Contents

やっぱり菊乃井、さすがの味でした

久しぶりに京懐石の名店「菊乃井」でランチ。
和食ではいちばん好きなお店、さすがの味でした。

20170131 菊の井 0 お迎え花弁酒 18㎝DSC04499

定番お迎えのお酒。 梅の花びらが浮かんでます。

20170131 菊の井 1 祝い赤飯 21㎝ DSC04500

お迎えのお椀、お赤飯となますをちょっとだけ。

20170131 菊の井 2 赤かぶ蒸し 海老あんかけ 18㎝DSC04505

猪口は、赤かぶ蒸し海老餡かけ。蓋をとると、まず海老の濃い香り、
粗目におろした赤かぶが、海老やお出汁の餡とマッチして絶妙な味。

20170131 菊の井 3 八寸 21㎝ DSC04509

八寸は、お寿司、ごまめ、菜の花、花ワサビ、ふきのとうの味噌漬けなど。
なかでも花ワサビが美味しかったな。

20170131 菊の井 4 お造り 明石天然鯛 こしび 21㎝DSC04512

お造りは定番の明石天然鯛とマグロの幼魚こしび。
コシビは卵醤油につけてねっとりといただく。

20170131 菊の井 5 蓋物 百合根饅頭 トリュフ餡 21㎝DSC04516

蓋物は、ユリ根大根饅頭の中に鶏つみれ、トリュフのあんかけ。
和だしとトリュフの相性がこんなにいいとは、びっくり!
ポールボキューズの名物料理「黒トリュフのスープ」より美味い。

20170131 菊の井 6 塩ブリの酒焼き 21㎝DSC04519

寒ブリを塩して、酒焼き。 焼き具合、塩加減抜群。
焼きあがり際にさっと塗った土佐醤油の香ばしさがたまらない。

20170131 菊の井 7 三宝柑蜘雲子豆腐 21㎝ DSC04522

三宝柑白子豆腐。 これも絶妙な味。 タラの白子の生くささゼロ、奥深く上品な風味。
こんな豆腐初めて食った。美味い!

20170131 菊の井 8 初牛御飯 貝柱ご飯 18㎝ DSC04527

初牛御飯。 貝柱、揚げ、金時人参の混ぜご飯。
客ごとに窯で炊いてくれ、炊き立てのご飯は見るからに美味そう。
実際、ふっくらつやつやの米、塩加減も絶妙。超美味いが一膳で腹限界。
残りは、テイクアウト。折詰にしてくれるのもうれしい。

20170131 菊の井 9 ゴボウスリ流し汁椀 21㎝DSC04529

ご飯と一緒の汁椀がまた美味い。 ゴボウのスリ流しに揚げたごぼうが浮かぶ。
葛でとろみをつけた白みそ仕立て。 ゴボウの風味が活きた優しい汁椀。

20170131 菊の井 10 きな粉アイス 18㎝DSC04538

デザートは、きな粉アイス善哉。キナ粉の香りが香ばしい一品。
ここまでくるともう超腹一杯! 

素材の良さを、複雑微妙な出汁で際立たせる。
絶妙の塩加減、調理加減、盛り付け…やっぱり菊乃井は素晴らしい。




スポンサーサイト

Comments

by ドラ

雅美さん
返信遅れてすいません。

白子どうふは、ご推察通り絶妙な葛餡がタップリかかってます。
トリュフ餡を口にした時の驚きは、実際にトライしていただかないと。
刺身の鉢は、九谷ではなく京焼かなあ?
ぜひ私はまだ行っていない京都の本店で!

Comment#5585
  • 2017-02-13(Mon) 09:11:13
  • Mail
  • URL
  • Edit
素晴らしい by 雅美

今回はあまりの素晴らしさにこちらにもコメントを。だいたいが想像つく味なのですが、たらの白子ドウフは葛を使ってるのかな〜〜?トリュフのあんかけは想像が追いつかない。
にしても、お刺身のお椀は九谷でしょうか?水仙の花をあしらった姿は見事ですね!次回上京の時には、スケジュールに入れとこうかな〜〜?
あっt京都に行く方が近いのか!(笑)

Comment#5584
  • 2017-02-07(Tue) 12:54:36
  • Mail
  • URL
  • Edit
Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://drumscotom.blog29.fc2.com/tb.php/3192-7d96b9ca