Contents

【南インドPHOTO紀行4】 最南端コモリン岬に到達!

20170510 コモリン岬 21㎝DSC09589


インド亜大陸を南下、ついに最南端のコモリン岬に到達。
インド洋、アラビア海、ベンガル湾の合流するインドの人達の聖地となっている。
ガンジーの遺骨がここでまかれたそうな。

20170511023004319.jpg

念願叶っつてうれしそうなドラムスコ。
旗オジサンじゃありません。

20170510 コモリン岬 16㎝ DSC09566


夕刻になると、夕涼みがてら日没を眺めに大勢の人たちが繰り出してくる。
ほとんどがインド各地からやってきた巡礼者や観光客。
それをめがけて屋台も出て、またまた大賑わい。

20170510 コモリン岬 21cm DSC09585

翌朝、日の出見物にも大勢が繰り出し、またまた賑やかな岬に。

20170510 コモリン岬 日の出 16㎝DSC09680

20170510 コモリン岬 日の出 16㎝ DSC09700

20170510 コモリン岬 日の出 18cm DSC09705

なんともオットリとしたひとときでした。

20170510 紅茶売り 18㎝ DSC09687

見物客にチャイ売りが次々にやってきます。
チャイは、気取っていえば「ロイヤルミルクティー」。 
香りのよい美味しいティーが紙コップ一杯20円。


【南インドPHOTO紀行3】 マドライを代表する2つの建物

20170510 マドライミーナクシー 18㎝ 4007

マドライは、チェンナイから約500km南にあるヒンドウー教の門前町。
シンボルのミーナクシー寺院とティルマライナーカ宮殿を訪れた。

ミーナクーシ寺院は、シヴァ神の夫人を祀っているが、
参拝者も多く、広大なお寺が人で溢れるほど賑わっていた。

20170509 ミーナクシー寺院 21㎝ DSC_0260

20170509 ミーナクシー寺院 21㎝DSC_0266

お寺の中にゾウさんがいて、頭をなでてくれる。 御布施を払って、この通り。

20170509 マドライミーナクシー寺院 象 18㎝ DSC_0297

ティルマライナーヤカ宮殿は、インドサラセン様式の豪壮な建物。
ナーヤカ王の後、後継の王子によって3/4が破壊されたというが、もったいないことをしたものだ。

20170509 ティルマライナーヤカ宮殿 21㎝ DSC00925

20170509 テルマライ宮殿 16㎝ DSC09468

マドライの人口は90万人というが、観光客と巡礼者が毎日1万人以上訪れるそうで、、
雑然とした街に人が溢れてエネルギーに満ちて、こっちも元気になる。

こういうの大好きです!












.

【南インドPHOTO紀行2】チェンナイの世界遺産 海岸寺院

fc2との接続トラブルで書き込みが遅れましたが、
今回から現地レポート開始。


デリーで乗り継ぎ空路3時間弱、インド第4の都市チェンナイへ。
市の人口450万人、周辺人口は1000万人というから驚き!
そうは言っても、発展途上の南インド。
街中、屋台や小さな個人商店がゴミゴミと並び、
通りにワンコが寝ていたり、放し飼いの牛がウロウロしていたり、
いかにも私好みの雑然とした光景が拡がり、ワクワク。

20170508 エーカンバラナータル寺院 18㎝ DSC09011

さて最初の観光は、チェンナイから80kmの古都カーンチープラム。
古都最大、シヴァ神を祀るエーカンパラナタール寺院。
巨大な回廊は厳かで、外の暑さを忘れさせてくれる。

20170508 エ~カンバラナータル寺院 16㎝ DSC09017

南インドは、デリー、アグラ、ジャイプールなど北インドに比べて、
イスラム文化の影響を受けていない純粋のヒンドウー文化が守られている地域。
寺院にはいると、悠久の時を感じさせてくれる。

