Contents

【LaDoll粘土作品集】 新作 the Cockの立体バージョン完成です

20170304 LaDoll106 the Cock left 17cm DSC06462


LaDoll粘土の人形造り、
昨年はずいぶんサボりましたが、先日、干支のレリーフ、2017Year Plateを造ったら、
俄然、制作意欲がわいてきて、
前回は半立体だった比内鶏の立体バージョンを、短期間で造っちゃいました。

20170304 LaDoll106 the Cock 21cm DSC06438


前回苦労した尻尾の羽も、要領を覚えて失敗も少なくなり、
実働一週間ぐらいで完成形に。

高さ170mm、幅110mm、奥行き200mm

20170304 LaDoll106 the Cock right 17cm DSC06551



ちなみに
過去の干支の立体バージョンからピックアップすると、

20141114 LaDoll 100 Golden Sheep 202mm  DSC08564

20131013 LaDoll 92 Majorelle Bulue 173mm DSC07709

76 Dragon Kid 修正135cm  DSC04223

8年前に、「寅」からスタート、
以来毎年、その年の干支をテーマに造っています。
(ヘビとウサギはどうにもイメージがわかず、立体版なしですが)

初めて、干支の人形造りに挑戦したとき、造形の楽しさに目覚めて、
「寅」のモティーフが次々に頭に浮かんできたっけなあ。

#15 千鳥足虎 14cmDSC05105

寅と酔っ払いの「トラ」をカケて、一升瓶を杖代わりによれよれの「千鳥足ドラ」。
一升瓶と尻尾でバランスをとって立つようにしています。

#19 胡坐酔虎 18cm DSC05145

一升瓶抱えて、ほろ酔いでアグラをかく「ほろ酔い胡坐寅」。
これが、干支人形づくりの第一号。
おもえば、粘土人形造りにはまった、自分なりの記念碑的な作品。

こうして並べてみると、ノホホンととぼけた味が共通しているようです。


十二支の立体人形がそろうまで、
あと残りは戌、猪、子、牛、それらに加えて造り残した兎、巳かぁ…
 
これからも造形意欲を失わずに、完成まで生きているかなあ?



そうそう、昨年の干支「申」、

お時間の許す方は別記へ。


自分の干支だけに、以前にも造っていて、

温泉でゆったりする猿ファミリー

20130628 LaDoll 90 monkey famiy 400DSC00374

「木製の宝石箱を使って何か?」という、当時の粘土細工教室の課題で造ったもの。

木箱をヒノキ風呂に見立てて、
お湯の部分は、アクセサリー制作に用いる透明アクリルを使っています。
後ろに、酒徳利2本とぐい飲みが乗っかったお盆が浮かんでます。
われながら、凝ってますねえ。

昨年の年賀状用に制作した猿は、
「見ざる言わざる聞かざる」のパロディ。

20151110 Three Wise Monkeys 21cm 72dpi DSC06949

造り始めてからわかったことですが、海外では、
「見るサル言うサル聴くサル」が昔からあるそうで、
「Three Wise Monkkeys」というそうです。

ゴールドの着色は、
前年の「Golden Sheep」のイメージを引き継いでます。
個人的には、「湯あみファミリー」のほうが好きかな。


さてさて来年は、犬か。
すでに何体も造っているなあ。

造り残した「ヘビ」と「うさぎ」を先に造ろうか…
毎日が日曜日の年寄りのはずなのに、
何かと忙しいわけですねえ。




スポンサーサイト

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://drumscotom.blog29.fc2.com/tb.php/3247-6f6e13a6