Contents

絶品!わが家の新筍炊き込みご飯

20180408 絶品たけのこご飯 21㎝ DSC06098

春の楽しみのひとつ
新筍の炊き込みご飯

若いころはどういうわけか、炊き込みご飯が苦手で、
私だけ白飯を食っていたのに…歳をとるとともに、大好物になって!

ムスコ家族がやってくると、山の神が細腕を振るって「新筍御飯」。
これが絶品で、薄味なのにコクがある。
「薄味が美味い」といい過ぎて、今年はいつもより味付け薄め。それえでも料亭の味を超えるのでは?

年甲斐もなく、大きな碗で2杯はペロリ。
昨夜も美味かったなあ!




China Roomで中華ランチ

20180404 China Room 店内 13㎝ 114

先日某TV番組で取り上げられていたので、
久しぶりにG.ハイアットホテルのChina Roomで中華ランチ。

20180404 China Room 1 前菜盛り合わせ 21㎝DSC05954

前菜盛り合わせは、シャキシャキ春菊、クラゲ、ホタルイカ、厚切りチャーシュー。まあまあかな。

20180404 China Room 2 ズワイガニと上海蟹味噌のコラーゲンスープ 21㎝DSC05957

ズワイ蟹と上海蟹味噌のコラーゲンスープ。 これは濃厚で美味かった。

20180404 China Room 3 小籠包 18cm DSC05966

小籠包。普通に美味い。

20180404 China Room 4 北京ダック 18㎝DSC05968

ひと口北京ダック。 北京ダックを好まない私には、評価ゼロ。

20180404 China Room 5 海老の味噌入りチリソース、ホタテのpマヨネーズ炒め 21㎝DSC05974

海老味噌チリソースであえた海老、ホタテのマヨネーズソース炒め。
これは文句なしに美味かった。

20180404 China Rioom 6 牛ヒレ肉の蜂蜜オイスター炒め 21㎝ DSC05978

牛ヒレ肉の蜂蜜オイスター炒め。 前回も出たメニューだが、少々しつこい。

20180404 China Room 7 チャーシューメン 21㎝DSC05982

チャーシューメン。 チャーシュとスープは実に美味かった。

20180404 China Room 7 杏仁豆腐 21㎝DSC05985

杏仁豆腐。 アーモンドの香りが利いている。
以上で、税サ込1万円強はかなりExpensiveだなあ。せいぜい6000円程度が妥当とみたが。

【バスク食べ歩きPHOTO紀行総集編】 美食ベスト8 つづき

きのうのつづきで、
バスク地方食べ歩きベスト8 第5位から8位まで。

【第5位】 地元セレブの人気店REKONDO (レコンド San Sevastian)

20180313 Rekondo 店頭 21㎝DSC04833

20180313 Rekondo 店内 18㎝DSC04870

サンセバスチャンには行ってみたいレストランが他にモ3か所ほどあったのだが、
すべて月曜日はお休み。
たまたまツアーに同行していたスペイン人のガイドさんに紹介してもらって行った店がここ。
お店に着いたら、開店前なのに既に待っているお客が…
一目で地元のセレブとわかるお客ばかり、開店するとすぐに満席になる人気店だった。

昼に食い過ぎ、翌日も今回の目的の一つARZAKのフルコースを予定していたので、
アラカルトメニューから、お店のおすすめを注文。

20180313 Rekondo アミュズ 18㎝DSC04839

まずはアミュズ2品。海鮮のフライ。なかなか美味しい。

20180312 Rekonda あさりのワイン蒸し 21㎝DSC04847

あさりのワイン蒸し。普通に美味い。

20180312 Rekondo あご肉のクリーム煮 21㎝DSC04852

マネージャーお勧めは、例の白身魚あご肉のクリーム煮。
ELKANOで既に食べていたので、新鮮さはない。

20180312 生ガキ 21㎝DSC04845

道中食べたかった生ガキにここでありついた。
磯の香り、コクがあってああ美味い! 

