Contents

【こころの薬80】 幸福な生き方を創り出す天風哲学

今日はちょっと長くなります。
スイマセン…



「人生あまりむずかしく考えなさんな」

「どうせ死んでしまうなら、
笑って暮らすのが得か、
泣いて暮らすのが得か」


「生きている刹那刹那を
ちょっとでも機嫌悪くしていたら 
もったいないぜ」


ほんとうにそうだよ!と思って、いつしか古希を超えました。

冒頭に紹介したことばは、
私の人生の師、中村天風先生のものです。

幸運にも、20代の後半で天風哲学を知り、
曲がりなりにも実践し続けて、はや半世紀ちかく!
いまのご気楽生活も、天風先生の教えのおかげと、感謝しきりです。

20121026 BKK コスプレ 9cm DSC06307

ところで、
このブログを始めて、いつの間にか10年以上がたちます。
ノーテンキで勝手なことばかり書いてきたので、
読者はほとんどいません。

それにもかかわらず、性懲りもなく続いているのは、
かつて出版業界で甘い蜜を吸ってきたため、
何かを書きつづけることが、習い性になっているからでしょうか。

そして、
ごくたまに、ブログを読んでいただいているご奇特な方々から
理想的な老後生活だね」という声をいただきます。

「ドラム叩いて音楽三昧、美味しいものを食べ歩き、
気ままに海外に出かけ、趣味で粘土人形造りや陶芸を楽しむ…
うらやましい限りです」と。

恐縮ですが自分でもおどろきアキレル?ほど、
ノーテンキで愉しい「ドラムスコな生活」を送っています。

たまに印税が入ると、海外喰い歩きに出かけ…
下手くそなドラムでプロミュージシャンにご迷惑をかけても、
笑ってお付き合いいただき、
ほんとうにありがたい、ラッキーなことだと感謝してます。

af7f025fb0c52b91520f43cdd09a3dc7c594592481.jpg

ところで、ドラムスコな生活振りから、
「お金持、結構なご身分で」とおっしゃる方がいらっしゃいます。

残念ながら、まったくの誤解です。

別に資産家に生まれたわけでも、宝くじに当たったわけでもありません。
過去、バブルの恩恵にあずかりつつも、普通のサラリーマン生活を送ってきました。

たしかに、現在もその日のその日の生活に追われることはありませんが、
贅沢三昧ができるご身分でも、決してありません。
定年退職者が身の丈にあった楽しみ方を、ひたすらつづけているだけです。

世の中には、有り余る資産を得、名声を博し、大きな影響力をもつ人物が
あまたいらっしゃいます。

また自己犠牲をいとわず、困っている人たちを支え続け、
それこそが自分の幸福な人生と毎日を過ごす方々もいらっしゃる。

自分の楽しみを追い求めるだけのわたしごときが
「理想的な老後生活」とはおこがましい限りです。

しかし、一介の定年退職者が、好きなことをして愉しく暮らしていることも事実。
これはひとえに、天風先生の教えのおかげです。

そこで、いくらかのご参考になればと思い、
天風哲学の一端を、何度かに分けて述べてみます。


中村天風

中村天風先生(1878年~1968年)は、日本人初のヨガ行者で、
人生をいかに幸福に生きるか
を説いた稀代の思想家です。

波乱の人生からつかんだ「心身統一法」を指導し、
東郷平八郎、ロックフェラー三世、松下幸之助、双葉山、松田権六(人間国宝)、尾崎行雄、
堀越二郎(ゼロ戦)、松本幸四郎 (7代目)、倉田主税、宇野千代、稲盛和夫、広岡達朗など、
当時の政財界から文芸、スポーツ界のそうそうたる人々に大きな影響を与えています。

私は26歳のころ、宇野千代の「天風先生座談」を読んで、
中村天風師の存在を初めて知って大きな衝撃を受けました。

天風先生は、その5~6年前に亡くなっていたのですが、
天風先生の書かれた本を求めて古本屋を歩き回り、
ようやく「新・人生の探求」に巡り合い、天風哲学の虜になりました。

そして、こんな素晴らしい哲学を過去の存在にしておいてはいけないと、
私がプロデュースして「成功の実現」という本にまとめ1988年に出版したところ、
その後関連本が80冊以上出され、世に「天風ブーム」が巻き起こるほどの反響となりました。
最近でも、プロ野球日本ハムの栗山監督や歌舞伎の市川海老蔵さんの座右の書として
マスコミでとりあげられたりしています。

その天風哲学の一魅力は、
第一に、わかりやすさ
二番目に、実践性、毎日の生活への取り入れやすさ
だと思います。


天風先生はいいます。

「そもそも人間というものは、
幸福に丈夫に生きる方が
やさしいようにできているんだ」


「世の中の不幸、不運、不健康は
すべて、人間のこころが創り出しているんだぜ」


とかくインテリは人生を難しく考え、苦しくてつらいものだと考えたがるが、
全くの間違いだよ。
宇宙の造物主は、人間を、本来幸せな一生をおくれるように創成しているんだ。
あらゆる不幸や不健康は、すべて自分のこころが創り出しているんだよ。

「蒔いたとおりに 花が咲く」

自分のこころの中で、
毎日のように、腹が立つ、悲しくてつらい、苦しいという悲観の種をまきつづけると、
いつしか自分の周りに腹が立って、悲しくて苦しい、不幸なことばかりが目立つようになる。

たとえヤセ我慢してでも、毎日楽しい、嬉しいという種を,、自分の心に蒔き続けると、
いつの間にか、自分の身の周りに幸福なことばかりが目立つようになる。

誰でも、できることなら不幸な一生よりは幸福な一生をおくりたい。
病気に苦しむより健康で明るく暮らしたい、と願っているはず。

ところが多くの人々は、
まったく不用意に、自分の心に
不幸の種や不健康の種を蒔き続け、
蒔いた通りの結果となって、
自分の人生の不運を嘆く
ことになる、
というのです。

逆に言えば、

いまどんなに恵まれない境遇にいようとも、
自分のこころの中に
幸せの種や、健康の種を
辛抱強く蒔き続けていけば、
誰でも必ず、幸運で健康な愉しい境遇になる


ということです。

そんなバカな!と思われたかたは、
時間の無駄になるので、ここでお終い。



次回は、「どうやって自分の心に楽しい嬉しい種をまき続けることができるのか」
天風先生が説く、毎日のこころの持ち様について述べていきたいと思います。


なお、天風哲学については、このブログの初めのほうでも詳しく取り上げておりますが、
そうれからずいぶん年月が経ちましたので、改めてご紹介するものです。














スポンサーサイト

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://drumscotom.blog29.fc2.com/tb.php/3287-12a74c43