Contents

フレンチの名店L'Osierでランチ

手がけた本が増刷になり、出版スタッフをご招待してL'osirでランチ会。

20170416135900810 Losir 店内 18㎝


L'osier(ロウジェ)はミシェラン2★のフレンチで、
エレガントな雰囲気、デザートが豊富で女性に人気が高い。

20170414 Losier 1 18cm DSC_0197

まずはアミュズその1。 説明されたが…それぞれ中身が何だったかは覚えていない。
そこそこ美味いが、私はガスパッチョ系が好み。

20170414 Losier 2 21cm DSC_0198

アミュズその2も、素材が何だったか覚えていないが、美味かった。
いかにもフレンチらしい盛り付けで、次の料理の期待が高まる。

20170414 Losier 3 21cm DSC_0200

前菜は、フランス産アスパラガスとホタテガイの間に黒トリュフを挟んだサラダ葉包蒸し。
太いアスパラの甘さと、磯くささを少し抑えたホタテの上品なやさしい味。


20170414 Losier 4 21cm DSC_0201

魚料理は、スズキのポアレ。火の入れ具合絶妙、紅芯大根との盛り付けがおしゃれ。


20170414 Losier 5 21cm DSC_0204

肉料理は、牛ほほ肉煮込み。 盛り付けは楽しいが、肝心のお肉はちょっと平凡な味。


20170414 Losier 6 18cm DSC_0209

ここの売りのひとつ、デザート3種類。 まずはベリー尽くし。女性には文句なし。
各種のベリーコンポートを巻いている土台も苺のクッキーという凝りよう。

20170414 Losier 7 16cm DSC08269

デザートその2は、柑橘のソルベ。 さっぱりしていておいしい。

20170414 Losier 8 21cm DSC08271

デザートその3は、小菓子。 女性には嬉しいバライティ。

20170414 Losier 9 21cm DSC08280

さらにこれでもかと小菓子のワゴン。 好きなだけ注文できるので皆さん目が輝きます。

20170414 Losier 11 18cm DSC08289

私の選んだコーヒーのお供。左はパッションフルーツのジェリー。
今回のコースの流れは、私にはちょっと?だったが、皆さんに喜んでもらえたのでメデタシめでたし。





スポンサーサイト

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://drumscotom.blog29.fc2.com/tb.php/3254-7d44fe11