20180313 Rekondo 焼きガニ 21㎝ DSC04856

これもお店の定番、Baked Crub,焼きガニ。
蟹肉のグラタンを甲羅に詰めて焼きあげたもの。ちょっと塩辛すぎかな。

20180313 Recondo デザート 21㎝DSC04862

デザートはアイスクリーム。玉が3つも出てきて美味しいが食べきれない。

20180313 Recondo 子菓子 21cm DSC04867

コーヒーのお供。
それにしても、このお店。回りは落ち着いて上品な地元のセレブばかり。
お店の雰囲気は最高、フレンドリーなスタッフの対応もよくて満足のディナーでした。



【第6位】 美味しいピンチョスZUREKIN (スレキン Bilbao)

20180314 Zurekin 店頭 21cm DSC01450

スペインではピンチョスも有名。 行ってみれば居酒屋のおつまみ。
むかしバルセロナで食べたことがあるが、まあ酒のツマミ、
それでもバスクのピンチョスは美味いというのでビルバオで寄ってみました。

ZUREKIN, 街の中心にあるBAR,英語読みするとなんだかヤラシイ名前ですが、ツレキン。

20180314 zurekin2 21㎝ 

20180314 Zurekin 店内 21DSC01442

どのBARでも、さまざまなピンチョスがカウンターに盛られていて、
お客は適当に見繕って係に指示して、その場で清算する仕組み。

このお店のピンチョスは種類が豊富で、盛り付けセンスもなかなかなもの。
(2~3店冷やかしてみましたが、もっとグダグダしたものばかで食う気がしない)

20180314 Zurekin ピンチョス 21㎝ DSC01447

とりあえず3品ほど選んで、チョコリ(微発砲白ワイン)の代わりにコーヒー。
これがめっぽう美味い!。とくにイカののっかったピンチョスは、深い味のソースが絶妙。
ひとつ2ユーロ(270円)くらい。(店によっては1ユーロのピンチョスもあるそう。) 見直したなあ。


【第7位】 小粋なスペイン料理SAN IGNOCIA (サンイグナチオ Panmplona)

20180311 San Ignocio 店 21㎝DSC04595

20180311 San Ignocia マダムを描いた皿 16㎝

牛追い祭りで有名なパンプローナの地中海料理店。
こじゃれた内装で、名物ママがお皿にも描かれている。ここでツアーのランチ。

20180320 San Ignicio サラダ 21㎝DSC04599

普通の野菜サラダ。 もっともツアーでは生野菜が少なく、
新鮮なサラダは、ひときわ美味しく感じる。

20180311 San Ignicio パエリア 21㎝DSC04602

20180311 San Ignicio パエリア 21cm DSC04608

ここでパエリヤは、名古屋で土佐料理を食う感じか?
もっとも、味はいい!あらゆる加減が上手で、予想以上に美味かった。

20180311 San ignicio デザート 21㎝ DSC04611

デザートは苺ミルク? チーズ、ヨーグルトにコンデンスミルクが加えてあるのか、
苺の香りが引き立つ仕上がり。これも美味かった。



【第8位】 クオリティ高い朝食 CARLTON HOTEL (カールトンホテル Bilbao)

20180315 Curlton hotel 212cm DSC05275

今回のツアーの朝食は、まあまあのところが多かったのだが、
ビルバオのホテルの朝食は素晴らしかった。

20180315 Curlton 朝食 21㎝DSC05280

すべての素材が新鮮で品質も高く、レストランの雰囲気や係のサービスもよかった。
とくにパン類がおいしかったなあ。


【次点】 自分好みに茹でるボイルドエッグCentre Le Grando
(セントレルグラン Vayonne)

