Contents

Soultraneの植松孝夫・桜井侑雄巨匠セッション

20170625 Soultrane 植松 桜井 セッション 植松 21㎝  DSC01839

きのうはSoultraneの植松孝夫セッションへ。
久しぶりにレジェンド植松さんが浅草にやってくるというので
雨空をものともせず、出かけました。


20170625Soultrane 21cm DSC01847

テナーレジェンド、そのド太い音は、もはやスピリチュアルな神の領域。
初めての曲(Footprint)も、譜面ちらっと見ただけで、あとはメモリーで吹きまくる。
知り合って30年近くになるが、衰えを知らないモンスター。

20170625Soultrane uematu 14cmDSC01868

巨匠桜井侑雄さん。この日は、いつに増して楼楼と歌っているような。
まるで物語のようなソロに改めて感動しました。

20170625 Soultrane Sakurai 14cm DSC01882

石渡雅裕さん、巨匠2人と丁々発止のピアノプレイ。
もともと次第に盛り上がっていくソロで本領発揮。

20170625 Soultrane isiwata 14cm DSC01875

フロントはおなじみMさん。プラスティックの新マウスピースの音が意外に太いのにビックリ。
師匠と共演、堂々とした音のデカさでは引けを取ってませんでしたね。

20170625 Soultrane 21cm DSC01902

参加者はMさんのTS、ピアニスト2人に、ドラマーなんと6人!
フロントが少なかったので、おかげで植松節をタップリ堪能できました。

私の出番で、植松さんに同行していたKAKOさんをむりやり引っ張り出してヴォーカル1曲。
これを機に植松さんのテナーに火がついて、濃~~いセッションに。

ドラマーが多かったので出番は3曲でしたが、
中身の濃い時間に、大満足のドラムスコでした。
年内にはもう一度ご一緒したいものです。 マスターブッキングよろしく。

なお、冒頭の植松さんの写真は、Mさん撮影。
私の平凡なポートレートと比べ、この迫力は師匠への思い入れの違いでしょうねえ。


スポンサーサイト

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://drumscotom.blog29.fc2.com/tb.php/3325-57af63d4