Contents

【シュバルの理想宮の旅Photo紀行10】 カルカソンヌで出会った馬

20160611 Carcassonne 土産屋 21㎝DSC00667

世界遺産、欧州最大の城塞都市として人気のカルカソンヌ。
城塞の中をぶらぶらしていたとき、
とあるお土産屋さんの店頭で目に留まったのが、ワンコと並んでいた、

ブリキの馬さん

20160611 Carcassonne Horse 16cm DSC01257

薄いブリキ板に模様をくりぬいて溶接したランタン(提灯)。
尻尾を上げると、中にろうそく立てがついてます。

高さ60cmで、ちゃんとした工芸家の作品なのか、なかなかの存在感。
姿もユーモラスで、薄いブリキ製なので、持ち上げると意外に軽く、手荷物で運べるほど。

どうにもほしくなって、後先考えずに買っちゃいました。
カルカソンヌからマルセイユまでは、手提げの簡易包装してもらって、
マルセイユのホテルで、機内預け用に段ボールにパックしてもらい、
通関トラブルもなく、無事日本到着。

いまフランスの空港は、テロ対策で厳重警戒のはず。
鉄板製のフィギアは確実にX戦検査で絶対にマークされる…
トラブってもいいように少し早めに空港に向かったのですが、機内預けがすんなり終了。
いささか拍子抜けのドラムスコでした。

旅行のたびに、記念の民芸品を買って帰るのですが、
家はインチキ骨董屋の様相。かみさんに呆れられています。



スポンサーサイト

Comments

by どら

qvixoさん

骨董屋じゃなく、土産物屋さん。
たぶん地元のアーティストの細工物を売る店。
店番の女性、値切っても受け付けない。
世界で値切り倒してきたが、私の負け。

Comment#5553
  • 2016-06-20(Mon) 17:55:32
  • Mail
  • URL
  • Edit
by qvixo

骨董やでがすか!
うかがって買い叩いて帰ります
その節は宜しく
拙宅には未だ焼き物の山、是非当家にもいらしていただきたく思います
よかったら焼き窯とその小屋をお持ちください

Comment#5552
  • 2016-06-19(Sun) 05:08:18
  • Mail
  • URL
  • Edit
Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://drumscotom.blog29.fc2.com/tb.php/3039-a6bb3a14