Contents

【南イタリアPHOTO 紀行 番外編1】 恒例 イタリア美味いものベスト5 

今回は、団体ツアーのためほとんどがツアーグループでの食事。
ということで、決して不味くはないが、それなりの料理が続いたのですが、
自由行動日には、美味しいミシェラン★レストランも行けました。

ということで、恒例の海外食い歩きベスト5。

【第1位】 Carusoのイカスミパスタ (Napoli)

20160918 Caruso イカスミパスタ 21cm DSC06372

20160918 Caruso inside 18cm

Carusoは、ナポリの代表的なホテルGrando Hotel Vesuvioの最上階にあるミシェラン★つきレストラン。
前菜はイカスミを練りこんだパスタ。 量が多いので誘ったお仲間とシェアしたが、それが不要なほど美味い!
イカのソースの奥深さは、シェアしないで1人前食いたいと思わせる最高の味。ダントツの1位。

写真が、光量不足で美味しく見えないのが残念。

20160918 Caruso beef 21cm DSC06376

メインでとった分厚いビーフステーキも、焼き具合ちょうどよく、赤身の旨さ十分でペロリ。

20160918 Caruso ice 18cm DSC06379

デザートのバニラアイスも品のよい旨さで、さすが★つきレストラン。
これでワイン込60ユーロ(6500円)は実にリーズナブル。

 

【第2位】 Vesuvioのピザ (Pompei)


20160918 Pompei Vesvio 21cm DSC06302

20160918 Pompei Vesvio 21cm DSC06304

ポンペイ遺跡に入り口にある団体専用レストラン。
だいたいこういうお店の料理は、不味くはないが、何とか食えるというのが相場。
ところがところが、マルゲリータと野菜ピザの美味いこと!

20160918 Pompei Vesvio 18cm DSC06311

考えてみれば、ピザの調理は1〜2分。
どかっと団体が入っても、出来立てを食うのだから、個人も団体もないんだな。
3種類のピザをお仲間でシェアして食ったが、マルゲリータと野菜ミックスが美味かった。

実は、ナポリ発祥の名物マルゲリータのホンモノを喰おうと、
ナポリでの自由時間に、有名なSorbilloに30分ほど行列に並んで食ってみた。
Sorbilloは、「2016年世界一美味いピザの店」入賞、12時半開店前から大行列の超人気店。

20160919 Sorbillo 11㎝ DSC00730

20160919 pizza 21cm DSC06563

ところが…トマトソースがジャボジャボ、風味もうすいような?
私の好みは断然Vesuvioのピザ。

「まるで日本のラーメン専門店と同じ」と思ったね。
日本の行列ができる有名ラーメン店、どこも塩辛くて脂くどくてとても食えない。
普通のラーメンのほうが、よっぽど美味く感じる。


【第3位】La Conca Azzurraの海鮮グリル(Grotta dello Smerarldo)

20160915 Positano 21cm DSC05838

アマルフィ海岸にあるレストランで食った海鮮グリル。
イカの香ばしい焼き具合がお好みでした。

20160915 Positano La Conca Azzurra 18cm DSC05833

なかなか瀟洒なレストラン。
食後に、隣接する眺めの良いカフェでコーヒー。これもよかったな。

20160915 Positano ムール貝のパスタ 18㎝ DSC05835

ちなみに、この時のパスタはムール貝。もっちりした麺で、まあまあ。

20160915Positano desert 18cm DSC05842

デザートはレモン風味のシューアイス。これもまあまあ。


【第4位】Tenuta Tannolaのフォカッチャとモッツエラチーズ(Agliturizmo)

20160916 Tenuta 21cm DSC05938

焼き立てほかほかのフォカッチャを出来立てのチーズと一緒に食べると、あらっ美味しい。

20160916DSC05935.jpg

モッツアレラも出来立てはやっぱり美味いな。

20160916 Tenuta Tannola 17cm DSC05963

Tenuta Tannolaは、広大な畑の中にあるホテル&レストラン。
ほかに地元のソーセージを使ったペンネ、豚や鶏肉、ソーセージなどのグリルが出たが、まあまあ。


【第5位】 Pastamore & Chiatamoreの海鮮料理 (Napoli)

20160919 PastamoreChiatamore イワシフライ21㎝DSC06611

旅行ラストの食事は、Pastamoreというレストランでの海鮮料理。
ナポリではポピュラーなイワシのフライにようやくありついたが、これが美味かった。

20160919Pastamore 手長エビグリル 21㎝DSC06627

手長エビのグリルも美味いが、一人1匹出は、物足りない。

20160919 Pastamore 蟹のパスタ 21㎝ DSC06639

ワタリガニのパスタはまあまあの味。

20160919 Pastamore 海老のトマトソース 21㎝DSC06624

海老のトマトソース煮込みも、美味いが一人1尾じゃねえ。
好きなだけスカンポグリルを喰えたらもっと上位に入るんですが…


【次点】 Grand Hotel Vesvioの朝食 (Napoli)

20160920 BRF 21cm DSC06390

南イタリアのクロアサンは中にチョコレートやジャムが入っているものが多い。 ほかの小さなパンもナポリの名物。

20160920 BFT 21cm DSC06388

20160920 BRFT 21cm DSC06393

好物のスイカ、甘くてサクサク美味い。スイカもトマトも南イタリアが名産地だけにタップリいただきました。
特にトマトの風味がよく、濃くて甘いのにビックリ。


20160920BFT 17cm DSC00685

サンタルチア通りにある5★ラクシャリ―ホテルGrand Hotel Vesuvioの朝食。
さすがにクオリティが高く、サービスも行き届いて美味しかった。


【次点】 Nadiの耳たぶパスタ (Matera)

20160917Matera Nadi pasta 21cm DSC06209

南イタリア名物の耳たぶのパスタ。 もっちりした歯応え。

20160917 Matera NADI 16cm DSC06223

世界遺産の洞窟都市にあるレストラン。
テラス席で住居跡を眺めながらの食事はなかなか素敵でした。


ざっとまあ、こんなところでしょうか。
団体旅行に参加した割には、それなりに美味いものにありつけた旅でした。











 

スポンサーサイト

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://drumscotom.blog29.fc2.com/tb.php/3117-8ba4a31b