Contents

感動の運慶展

20171103 八大童子 制多伽童子像  1119 19㎝

ようやく運慶特別展に行ってきた。
現存する31体のうち22体が一堂に展示され、運慶フアンにはたまらない展示会だ。

とくに、金剛峯寺に納められた八大童子立像の「制多加せいたか童子」をどうしても観たかった。
1197年ごろ造られたこの立像は、興福寺の「阿修羅」に通ずる、なんとも言えない純な魅力がある。
童顔なのに凛とした雰囲気、斬新な髪形、
ここには写ってないがポッチャリしたお腹が童子を思わせる。
いつまでも見飽きることのない傑作だと思う。

20171103 八大童子 コンガラ童子 16㎝

八体のうち、「コンガラ童子」も魅力いっぱいの仏像だ。
現在でもいておかしくない、ちょっと太っちょの無垢な子供、なんとも長閑な気持ちにさせてくれる。


20171103 無著菩薩立像 1212 16cm

無著菩薩立像(1212年ごろ)は、文句なしの運慶の最高傑作。
2mもある立像だが、写実の中に深い精神性をたたえて、全身から放つオーラに息を呑む。

20171103 無著菩薩 19㎝

慈悲に満ち溢れたまなざし、運慶の天才ぶりがいかんなく発揮されている。

20171103 興福寺 持国天  14cm 

興福寺の四天王も大好きだが、運慶の四天王、とくにこの「持国天」の大迫力も好きだなあ。

20171103 興福寺 多聞天 14cm 

同じく「多聞天」のダイナミックさも好き。 
ヘレニズム文化にもルネッサンスにも劣らない、写実に裏付けられたダイナミックな動き。

20171103 毘沙門天立像 1186 16㎝

静岡にある毘沙門天立像(1186年)も、腰のひねりと強い眼光が迫力満点。

鎌倉時代に、こんな天才が活躍していたことは、日本の誇りだなあ。
同展は、上野国立博物館で今月26日まで。
週末は結構込み合っているようです。平日の午後3時ごろがお勧めかな?



スポンサーサイト

Comments

by ドラ

omachiさん
コメントありがとうございます。
チェックがおそくなってしまいました。

北円堂、面白そうですね。

Comment#5608
  • 2017-11-15(Wed) 09:54:32
  • Mail
  • URL
  • Edit
by omachi

運慶展を観た方にWEB小説「北円堂の秘密」をお薦めします。
グーグル検索にてヒットし、小一時間で読めます。
少し難解ですが歴史ミステリーとして面白いです。
北円堂は無著世親像を収蔵する古都奈良・興福寺の八角円堂です。

Comment#5607
  • 2017-11-07(Tue) 19:11:08
  • Mail
  • URL
  • Edit
by dora

木彫りの仕上がりはまさに乾漆像。

それにしても写実の中の高い精神
ミケランジェロも
これを観たら刺激を受けたろうねえ。

Comment#5606
  • 2017-11-05(Sun) 10:35:23
  • Mail
  • URL
  • Edit
by qvixo

天平の乾漆像と鎌倉の木彫
500年の時間を越えてクリソツな表現
この二つの方法が興福寺なのですね
他の時代にない
不思議なことで御座います

Comment#5605
  • 2017-11-05(Sun) 03:52:15
  • Mail
  • URL
  • Edit
Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://drumscotom.blog29.fc2.com/tb.php/3450-95f52bbf