Contents

【南イタリアPHOTO紀行8】 メルヘンチックなアルベロベッロ

きのうに引き続き、現地から十分なレポートできなかったアルベロベッロ。

20160917 Alberobello 21cm DSC06139

世界遺産の街アルベロベッロ。
ドングリ円錐形の屋根、真っ白な壁のトウルッリと呼ばれる建物が密集する旧市街。

中世、住居にかかる税金を逃れるため、
すぐに取り壊すことのできる石灰岩で組んだ屋根の家を建てたのが発祥とか。

屋根に描かれたマークはキリスト教の魔除けのシンボル。

20160917 Alberoberllo 21cm DSC06164

20160917 Alberobello 21cm DSC06140 

20160917 Alberobello 21cm DSC06143

旧市街はお土産屋やレストランなどの地区と一般住居区の2つにおおまかに分かれ、
お土産屋の集中する通りは、世界から観光客がやってくる。

20160917 Alberobello 21cm DSC06106

20160917 Alberobello inside 21cm DSC00611

一般住居の内部を見せてもらったが、電気水道ガス完備、
冬は暖かく夏は涼しいそうだ。


20160917 Alberobello flower 14cm DSC06121

20160917 Alberobello eith Maria 15cm DSC06147

民芸陶器の土産物屋をやっているマリアおばあさんは、日本のTVにも何度も取材された有名人。
日本人とみるや自宅に招き入れ、日本の雑誌やTV記事の切り抜きを見せて明るく自慢する。

20160917 Alberobello total 21cm DSC06116

高台から見た旧市街。トウルッリが1000以上現存しているそうで、なんともホンワカしたおとぎ話の世界。

20160916 Alberobello 夕食 19㎝ DSC06050

旧市街に数分で歩いていけるホテルに2泊したので、
夕食をトウルッリのレストランPinacoloで。
この地方でしか造られていない水牛のMozzarella di Bufalaの風味がが印象に残る。

20160917 Alberobello night 21cm DSC06031

20160917 Alberobello night 21cm DSC06036

夜の街も、街灯に照らされた街並みが何ともロマンティック。
なるほど、世界遺産指定も納得の別世界だった。

スポンサーサイト

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://drumscotom.blog29.fc2.com/tb.php/3115-80e251ed