメ天国 スペインのバスク地方へ

きょうの夕刻、スペインに向けて出発。
パックツアーですが、昨年11月に申し込んですでに満席という人気コース。
スペイン北部、フランスとの国境ちかくバスク地方の美しい村と美食レストランをめぐる好企画。

バスク地方は、近年、ミシェランの★つきレストランが急増し、美食の宝庫となっている。
特に美食の中心サンセバスチャンとビルバオでは、自由に食事できる機会も4回ほど。
食いしん坊の食べ歩きにはうってつけじゃないですか。

セゴビア水道橋 21cm11270967

途中でセゴビアにある世界遺産の水道橋、

バイヨンヌ 19cm _38112602

美しい街バイヨンヌ、

ペドラサ 17cm 7207edec66_b[1]

古都ペドラサ

サンジャンピエドポー 21㎝9c091195_b

国境を超えてフランスの美しい村サンジャンピエドポー

ビルバオ グゲンハイム美術館 21cm 975-680x478

芸術の街でもあるビルバオのグゲンハイム美術館なども立ち寄る予定。

ピンチョス951-s

ピンチョス0jpg

ピンチョスeacdad4a

そして、今回の目的の一つ、名物料理ピンチョスの食い歩き。
店によって味が違ってどれも美味いそうな。ウニのグラタンは絶対に食うゾウ!

ELKANO 店内 18㎝160801_08-1

ELKANO かれいの炭火焼 18㎝170714-elkano

サンセバスチャン郊外のゲタリアで魚の炭火焼で有名な★レストランELKANOも
コース日程に組まれている。はたして上の写真の焼きカレイが食えるかなあ?

restaurante Arzak 18cm -half

arzak-restaurante21cm.jpg

食い歩きツアーのハイライトは、個人でお好みの店に出かける時間。
スペインの3★レストランTOPに君臨、サンセバスチャン市内にあるARZAKでの前衛的なディナー。
出発前に電話で予約済み、いまからよだれがタラタラ。

先が短いジジイにつき、過分な贅沢をお許しください。

【ベトナムPhoto紀行5】 ヴェトナム美味いものベスト5

ヴェトナム北部は、フレンチと中華が融合した美食の宝庫。
今回の旅のテーマに「美食の北部ヴェトナム」とあったそうで(知らなかった)。
団体ツアーにもかかわらず、どこでも美味いものにありついた。

【第1位】 Mahson Vie Restaurant のフレンチコースディナー(ハノイ)

20171214 Mahson 店内 18㎝DSC09682

ツアー最初の夜は本格フレンチ。ヴェトナムはフランス統治が永かったからフレンチも美味い。

20171214 Mahson 1 前菜 DSC09684

前菜の野菜サラダ。 盛り付けも味も本格フレンチ。

20171214 Mahson 2 soupe 21cm DSC09686

スープは緑豆のポタージュ。薄味なのに深いコクがあってで美味い。

20171214 Mahson 3 メイン 21㎝DSC09689

メインは、豚と鶏のミンチ肉。これまた臭みの処理がきっちり、薄味で美味い。

20171214 Mahson 4デザート 21㎝ DSC09694

デザートは、チョコと果物の包み焼き。これまた上品な甘さで美味い。
団体ツアーでは考えられないクオリティの高さ。
前回10月のUSA西部の旅とは月とスッポン!


【第2位】 INDOSINEの豚ヒレカツ (ハノイ)

201712 Indosine 店 15㎝ DSC00057

店名からして、ヴェトナム伝統料理。南アジアと中華料理の融合。

20171216 Indosine 3豚フィレカツ タマリンソース チキン 4DSC00037

中でもうまかったのは、豚のヒレカツ。
薄い肉だが、衣の油がしつこくなく、サクサク感が何とも言えず、タマリンソースも美味かった。

20171216 Indosine 2 春巻き 21㎝ DSC00031

今回の旅でNO1の生春巻き。具の味付けが素晴らしかった。

20171216 Indosine 6炒飯 ナシゴレン 21㎝DSC00045

ナシゴレンを思わす魚醤の焦がし香りがたまらない炒飯。
残念だったのは、ちょっと冷めていたこと。炒りたてだったら、この店がNO1.だったなあ。

20171216 Indosine 1 pho ga 21cm DSC00028

20171216 Indosine 4 海老と野菜のピーナッツ炒め 21㎝ DSC00042

20171216 Indosine 5 茄子のピーナッツ炒め  21㎝ DSC00050

20171216 Indosine 7緑豆のデザート 18㎝ DSC00052

ほかの料理も団体メシとバカにできないハイクオリティ。


【第3位】 ハロン湾クルーズ船上ランチ (ハロン湾)

