Contents

なぜ「赤ずきん」の絵本を、あわてて購入したのでしょうか?

「赤ずきん」の絵本を、あわててアマゾンで購入した。
いもとようこさんという絵本作家のもので、絵がとてもかわいい。

20161010 あかずきん 絵本 16㎝DSC07420

なぜ、今頃になって「赤ずきん」?

みなさん、有名な「赤ずきん」のお話し、ちゃんと知ってますか?
私は…知っているつもりだったのですが…

たしか、
赤ずきんが、具合が悪くふせっているおばあちゃんの家に、お菓子を届けるように母親から言われ、
お使いに出た赤ずきんが、途中でオオカミに遭い、
用事を知ったオオカミが、赤ずきんに花を花を摘んで持って行くようにさせ、
その間に先回りしておばあちゃんを食べ、
おばあちゃんに成りすまして、訪ねてきた赤ずきんも食べちゃうという怖いストーリー。

「寄り道しちゃいけないよ」という教訓の、北欧に古くから伝っていた作者不詳の寓話らしい。

それで、おしまいだったっけ? 赤ずきんは食べられてオシマイ?

古すぎて、よく覚えていない。ネットで調べてみたら…
例のグリム兄弟が、その後の話を付け加え、

おばあちゃんと赤ずきんを食べたオオカミが寝ているところを
通りかかった猟師がみつけ、腹が異常に膨らんでいるので腹を切り裂くと
2人が無事救出され、オオカミは腹に石を詰められて逃げていったとさ、となる。

ああ、そうだったんだ。
どうでもいいけど、みなさん、知ってました?

さてさて、なぜ赤ずきんの絵本を買ったのか?

実は、先月の南イタリア旅行で、孫のお土産に買ったのが、赤ずきん人形

20160917 alberobello 21cm DSC06141

アルベルベッロの土産屋でで見つけた変身人形
これは孫が絶対喜ぶ!と即購入。 たしか20ユーロ(2400円)。
上の写真の店頭、入口の右に写っている赤い小さな人形。

20160921 赤ずきん人形 13㎝ DSC06720

赤ずきんちゃん。

20160921 赤ずきん人形 変身1 10㎝ DSC06740

スカートをめくってひっくり返すと、お婆ちゃんに変身。

20160921 赤ずきん人形 おばあちゃん 12㎝DSC06723


さらにおばあちゃんの頭の頭巾をひっくり返すと、

20160921 赤ずきん人形 変身2 10㎝DSC06728

20160921 赤ずきん人形 変身4 13㎝DSC06738


あらっ狼に大変身!

20160921赤ずきん人形 狼 12㎝DSC06729


孫の前で絵本を読んで聞かせ、その後でこの人形を見せたら、

赤ずきんとおばあちゃんがオオカミに食べられてしまう!という展開にびっくり。
人形を見せても親だけが喜んで、肝心の本人はビビリ顔。

ジイサン、がっくり。

スポンサーサイト

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://drumscotom.blog29.fc2.com/tb.php/3120-b44d2c69