写真がないのだが、バイオンヌのホテルの朝食もクオリティが高かった。
とくにゆで卵好きにとって嬉しかったのは、
自分で茹で加減を調整できる「ゆで卵湯沸し器」があって、半熟卵が茹でたてで食べられたこと。

フランスの高級ホテルでは、ウエイターが「何ミニュッツ?」とゆで時間を聴いてくれるが、
団体ツアーのホテルでは、冷えたゆで卵がバスケットなどに積みあがっているだけがほとんど。
こういうサービスは印象にのこるね。

ということで、今回の食い歩きベスト8でした。
つぎは5月に台北食い歩きを予定。



【バスク食べ歩きPHOTO紀行 総集編】 恒例バスク美食ベスト8

海外食い歩き、恒例のベスト5を。

今回は美食の地域だけに3つ加えて「ベスト8」のご紹介。

【第1位】 美食の極み「ARZAK」 (アルサック San Sevastian)

20180313 Arzak 店内 21㎝ DSC05003

ミシェラン3☆のARZAKには、世界から美食家が集まってくる。
3か月前に電話で予約し勇んで出かけたが、
味、盛り付け、サービスのどれも文句なしのベストワン。

詳しくは、既にこのブログ(3/15)で現地報告している(ので、
ここでは当夜出てきたすべての料理の写真と料理名だけご紹介。

20180313 Arzak 1 レバーのコーン煎餅乗せ DSC05006
アミュズ1 レバー コーンの揚げもの乗せ

20180313 Arzak 2 ワサビと海老の餃子 21㎝DSC05013
アミュズ2 ワサビと海老の餃子(ラザニア)

20180313 Arzak 3 バナナとイカ 21㎝DSC05015
アミュズ3 バナナとイカ

20180313 Arzak 4 アンチョビと苺 21㎝DSC05017
アミュズ4 イワシのマリネと苺

20180313 Arzak 5 シーフードの家 13㎝ DSC05021
アミュズ5 シーフードの家

20180313 Arzak 5 本日の魚 鯖 モモのリキュールと紫コーン 21㎝ DSC05031
本日の魚 鯖のカルパッチョ パチャラン(桃のリキュール)と 紫コーン沿え

20180313 Arzak 6 海老のマリネ 沖アミ、ビーツ 21㎝DSC05033
海老のマリネ 沖アミ、ビーツ揚げもの添え

20180313 Arzak 7 ロブスターのグリル 21㎝DSC05038
ロブスターのグリル

20180313 Arzak 8 卵 コーンとトマトキャンディ添え 21㎝DSC05046
ポーチドエッグ コーンとトマトキャンディ

20180313 Arzak 9 あんこうのクレオパトラ ピーカンナッツ カボチャ泡 21㎝ DSC05049
あんこうのクレオパトラ風 ピーカンナッツのヒエログリフ

20180313 Arzak 10 鳩のロースト ムラサキイモ オレンジカボチャトチックピーノヒエログリフ 21cm DSC05059
鳩のロースト 紫イモ オレンジソース

20180313 Arzak 11 チェスナッツノアイスクリーム 21cm DSC05062
デザート1 チェスナッツのアイスクリーム

20180313 Arzak 12 Square Moon ミントチョコ キュウイのチョコ巻き DSC05066
デザート2 ミントチョコキュイイのチョコ巻き

20180313 Arzak 13 パインのアイス 16cm DSC05068
デザート3 パインのアイス

20180313 Arzak 14 スケートボードの上で 21㎝DSC05074
コーヒーのお供 スケートボード


【第2位】 ETXANOBEのアイデア溢れる創作料理(エチャノベ Bilbao)

20180315 Etxanobe 0 shop 18cm 318743294764114732_n

ビルバオのミシェラン★の地中海料理 ETXANOBEも素晴らしかった。
味はもちろんだが、趣向を凝らした盛り付け、シックな店内、心のこもったサービス、文句なし。
それでいて、料金がアルサックの半額。絶対のおすすめです。
ここも先日ブログで詳しく紹介したので、料理名だけ。