201716 Ha Long ランチクルーズ舟 18㎝DSC09902

世界遺産ハロン湾をめぐるクルーズ船で出るランチ。
世界のあちこちでクルーズ船のお食事をトライしてきましたが、
だいたいがビュッフェ形式で、どこも似たようなメニュー、
調理済みを積み込んで温めたような料理ばかり。とてもじゃないが「中の下」以上の期待はできません。

ところがところが今回は、船の後ろが調理室になっていて、
出来立て料理を個別にサービス。

20171216 2 チキンスープ 18㎝DSC09920

最初にでてきたスープ。 う、美味いじゃないですか!

20171216 1 海老 21㎝DSC09918

茹で海老。 海だから新鮮なのは当たり前、ほのかな甘さがなんともいえません。

20171216 4 揚げ春巻き 21㎝ DSC09931

ビックリは、揚げ春巻きの美味。 揚げたて、観光船でこんなの食わしてくれるの?

20171216 5 地魚のトマトソース炒め 21㎝DSC09932

これも美味いじゃないの!

20171216 6 イカ野菜炒め 21㎝DSC09934

イカと野菜炒め。 イカの堅さに難あり。

20171216 7 野菜炒め 21cm DSC09938

キャベツと人参の塩炒め。文句なしに美味いです。


20171216 8 野菜スープDSC09939

しめに地元野菜のスープが。チキン出汁でこれもグッド。
デザートは、いかにも観光船のヘタリスイカ。まあご愛嬌です。 

雰囲気はいかにも田舎の観光地のボートレストランでしたが、味は別格。
ただし、食後しばらく化学調味料の味が口に残って、その分マイナス(笑)。


【第4位】 Anh Dzung Garden Restaurantの鶏とパイン炒め (古都ホアルー)

20171214 Anh Dzung 店 16cm DSC09503

アンズンガーデンは、ヴェトナム王朝時代の首都ホアルーの郷土料理レストラン。
広い庭に囲まれた落ち着いたたたずまい。

20171214 Anh Dzung 1 スープ 18cm DSC09506

スープは、フカイコクがあるが、ちょっと塩がきつめ。

20171214 Anh Dzung 2 前菜盛り合わせ 21㎝ DSC09515

前菜盛り合わせ。美味しいが格別というほでではない。

20171214 Anh Dzung 3鶏とパイン炒め 21㎝DSC09526

鶏とパイン炒め。中華料理風だが、味付けは違う。 見た目より薄味で実に美味い。

20171214 Anh Dzung 4豚の煮込みDSC09524

豚の煮込み。 まあまあ。

20171214 Anh Dzung 5野菜炒め 21㎝DSC09528

野菜炒め。塩加減がちょうどよく、私には美味かった。

20171214 Anh Dzung おこであんかけ 21㎝DSC09530

お焦げあんかけのあん。 やはり中華料理とはうすめの仕上げがちょっと違う。

これにフルーツのデザートがつく。
?な料理もあったが、団体の食事としては十分に満足。


【第5位】 Bason Hotelの海鮮鍋 (ハロン湾)

20171216 海鮮鍋 21㎝DSC09814

ハロン湾で泊まったBason Hote Restaurantの海鮮鍋。
海老やイカ、貝などを係員が取り分けてくれる。

20171216 海鮮鍋 18㎝DSC09818

20171216 海鮮鍋 18㎝DSC09823


そのあと、2種類の麺を入れた海鮮麺が、濃い出しで思いのほか美味かった。

20171216 ブンチャ―21㎝DSC09811

鍋料理の前に何種類かの料理が出たが、中でもこの皿(名前は忘れた)がとても美味かったので5位に。


【次点】フォーガとフォーボー (ハノイ ハロン湾)

20171216 Kin Moi Pho GaDSC09980  Kinh Moi 18㎝

今回の目的のひとつは、13年前に食ったフォーガをもう一度食うこと。
お店も場所もわかったのに、残念ながら、臨時休業で食えませんでした。

それでもいろいろなフォーを食いましたが、ベスト5入りはなし。

20171214 ホテル 18cm DSC09436

20171216 Kinh Moi 店 18㎝DSC09985

20171216 Kin Moi Pho Ga 21㎝DSC09979

20171215 pho bo 21cm Bref Hotel DSC09713

20171216 フォーガ 21㎝DSC09830

20171216 フォーガ21cm DSC00028

まあ次回ハノイ訪問の楽しみに残したと思って… く、悔しい!



