Contents

Le Christalline でひさしぶりのフルコース・フレンチ

6月のフランス旅行から帰ってしばらく、フレンチやイタリアンから遠ざかってましたが、
骨董通りのLe Christallineで、久しぶりにフレンチのフルコースのランチ。

20160823 Le Christalline 店 16㎝DSC04111

まずはアミュズにカナッペとシャンパンが出てきます(写真なし)。
このお店は、お酒もこみこみのシステム。

20160823 Le Christalline 1 サーモンのムース ブロッコリーのタルタル フランボワーズのマヨネーズソース 21㎝DSC04115

前菜は、サーモンのムースとブロッコリーのタルタル。フランボアーズのマヨネーズソース。
テーブルに仕掛けがあって、ガラスの皿の底が光って、盛り付けをさらにきれいに見せてくれる。

ブロッコリーのタルタルもいい味。波状に敷かれたマヨネーズがまたいい味。
料理はエンターテインメントと心得ている演出がにくいねえ。。


20160823 Le christalline 2 冷製カリフラワーのぽたじゅ トリフオイル 21㎝DSC04119

スープは、冷製カリフラワーのポタージュ。トリフオイルがアクセント。
夏らしいさっぱりポタージュ。塩気がちょうどいい。

20160823 Le Christalline 3  オマール海老とレンズ豆ビーツのドレッシング 21㎝DSC04125

魚料理は、オマール海老とレンズ豆、ビーツのドレッシング。
海老が小さめですが、ビーツのソースが食欲をそそる。
白ワインは14年クロードヴァルだそう。

20160823 Le Christalline 4 クマザサのシャーベット 18㎝DSC04128

口直しは、クマザサのシャーベット。口に入れると、ほんわか笹の香り。
これまた夏にぴったり。

20160823 Le Christalline 6 パリ風ローストビーフ マッシュルームソース 21㎝DSC04130

メインは4種のローストビーフからのチョイスなのですが、常連さんにお供したので特別サービスで、
4種とも出してくれました。

まずはパリ風ローストビーフ。マッシュルームソースたっぷり。
肉はやや歯応えありますが、裏ごしされたポテトといい感じ。

20160823 le Christalline 7 ボルドー風赤ワインソースのローストビーフ 21㎝DSC04136

ボルドー風ローストビーフ。ワインソースが、私には甘すぎてイマイチ。
ただポテトに乗っかったトリュフオイルが存在感のある味。

20160823 Le Christalline 8 アルザス風 マンステールチーズのソース ローストビーフ 21㎝DSC04139

アルザス風ローストビーフ。マンステールチーズのソース。キャベツ添え。
独特の風味のソースが美味い。

20160823 Le Christalline 9 プロバンス風アイヨリソースのローストビーフ 21㎝DSC04144

プロバンス風ローストビーフ。一緒に出てくるアイヨリソースのニンニク風味がいい。
マッシュポテトも粗目で、よくマッチしている。

結局、一皿3枚のビーフ×4皿で、12枚。通常の1・5倍のボリューム。
お肉がもうちょっと柔らかくて風味があったら感涙の大サービス。
私の好みは、パリ風とアルザス風かな?

赤ワインは、14年メルロー。香りコクもあって飲みやすい。

20160823 Le Christalline 10 赤い果実のコンポートとヨーグルトのシャーベット 21cm DSC04147

デザートは、またガラス皿の底から光を入れて、ヨーグルトのアイス。

この後コーヒーのお供に小菓子(写真なし)

シャンパン、白と赤ワイン呑み放題で、7500円はリーズナブル。
ただ私のように、酒なしソーダ―水の下戸には余計なサービスだけどね。
その分肉料理でサービスしてくれたんだろうなあ。いいお店です。

スポンサーサイト

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://drumscotom.blog29.fc2.com/tb.php/3086-e349ccce