20180315 Etxanobe 1 amyusee 1 21cm DSC05183
アミュズ1 Octopus bite (ひとくちタコ)

20180315 Etxanobe 2 amyusee2 21cm DSC05189
アミュズ2 炙った地中海の赤海老

20180315 Etxanobe 3 21cm DSC05192
3 白いスープ

20180315 Etxanobe 4 21cm DSC05199
4 ロブスターサラダ

20180315 Etxanobe 5 salmon bonbon 21cm DSC05202
5 サーモンボンボン

20180315 Etxanobe 6 21cm DSC05209
6 お店の定番 アンチョビラザーニア

20180315 Etxanobe 7 scallope Ragout DSC05213
7 お店の定番 ホタテのラグー

20180315 Etxanobe 8 tara 21cm DSC05221
8 タラのソテー ナスとオリーブ添え

20180315 Etxanobe 9 21cm DSC05235
9 炙りマグロ スーマック(漆科のスパイス)とヨーロッパワサビで

20180315 Etxanobe 10 hato 21cm DSC05240
10 低温で焼いた鳩の脚肉

20180315 Etxanobe 10 hato 21cm DSC05248
11 鳩の胸肉 黒トリュフ添え

20180315 Etxanobe 11 desert 21cm DSC05251
12 デザート1 フェネル、苺、トマトの移り香

20180315 Etxanobe 11 16cm DSC05252
13 デザート2 人参、生姜、カルダモン、ライムの瞬間合体

20180315 Etxanobe 12 21cm DSC05255
14 デザート3 ユズとパンナコッタの3D

20180315 Etxanobe 13 amyusee 21cm DSC05262
15 小菓子

料理名だけではお伝えできないのですが、興味のある方は3月16日のブログをご覧ください。


【第3位】美味いもの尽くしKOKOTXA (ココッチャ San Sebastian) 

20180313 kokotxa 0 店 21㎝DSC04922

ここもツアーのランチで行ったサンセヴァスチャンの旧市街にあるミシェラン★のバスク料理の店。
こじんまりした店だが、味は本格派で実に美味かった。

20180313 Kokotxa 1 パン 15㎝ DSC04926

まずはスペイン風のグリッシーニが出てきて。
ソースが一味もふた味も違って、これは期待できるぞっ!

20180313 Kokotxa 2アミュズニベのマリネとタマネギのがすぱっちょ 21cm DSC04932

アミュズとして、ニベのマリネとスペイン名物ガスパッチョ。この日はオニオンスープ。
どちらもキレがあって本格的な味。

20180313 Kokotxa 4 豚ソテー 21㎝DSC04941

ソテーした豚と大きなお豆の前菜。かけられたスープが美味い。

20180313 Kokotxa 3 蟹のから揚げ 21㎝ 3 DSC04949

蟹のから揚げ。サクサクで芳ばしい絶品。これ、実に美味かったなあ。

20180313 Kokotxha タラのグリル 21㎝DSC04957

タラのグリル。火入れ加減が絶妙で、独特の臭みまるでなし。美味い。

20180313 Kokotxa 鳩の胸肉ステーキ 21㎝ DSC04961

牛のソテー。炭を入れた小麦粉で周囲を包んで、黒い皿とマッチしている。

20180313 KOKOTXA デザート 21㎝DSC04964

デザートも高品質。

20180313 Kokotxa 小菓子 21㎝DSC04968

コーヒーのお供の小菓子もついて、美味しくて本格的なコース料理をタップリ楽しみました。




【第4位】 海鮮料理のトップELKANO (エルカノ Getaria)

20180312 Elkano 店 21㎝DSC04786

「人生で一度は訪れるべきレストラン」だそうで、ミシェラン★の海鮮料理店ELKANO。
サンセバスチャンから30km離れた港町Getariaにあり、ツアーのランチで訪れた。
超新鮮な素材を確かな腕で調理していて、美味しかったなあ。