チェンナイから海沿いに50km、マハーバリプラムには7〜8世紀ごろの遺跡、
世界遺産の海岸寺院とファイブラタがある。

20170508 チェンナイ ファイブラタ 21㎝DSC09121

20170508 チェンナイ ファイブラタ 21㎝ DSC09113

20170508 ファイブラタ 21㎝ DSC00878


ファイブラタは、ひとつの巨大な花崗岩に5つの寺院と彫像を彫りぬいたもので、
7世紀に作られた古いものらしい。石のライオンや象が生き生きしているのに感動。


20170508 チェンナイ 海岸寺院 21㎝ DSC00906


20170510204451991.jpg

海岸寺院はベンガル湾の風雨にさらされた、ヴィシヌ神を祀る寺院。
8世紀に建てられた鄙びた風情がなんとも言えない魅力。



20170508 クリシュナノバターボール 18㎝ DSC09144

海岸寺院の近くには、クリシュナのバターボールと呼ばれる
巨大な岩が、坂の途中でとまっている。
むかし王様が象で引っ張ったがビクともしなかったそう。



てなわけで、38度の暑さを忘れるような、
新鮮な1日でした。


【南インドPhoto紀行1】 明日から酷暑の南インドへ

昨年9月に南イタリアへ行って以来7ヶ月、
母の入院死去などで、海外旅行から遠ざかっていましたが、
今年は、残り少ない体力を考えて、動けるうちに冒険の旅を。
ということで、明日から南インドの旅へ出かけます。

20170510 海岸寺院 21㎝ mahabali-lead

20170508 南インド地図 14㎝ 2237

ムンバイ(旧ボンベイ)、デリーなど、これまで二度訪れたインド。

チェンナイ(旧マドラス)、インド半島の先っぽカムラン岬、コチなど南部インドは
これまでツアーもあまりなく、訪れる機会がなかったのですが、
たまたま格好の企画を見つけ、今年初の海外食い歩きにでかけることに。

20170510 インド美女 14㎝ 501

20170513 コーチン 21cm

20170512 コモリン岬 21㎝1140

20170508 南インド カレー21cm minamiindo kare- 20160222164854

20170512 アレッピー ハウスボート 21cm


現地は、いま38℃くらいの灼熱の夏、ボートハウスクルーズもあり楽しみな旅です。




 

忘年会その2 大学同期の仲間で秩父の夜祭り見物

20161203 秩父夜祭 21㎝ A DSC01403

大学同期の仲間と、
世界文化遺産になったばかりの秩父夜祭に泊りがけで行ってみた。

京都・高山に並ぶ日本三大曳鉾のひとつだそうで、
2台の大きな鉾と5台の屋台が練り歩く様は確かに迫力満点。

20161203 秩父夜祭 21㎝DSC01274

20161203 秩父夜祭 花火 21㎝DSC01323

同時に花火競技会もあって、お囃子の音と花火の音で、いやがうえにも盛り上がる。
ユネスコ文化遺産になったばかりということで、人、人、ひと…
ニュースでは32万人だったそう。冬の花火も高揚感はなかなかのもの。
やっぱりお祭り見物は、エネルギーをいただけます。

20161203 秩父夜祭 ロッジ 21㎝DSC01457


20161203 秩父 大学同期会 21㎝DSC01486

近くのロッジに1泊、またまた、とりとめのない話で深夜まで盛り上がったのでした。

最初の夜、秩父郷土料理を出すお店「駅前」で宴会、

20161203 秩父 いわな・卵 18cm DSC00648

イワナとヤマメだったか?川魚の卵だが、意外に美味。

20161203 秩父 茸汁 18㎝DSC00674

自慢の茸汁。味付けがちょうどよくて美味かった。

年に一度の大イベントのため、食べるところはほぼ予約不能、
それでも貸し切りの店を見つけてくれた幹事さん、毎度のことながらありがとうございます。


写真でつづる南イタリア (Part2 洞窟都市マテーラ~ポンペイ~ナポリ)

