Contents

【こころの薬 84 】 我欲コントロールの名言

きょうは、ドラムスコな生活を今日まで強く支えてくれた名言の第2弾。
高島陽先生という天才投資指南が私に語ってくれた言葉をご紹介します。


高島陽 8cm 20080309113508

人も良かれ 我も良かれ
人より我は ちょっと良かれ


この言葉は、
今は亡き高島先生が、ある料亭の女将から聞いた受け売りだそうですが、

「我欲コントロールの名言だね」と、

ニヤっとしながら教えてくれたときの表情を、今も鮮明に覚えています。

高島先生は、世の金持ちや株式投資家から「利殖の神様」と呼ばれた方ですが、
何億円ものお金を右から左に動かす人たちの欲にまみれた世界をまじかに、
ときには銀座のママに「この大損をどうしてくれる」とネクタイをひっつかまれ、
ときには第三国人から「夜道を歩くなよ」とすごまれながら、
先生の身にしみついた処世訓には、

綺麗ごとを吹っ飛ばすような底力
を感じます。


「ちょっと良かれ」

この「ちょっと」が、とりわけいいですよねえ。

天下の名僧の「捨欲」のすすめに、
あまりにも高すぎるハードルを感じても、
「ちょっと」ならいいんじゃないのと、気が楽になります。

さらには、「人も良かれ」が綺麗ごとでなくなります。

自分の欲をさらに膨らませたければ、「ちょっと」をオーバーしないように、
人の欲にも配慮する気持ちが生まれるような気がします。

「ほどほどに」ではない、「ちょっと良い」。
いい塩梅のユルサです。

詳しくは、このブログ#1180 2010年1月15日をご参照ください。





スポンサーサイト

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://drumscotom.blog29.fc2.com/tb.php/3387-d21bc5fa