20180312 Elckano 1 鯖のマリネ 17cm DSC04737

サバのひと口マリネ。ひと噛みしただけで新鮮さがわかるプリっとした歯ごたえ。
さっと酢につけただけと思わす風味豊かなマリネ、美味しいです。

20180312 Elkano 2 白魚のあご肉3種の調理で 21㎝DSC04742

バスク名物 白魚のアゴ肉 ワイン蒸し、炙り、クリームソース煮、3種の調理で。
真ん中の炙りがいちばん口に合った。

20180312 Elkano 3 海老の網焼き 21㎝ DSC04745

海老の網焼き。表面だけ炙った海老は頭からサクサク、半ナマの身からジワーっと旨みが…
新鮮な素材の焼き立てが、不味いわけがない。

20180312 Elkano 4 ブイヤベース 21㎝ DSC04752

ゲタリアはビスケー湾の港町だが、地中海一帯の名物ブイヤベース。
いかにも濃そうだが、意外にさっぱり。魚介の旨みがタップリ。

20180312 Elkano 5 カレイ 15㎝DSC04733 

いよいよ名物料理 新鮮カレイの網焼き。 
まずは店主が焼く前のカレイを見せてくれる。
「ほらこんなに新鮮で身が厚い美味そうなヤツだよ」とドヤ顔。

20180312 Elkano 5カレイの網焼き 21㎝ DSC04756

店頭の広い焼き場から焼き立てが登場。

20180312 Elkano 6 網焼きカレイ 3種の部位 21㎝DSC04760

この網焼きをエンガワ、表、裏の3種の部位で食べさせてくれる。
芳ばしい焼き立て、まずいわけがない!しかもおかわり自由。

20180312 Elkano 7 デザート 18㎝ DSC04766

デザートはバニラアイスクリーム ラズベリーソースで。


20180312 Elkano 8 小菓子 21㎝DSC04781

コーヒーのお供の小菓子としてマドレーヌとチョコレートケーキ。
ツアーのランチでは考えられない、クオリティの高いコースに大満足。




ここまでで、ずいぶん長くなっちゃたので、
第5位から8位は、また明日ご紹介することに。

ちなみに
【No5】 地元セレブの人気店REKONDO (レコンド San Sevastian)
【No6】 美味しいピンチョスZUREKIN (スレキン Bilbao)
【No7】 小粋なスペイン料理SAN IGNOCIA (サンイグナチオ Panmplona)
【No8】 クオリティ高い朝食 CARLTON HOTEL (カールトンホテル Bilbao)
【次点】 自分好みに茹でるボイルドエッグCentre Le Grando(セントレルグラン Vayonne)


京橋 深町の極旨てんぷら

20180302 深町 店頭 14㎝ DSC03949

美味しい天ぷらが食いたくて、「近藤」に何度電話してもつながらない。
どうやらお店を改装中で、しばらく休店らしい。
ということで、京橋の「深町」へ。 ここもミシェランの★つき。

