Contents

新作は期待以上の仕上がり! 備前火襷の茶碗

20170616 備前火襷 茶わん 正面 21㎝ DSC01286

陶芸を初めて、はや10年近く。
生来の粗忽さで、肝心なところで集中力を欠いて、
納得できるものがなかなかできません。

ところが今回の、備前火襷(ひだすき)焼きの茶碗。
期待以上の仕上がりに、思わずにんまり。

20170616 備前火襷 茶碗 21㎝ DSC01279

火襷は、本焼のときに釉薬を使わず、藁をまいて赤く発色させる技法ですが、
焼きあがってみないと、その発色効果がわかりません。

ところが、今回の茶碗、期待以上の発色
長くやっていると、ポテンヒットがあるものですねえ。


20170616 備前 火襷 茶碗 上 21㎝ DSC01290

見込み部分も、私に似ず上品な景色。

20170616 備前火襷 茶わん ヨコA 21㎝ DSC01331

側面のすっと引かれた一本の力強い線も、いいアクセント。
手彫りを加えた側面がいい景色を出してます。
この線が一番好きかな。

まさに火襷の特徴が生かされた作品になったなあと、自画自賛。
こういうことがあるから、苦手でも続くのでしょうねえ。

スポンサーサイト

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://drumscotom.blog29.fc2.com/tb.php/3343-c076315a