【次点】 Sen Xanhのヴェトナム郷土料理 (ハノイ)

20171215 Sen Xanh 店 DSC09787

ヴェトナム郷土料理のお店。全体に濃い目の味付け。

20171215 Sen Xanh 1 yasaisarada 21mDSC09774

20171215 豚 21㎝DSC09771

20171215 sen Xanh 豆腐 21㎝DSC09781

20171215 Sen Xanh 空芯采 21㎝

20171215 Sen Xanh 秋刀魚 21㎝DSC09784

薄味好きの私にはやはり次点でしょうねえ。
魚はなんと秋刀魚。 ヴェトナムでも食べているんだから日本で穫れなくなったわけですねえ。


【次点】完熟生マンゴージュース

20171214 Anh Dzung マンゴージュース 13㎝ DSC09512

2度ほど注文して、実は最後まで飲み干せなかったのですが、メンバーには大好評。
確かに生のマンゴーを食べているような、トローンとした濃厚な香りと味。
どこのホテルにもレストランにもあって、大体4~600円だったか?

スイカ好きの私には、あまりに濃厚過ぎて、最後まで飲み干せなかったので次点に。
本来なら各地で食った風味満点の甘いスイカを次点にすべきなんでしょうがねえ。
あの豊饒な香りと甘さに妥協? 同行メンバーに忖度?して…


こうして振り返ってみると、ヴェトナム、特にハノイ近辺は、まさに「食の宝庫」
団体ツアーでもこれだけ楽しめるんだから、いつかわからないが、次は個人で来ようっと。



【ヴェトナムPhoto紀行5】チャンアイとハロン湾 2つのクルーズ

今回のハノイ行で、2つのクルーズを愉しんだ。
ひとつは、世界遺産チャンアンの小舟クルーズ

20171214 チャンアン 16㎝ DSC09548

墨絵の世界のような、奇岩、断崖を縫うように、4 〜5人乗りの手漕ぎ小舟で周る河クルーズ2時間。

20171214 チャンアン 21cm DSC01145

至るところに洞窟トンネルがあり、頭すれすれにくぐり抜ける。

20171214 チャンアン 洞窟入口 21㎝DSC09630
20171214 チャンアン 洞窟 21㎝DSC09578
20171214 チャンアン 洞窟出口 21㎝DSC09641

水上寺院があったり、景色の変化タップリで飽きさせない。
さすがは世界遺産。

20171214 チャンアン 21cm DSC09657


水上の藻を掃除する風景も絵になってます。
あまり期待してなかっただけに、予想以上の面白クルーズでした。


2つ目は、これも世界遺産ハロン湾クルーズ。今度は海。
前回のハノイ行では、遠すぎて敬遠したので今回はじめて。
前日ハロン湾に泊まって、午前出発。

20171216 ハロン湾 21cm  DSC09864

20171216 ハロン湾 21㎝DSC09893

食事もできる設備が整ったクルーズ船。

20171216 巨大鍾乳洞ドンチェンクン 21cm DSC01219

途中で寄るドンチェンクン巨大鍾乳洞。

20171216 ハロン湾 ドンチェンクン 18㎝ DSC01212

20171216 ドンチェンクン 21㎝ DSC01225

これまた大迫力。
世界にはいろいろ面白いところがあるものですねえ。

しかし、ハノイへの帰り道が少々渋滞気味で、
もう一つの目的 名店「Mai Anh」のフォーは時間切れ!

