Contents

ルノアールと同時期に活躍した女性画家 メアリーカサット展

「眠たい子どもを沐浴させる母親」1880 16cm
「眠たい子供を沐浴させる母親」1880

横浜美術館の「メアリーカサット展」に行ってきました。
ルノアールとほぼ同時代に活躍した、印象派の女性画家。

子供をいくつしむ優しい親子像を何点も描いて「母子像の作家」として知られていますが、
女性作家らしい、やさしいタッチと色使いに、なんとも心和みます。

日本では、絵画に社会性や人生の問題意識を求めて、それを評価する向きが主流ですが、
私はデュフィのように、この世で美しいもの、楽しいものを素直に表現する画家が大好き。

メアリーカサットもそんな一人。とにかく優しく、可愛いものは可愛い!と描いてます。
それでいて通俗に流れることなく、アートのレベルで描くのは並大抵の才能じゃないですよ。


浜辺で遊ぶ子供たち 1884 16cm
浜辺で遊ぶ子供たち 1884

夏の日 1894 16cm
夏の日 1894

ドガの絵に惹かれ印象派の仲間入りをしたカサット。
ルノアールと同時代を生きた画家ですが、ルノアールというよりマネに近い印象。

「桟敷席にて」(1878) 16cm
「桟敷席にて」(1878)

上の作品で、それを強く感じます。実際に、2人は親交があったようです。

クソ暑い日でしたが、会場では心洗われる、ホンワカムードに。
遠出した甲斐のある展覧会でした。会期は11日までかな?けっこう混んでました。

スポンサーサイト

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://drumscotom.blog29.fc2.com/tb.php/3097-b14079df