Contents

【南インドPhoto紀行 番外編】 雑然のエネルギー 60年前は日本もこうだったなあ

海外旅行の楽しみ方は、人によっていろいろ違うと思いますが、
私は風光明媚な大自然の風景や近代的な最新のビル群が建ち並ぶ街よりも、
日常の活気あふれる 「現地の人々の営み」を肌で感じることが大好物。

雑然とした街並み、人混み、市場…そんなところに足を踏みいれるだけでワクワクしちゃいます。
汚い屋台での立ち食いも大好き。どんなにゴミゴミしたところでも、これまで食あたり体験ゼロ。

201705 street 21cm DSC00934

今回の南インド旅行は、チェンナイ(マドラス)からマドライまでは空路でしたが、
マドライから最南端のコモリン岬を回ってコーチンまではバス旅行、
というわけで南インドの小さな村や町をいくつも通過しました、

インドの経済成長は著しいようですが、それでも
農業従事で年収90万円、自営業で100万円くらい、勤め人の給料で平均120万円くらいだそう。
国道沿いの村や町はどこも活気にあふれてますが、雑然として、道端は生活ゴミも多い。
しかし人々の服装は清潔で、目がイキイキしています。

人間の元気の源は
「今日より明日がきっとよくなる」という思いだと、
私は信じていますが、いまのインドがそうなのでしょうか?

今から60年前、私の子供時代の日本もそうでした。
家の電話がダイヤル式に代わり、ラジオがテレビになり、それがカラーになり、
電気洗濯機や冷蔵庫が家にやってきて、家族が歓声を挙げたのもつい昨日のことのよう。

いまのインドを回っていると、まるで60年前にタイムスリップした感じがしました。

以前に訪れた北インドのデリーやムンバイはすっかり近代化されていましたが、
南インドは、すでに日本ではスーパーやコンビニが淘汰してしまった小さな個人商店が健在で、
店主とお客がノンビリ談笑している光景を眺め、子供のころを懐かしく思い出す旅でした。

ようやく写真を整理したので、そのタイムスリップ場面をランダムにご紹介します。
お時間のある方は、ご覧ください。

201705 street shop 21cm DSC09553

201705 street shop 21cm DSC09403

201705 street shop 16cm DSC09402

201705 street shop 21cm DSC09497

201705 street 21cm DSC09782

201705 street 21cm DSC09750

201705 street 21cm DSC09413

201705 street 21cm DSC09409

201705 street 21cm DSC09404

201705 shop 16cmDSC09380

201705 shop 21cm DSC09873


201705 street 21cm DSC08995

201705 street 21cm DSC09059

201705 street 21cm DSC00932

201705 street 16cm DSC00050

201705 streeet 21cm DSC00856
201705 shop nite 21cm DSC09353

201705 street nite 21cm DSC09332

もちろん都市部では、近代的なお店が混在し始めているし、
デリーなどの北部の大都市では、巨大ショッピングモールも出現しています。

それでも、小さな個人商店に頑張ってほしいと思うのは、
単なるノスタルジーなのでしょうかねえ。

201705 Shop nite 21cm DSC09366

201705 shop nite 21cm DSC09303

201705 shop nite 21cm DSC09297

201705 shop nite 21cm DSC00436

201705 shop Dehli shopping center 15cm DSC_0341

デリーのショッピングモール。
南インドでは当たり前に観られたサリー姿の女性がぐ~んと少なくなって… 
これからインドもどんどんつまらなくなっていくのでしょうか?













スポンサーサイト

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://drumscotom.blog29.fc2.com/tb.php/3311-3ad6629f