20180302 深町 1 海老頭 21㎝ DSC03951

まずは車エビの頭。 これが驚くほど軽く揚がっていてサクサク、香ばしいこと。

20180302 深町 2車エビ 21㎝ DSC03956

車エビ。文句なしに美味いです。

20180302 深町 3 タラの目 フキノトウ21㎝ DSC03963

蕗のとうとタラの目。春の味ですねえ。

20180302 深町 4 キス 21㎝DSC03967

キス。 これまたカラっと揚がって、ほのかな甘み。美味いです。

20180302 深町 5 ソラマメ 21㎝DSC03973

そら豆串揚げ。 ソラマメ、そう好きじゃないので、まあまあ。

20180302 深町 6 ホタテ 21㎝DSC03979

ホタテ。 これ絶品。 ふっくらしていてちゃんと締まった歯応え。香り最高。

20180302 深町 7 シイタケ 21㎝DSC03986

しいたけ。 これも揚げ具合最高。

20180302 深町 8 アスパラ 21㎝ DSC03989

アスパラ。横にサクサクかみ切れる。 旨い。

20180302 深町 9 あなご 21㎝DSC03994

あなご。 揚げ具合最高、風味満点。

20180302 深町 9 かきあげ丼 21㎝DSC03999

締めはかき揚げ丼。 これまた美味しいなあ。

20180302 深町 10 アイス 18㎝ DSC04003

おまけのアイス。
ヴォリュームちょうどよし。少しももたれない。
さすが★つき天ぷら、またいいお店ができちゃったな。

「梅の花」アゲイン

身内の祝い事で「梅の花」へ。

ここは昨年がっかりしたので、もう来ることはないと思ってましたが…
家族10人が、幼い子供連れでゆっくり出来る個室があるところが他になく、
まあ、しょうがないかと、再び。

20180304 梅の花 1 ゆば 21㎝DSC04044

20180304 梅の花 2 先付 DSC04048

20180304 梅の花 3 21㎝DSC04097

20180304 梅の花 4 DSC04090

20180304 梅の花 4 DSC04106

20180304 梅の花 4豆腐しゅうまい 18㎝DSC04094

20180304 梅の花 5  DSC04100

20180304 梅の花 6 茶わん蒸し DSC04093

20180304 梅の花 7 豆腐田楽 21㎝DSC04107

20180304 梅の花 8 豆腐グラタン 21㎝DSC04111

20180304 梅の花 9 おこわ DSC04126

折からヒナの節句、家族連れで満員だったのですが、
10人がゆったり座れる個室で、料理はできたてが次々に運ばれてきて…

20180304 梅の花 お子様用 21㎝DSC04081

お子様メニューも、親が喜ぶ?盛り合わせで…
今回は文句のつけようなし。

麻布に移転 新ランベリーでおいしいフレンチ

20180221 Lembellies shop  18㎝ 87642251_n

昨年の秋から、フレンチの名シェフ岸本直人さんのL'Embellierに予約できなくなって
FNSで閉店の噂がでていたが、11月末、青山から広尾に移転し新オープン。
そろそろ試運転も終わったころと、新店に行ってみました。

20180221 Lembellies 1 DSC03671 アミュズ 21㎝

まずはなんとかチーズ?  おう、いいねえ。

20180221 Lembellies 2 DSC03673 グジェール 16㎝

グジェール。 何の肉が乗っかいたのか忘れた。 まあまあ。

20180221 Lembellies 4DSC03683 ウニのラザニア 21cm

ウニのラザニア。 盛り付けが岸本センスで華やかで綺麗。 味はまあまあ。

20180221 lembellies 3 DSC03677 聖護院蕪と松阪赤菜スープ 21cm

聖護院かぶと松阪赤菜のスープ。ピンク色がきれい。ここにもウニが乗っかって。これは美味い!

20180221 Lembellies 5 DSC03687 suzukiのポアレ 21cm

岸本さんは火入れの名手。ヒラメのポアレの火入れ加減最高。 盛り付けもビューティフル。

20180221 Lembellies 6 DSC03691 仔豚のロティ 21㎝

仔豚のロティ。 脂身の焼き加減が抜群。肉はちょっとジビエのような獣臭が残る。

20180221 Lembellies 6 DSC03695 高橋パテシェの女峰 21㎝ 

高橋パティシェの自信作。「女峰」。 文句なしにうまい。

20180221 Lembellies 7DSC03697 アマレットのぱるふぇグラッセ 21㎝

コーヒーのお供の焼き菓子とフルーツ。
クルミを敷いた焼き菓子は、変わってないなあ。

以前に比べると、華やかな盛り付けは健在だが、味はちょっとクセの強い印象。
今回がたまたまだったのかな?