きのうに引き続き
思い出の南イタリア、旅後半のマテーラ、ポンペイ、ナポリの写真です。

20160917 Matera 22cm 12220000
Matera (world heritage)

20160917 Matera 14cm DSC06204
Matera

20160917 Matera 16cm DSC06232
Matera

20160917 Matera 22cm DSC06186
Matera Sasso Caveoso Cave Dwelling Houses

20160917 Matera 14cm DSC06200
Matera

20160918 Pompei 22cm DSC00677
Pompei

20160918 Pompei MT Vesuvio 14cm DSC06359
Pompei & Mt.Vesuvio

20160918 Pompei 22cm DSC00654
Pompei

20160921 Napoli 22cm DSC06421
Napoli Porto Santa Lucia & Mt.Vesuvio

20160920 Napoli 212cm DSC00697
Napoli Porto Santa Lucia & Hotels

20160919 Napoli family 22cm DSC06603
Napoli Porto Santa Lucia


20160918 Napoli Santa Lucia Castel dell Ovo 21cm DSC00759
Napoli Via Santa lucia & Castel dell Ovo

20160918 Napoli Santa Lucia 21cm DSC06651
Napoli via Santa Lucia

20160919 Napoli Sspacca Napoli 14cm DSC06573
Napoli Spacca Napoli Old City

20160918 Napoli Spacca Napoli 21cm DSC06586
Spacca Napoli


20160918 Napoli Acaapa Napoli 21cm DSC00749
Napoli Scappa Napoli

20160919 Apacca Napoli children 16cm DSC06581
Spacca Napoli







写真でつづる思い出の南イタリ ( PART1 アマルフィ海岸~モンテ城~アルベルベッロ)

イタリア旅行から帰ってはや1か月以上…

いっぱい撮った写真の整理もできたので、
これまでのブログで未掲載の写真中心に、
まずはアマルフィ海岸、カステルモンテ、アルベルベッロの想いで。

20160915 Salerno eveninng 22cm DSC05909
Salerno Lungomare Trieste

20160915 Salerno old street 16cm DSC05888
Salerno Via Merecanti Old City

20160915 Salerno couple 14cm DSC05895
Salerno a Wedding Couple at Duomo

20160916 16cm DSC05933
Puglia Tenuta Tannoia

20160916 Castel de Monte 16cm DSC00586
Castel del Monte (World Heritage)

20160916 Castel de Monte 21cm DSC05984
Castel del Monte


20160915 Amalfy 22cm DSC00543
Amalfy Horbor

20160915 Amalfy 22cm b DSC05777

20160915 Amalfy 22cm DSC05736

20160915 Amalfy duomo 22cm DSC00551
Amalfy Duomo (world heritage)

20160915 Amalfy Duomo 22cm DSC00526
Amalfy inside of Duomo (world heritage)

20160915 Amalfy 14cm DSC05760
Amalfy Duomo Chiostro del Parasiso

20160915 Amalfy 14cm DSC05754
Salerno Piazza Duomo St Andorea

20160915 Amalfy 14cm DSC05792
Amalfy Via P.Comite

20160915 Positano 22cm DSC05850
Positano (world heritage)

20160916 flowers 14cmDSC06000

20160917 Alberobello 16cm DSC06096
Alberobello Turulli ( world heritage )

20160917 Alberobello 16cm DSC06136
Alberobello via Monte Sabotino

20160917 Alberobello 16cm a DSC06119
Alberobello from Piazza Jiansiroramo

20160917 Alberobello 15cm DSC06123
Alberobllo Trulli Via Monte S.Michele(土産街)

20160917 Alberobello 22cm DSC06088
Alberobello ( Aia piccola 住宅地)

20160917 Alberobello 16cm DSC06034
Alberobello at night

20160917 Alberobello night 22cm DSC06036
Alberobello at night