まあいいもの観たからしょうがない。

とはいえ、やっぱり諦めきれないドラムスコ。
夜でもやっているフォーガ(チキンスープのフォー)を求めて…

20171216 Kinh Moi 店 18㎝DSC09985

夕食を30分後に控えているのに、ホアンキエム湖ちかく、客が絶えない「Kinh Moi」でフォーガに挑戦。

20171216 Kin Moi Pho Ga 21㎝DSC09979

麺にシコシコ感残って、スープも鶏肉もタップリ。 一杯400000ドン(200円)。
マイアンよりもスープがさっぱりしすぎかなあ?
といっても、13年前の印象、比較するのもムリムリ。

20171216 DSC09980  Kinh Moi 18㎝

おかげで、夕食の時はすでに腹八分。
それなのに、なんと言うことでしょう~~

20171216 Indosine pho ga 21cm DSC00028

夕食メニューでまず出てきたのが、スープ変わり?のPHO GAじゃないですか!!
もっとも器は高級ですが、スープの塩気がちょっと強すぎ!
ということで、ちょっと口にしただけでパス。お店の人、スイマセン。

その後、絶品の薄い豚ヒレカツが出てきて、ああ、お腹すかしておけばよかった…
「我ながらバカだなあ!」とちょっとだけ反省した、ハノイ最後の夜~~。









【ヴェトナムPhoto紀行3】あ〜あ😭目的の店が臨時休業だって💦

20171215191912c2f.jpeg

今回の主要目的
ハノイでいちばん美味いフォーのみせへの再訪問!

幸いに、店名も住所も判明して…
今朝早起きして勇んで出かけました!

滞在ホテルからタクシーで35分、遠いなんて言ってられない!!

そして店の前に乗り付けたら…
やってません!、、、
店先の張り紙をドライバーが読んでくれました。

【本日 臨時休業】

う、嘘でしょ😭😭😭😭

はるばる日本からやって来たんだよ😤😤😤😤

明日は、ハロン湾クルーズ。
ハノイに戻ってくるのは4時過ぎ💦💦💦💦
その後の夜行便で帰国。
つまり、チャンスほぼゼロ😅😅😅

まあ、しょうがありません。
ハノイの活気溢れる街からエネルギータップリもらったし、
チャンアイクルーズもたのしかったし……

次のハノイまで持ち越しだね。ハハハ😅😅😅😅😅






【ヴェトナムPHOTO紀行2】

20171216082935574.jpeg

ハノイから北へバスで2時間。
旧ヴェトナム王国の首都ホアルーの遺跡巡り
途中でお決まりの記念写真。
水牛乗りのチップはびっくりの100円‼️  (世界どこでも約500円が相場なのに)

20171214 ホアルー 21㎝ DSC09450

20171214 古都ホアルー 21㎝ DSC01126

20171214 ホアルー 21㎝DSC01119

意外に美味しかった昼食後は、
世界遺産チャンアンのクルーズを楽しみました。

20171214 チャンアン 16㎝ DSC09548


手漕ぎの小さな舟に乗って、次々に変化する世界遺産を借景に、
狭い洞窟をくぐったりの2時間は、予想以上に楽しいものでした。

いっぱい写真撮りましたが、
リサイズがうまくいかず、とりあえず1枚だけ。



【ベトナムPHOTO紀行1】 13年前のフォーの美味が忘れられなくてハノイに

20171212 幻のホー 21㎝ 2004_12 Viet Nam 066

今日の夕刻からヴェトナム ハノイに出かけます。

いまから13年前のことですが、
2度目のヴェトナム旅行で、ハノイを訪れたときに食べた「牛だしのフォー」。

20171212 2004_12 Viet Nam16㎝ 064
(13年前、60歳 現在と比べるとやっぱり若いねえ)

たぶん100円くらいだったと思うのですが、
美味いのなんの!
フォーは北部の名物で、昔、訪れたホーチミン(旧サイゴン)はまるでダメでした。
その後もヴェトナム中部を訪れるなど、ヴェトナムのあちこちで食べたのですが、
この店を上回ることなし。

東京の某有名店にいたっては、いっぱい1000円以上なのに、味は現地の50%。
「ああ、あのフォーが食いたい」
しかし まだお店はあるのかなあ?
ハノイでは老舗だったから、まだきっとある!

ということで今日からハノイ5日間の旅に。

20171212 2004_12 Viet Nam フォー 21㎝ 060

手掛かりは、上の写真だけ。
これをプリントして現地で探し回ろう!