Contents

【南インドPHOTO紀行番外編】 恒例 インド食べ歩きベスト5

今回は格安の団体ツアー。
「食事はあまり期待できない」と覚悟していましたが…
案の定、旅の前半は、いつも平凡な味のカレー料理中心ビュッフェ。
決して不味くはないがうまくもない。低予算のためか、イマイチの味。

ところが、旅の後半からクオリティが上がってきて、
「おっ!これは美味い」という料理も出だして…
たぶん、南部に行くにしたがって値段が下がって、
同じ予算でもいいものが出るのかな?

というわけで、恒例の「南インド旅行美味いものベスト5」のご紹介。


【第1位】 YAUATCHAの焼きビーフン (デリー)

1 20170513 Yauatcha シンガポール風焼きビーフン 21㎝DSC_0334

中華料理を1位にするのはどうかとも思うのですが、文句なしに美味かったからしょうがありません。
最終日、帰国便への乗り換え時間に立ち寄ったデリーのショッピングモールで、各自自由に食事。
そこで食いしん坊の勘で、店構えの良いYAUATCHAへ。

1 20170513 YAUATCHA 入り口 14㎝ DSC_0339

1 20170513 yauatccha 店内 14cm DSC_0333

シンガポール風焼きビーフン。 これがビックリするほど美味かった。
シコシコの麺、焦げたナンプラー風味、新鮮な具がいっぱい入っていて申し分なし、
シンガポールでも、こんな美味い焼きビーフン食ったことありません!
2人前はありそうなヴォリュームで食いきれませんでしたが。

ほかのメンバーは、フードコートあたりで済ましたようで、悔しがってましたが後の祭り。


【第2位】 QUILON BEACH HOTELのカレービュッフェ (カニャークマリ

5 20170511 Kanyakumari 21cm DSC09543

5 20170511 Kanyakumari 海老カレー 21㎝DSC09544

5 20170511 Kanyakumari 魚団子カレー 21㎝DSC09547

5 20170511 Kanyakumari ライス 21㎝DSC09548

どこでも出たカレー料理ですが、いちばんはここ。
料理人の腕の良さを感じさせる「辛さと旨みの絶妙なバランス」。
チキン、海老、魚団子それぞれの具材を活かした風味、どれも美味しかったです。
とくに魚団子のカレー、複合的なスパイシーさ、日本では味わえない美味。

4 20170511Kanyakumari Quilon Beach Hotel 14cm lDSC09900



【第3位】 SEA VIEW RESTAURANTのチキン (カーニャクマリ)

5 20170511 21cm Kanyakumari DSC09541

最南端の村カニャークマリのランチビュッフェで食べたチキン。
お肉自体の風味がよく、焼き具合もスパイスが効いていて実に美味かった。
こんなチキンならいくらでも食べられる。

5 20170511Kanyakumari suop 18cm Sea Side Hotel DSC09538

ほかに並んでいた各種のカレーもよかったが、この野菜スープの奥深い味も印象に残る。


【第4位】 Lilly Graceのランチビュフェ (マドライ)

3 20170512 Lilly Grace 21cm DSC00063

魚フライのスパイシーな味が印象的なLilly Graceのランチビュフェ。
ほかの料理もクオリティが高くてなかなか美味かった。

3 20170512 Lilly Grace 12cm DSC00061

3 20170512 Lilly Grace drumstick soup 21cm DSC00059

既に紹介済みの「ドラムスティックスープ」もここで。
味に大きな特徴はないが、普通にうまいポタージュスープだった。


【第5位】 KUTTANADANのカレービュッフェ (カニャークマリ)

4 20170511Kanyakumari  Kuttanadan Restaurant 21cm DSC09890

4 20170511 Kanyakumari kuttanadanRestaurant ikano furitta- 21cm DSC09895

最南端の観光村カニャークマリにあるレストランKUTANADANのビュッフェも美味かった。
各種のカレーも奥深い味だったが、口直し的なイカの揚げたてフリッターも新鮮で実に美味かった。



【次点】 Regencyのカレービュフェ (マドライ) 

7 20170509 Madurai Utsav 21㎝DSC_0238

カレー料理ではマドライRegencyも印象に残る味。
どのカレーもとにかく奥深い味。 残念なのは、日本人用に辛さを控えめにしていること。
これで辛さがもっとあったら文句なし。



【次点】 Regencyのチャイ(ロイヤルミルクティー) マドライ

9 620170509 Cha Regency Madurai i DSC_0244

どこでも紅茶とコーヒーがでてくるが、コーヒーはイマイチ。
やはり本場の紅茶が美味いが、特にマドライのRegencyのチャイが一番。
いわゆるロイヤルミルクティーだが香りがよく、砂糖は自分で入れるので甘さが調整できる。

9 20170509 Chai 14cm Regency Madurai DSC_0235

容器の見かけはイマイチだが、香りの良さにびっくり。



【次点】 ABAD ATRIUMの朝食ビュフェ (コーチン)

8 020170512Cotin Abad Atrium 兆色1㎝DSC00444

インドは宗教上牛肉を食べないのだが、このホテルの朝食ビュッフェでは
牛肉カレーも出ていて、これが結構いけた。ほかの料理の味付けも本格的で次点。


ざっとこんな感じでしょうか。
格安の団体ツアーにも関わらず、けっこう美味い物にありついたのはラッキーでした。

唯一心残りは、南インドで今が旬のマンゴー。 美味いマンゴーが食えなかったことかな?

次回の海外食い歩きは、南米。 さて、どうなることやら?





















スポンサーサイト

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://drumscotom.blog29.fc2.com/tb.php/3307-159508fb