Contents

【シュバルの理想宮Photo紀行 番外編1】 ホテルに恵まれた旅

今回は、個人手配旅行。

リヨン、カルカソンヌ、マルセイユは、あまりツアーが組まれないようなところばかりなので、
「地球の歩き方」でも紹介ページが極端に少なく、ホテル情報はDe La Citeが載っている程度。

個人でも団体ツアーでも、ホテルはできるだけ立地のよい4★以上が条件。
海外での食い歩き挑戦は、3軒に1軒はハズレ。団体ツアーだと3軒ともハズレのことも。
そこで、間違いのない一流ホテルの朝食で保険を掛けておくと、
万一、昼も夜も外れの場合、まあしょうがないとあきらめがつくからです。

そこで旅行社を通さず、過去の経験から、ネットでチョイス。
幸いどれも大当たりでした。

フランス南西部を旅行予定の方のご参考までに、今回泊まったホテル情報を。

【LYON】 Sofitel Lyon

20160607 Sofitel Lyon 16cm DSC00232

20160607 Sofitel Lyon lobby 21cm DSC09949

ローヌ川に面した、街の中心街にある5★のシティホテル。
建物はけっこう古いのですが、部屋は最近改装されたようで、設備は申し分なし。
ただし、宿泊フロアの内装が多少しょぼい面。メンテナンス今一つの面もあり、4★が妥当か?
ロケーションは抜群。旧市街やレストラン街へも徒歩圏内で滞在型にはうってつけでした。

20160607 Sofitel Lyon room 21cm DSC09935

たまたま角部屋で、窓からローヌ川が見えて快適そのもの。

20160607 Sofitel Lyon 21cm DSC09951

特筆すべきは、8Fのレストラン。朝食ビュッフェでは朝日が入って気分の良いこと。
1Fにミシェラン★付きのレストランがあったようなのですが、
名前が変わっていて、いつ覗いてもお客がパラパラで、とうとう行きませんでしたが。

20160607 Sofitel Lyon 21cm DSC00219

部屋は禁煙。フランスもとっくに禁煙病…
それでもうれしいのは、1階玄関わきに喫煙テラス席が造られていて、ローヌ川を見ながらくつろげたこと。

同じローヌ川に面して、さらに旧市街に近いロケーションにLe Grand Dieuが全面改装中。 
ここがオープンしたら間違いなくNO1ホテルになるでしょうね。要チェックです。


【Carcassonne】 Hotel De La Cite

20160611 De La Cite 21cm DSC00918

城郭の中にある5★ラクシャリ―クラシックホテル。せっかくカルカソンヌに来たらここが絶対のおすすめ。
貴族の館をホテルに改装しているのですが、内装といいロケーションといい実に素晴らしい。
しかも!予約の時、ダメモトで喫煙部屋を指定していたら、灰皿が。 ああ、なんとおおらかなこと!

20160611 De La Cite teras 21cm DSC00968

20160611 De la Cite garden 21cm DSC00966

ホテルの内部は、どこをとっても重厚でエレガント。 
まだ城ができていない紀元前の丘の様子から始まって、中世までの城塞の様子を描いた
4枚の大きな絵がロビーにかけられていて、悠久のひと時を思う存分に味あわせてくれます。

20160611 Dela Cite lobby 21cm DSC00605

20160611 Dela Cite Bar 21cm DSC00618

食事は、ミシェラン1★のBarbacane。 ここで朝食ビュッフェをとりましたが、
すべての素材の良さが際立っていて、サービスも行き届いてさすがでした。

20160611 De la Cite La Barbacane 21cm DSC00595

惜しむらくは、おなかが持たれていて、夕食をここで食べなかったこと。
ちょっと覗いたら、優雅なお客でいっぱいでした。

ネットで予約したのですが、予約できた時点(50日くらい前だったか)で
取消料全額! この強気の姿勢に、「これは間違いないぞ」と思ったのですが、
やはり予想通り、一度は泊まってみる値打ちのあるホテルでした。

なお、カルカソンヌの駅からタクシーで行っても、城郭の別出入り口で降りて、
ホテル専用の小さな車に乗り変えます。(タクシーの運ちゃんがホテルに連絡してくれます)
帰りも同じく、ホテルの車で降りたところまで。その後はフロントで予約したタクシーで駅へ。

ガイドブックでは、駅まで歩いていけそうな案内ですが、
リュック背負った若い学生なら可能でしょうが、重いトランク持ってはトンデモナイ!
ガイドブックの書き手はほとんどが若い人なので、要注意。



【MARSEILLE】 Marseille Intercontinenntal

20160613 Marseille Intercontinental 21cm DSC00996

20160613 Marseille Interconti Lobby 21cm DSC01212

20160613 Marseille Intercont Lobby 21cm DSC01229

20160613 Marseille inter lobby 21cm DSC01001

マルセイユ港から300mほどゆるやかに登った丘の上の5★ラクシャリ―ホテル。
宮殿か?と見まごうばかりの立派な建物にびっくり。
中に入ると、一転、超モダンな造りで、カルカソンヌのクラシックさとの落差にまたびっくり。

20160613 Marseille Intercxonti roomn 21cm DSC00987

部屋も近代的なデザイン。設備は申し分なし。
ただし、流行りの「全館禁煙」。

20160613 Marseille Intercont smoking 21cm DSC01002 - コピー

もっともタバコは、2階のオープンテラスでどうぞという趣向。
多少面倒くさいが、テラスがまた気持ちいい。

20160613 Marseiyu intercont 16cm DSC01075

テラス正面に、港とランドマークの教会が見えて、ああ、マルセイユ。

20160613 Marseille Intercont location 21cm DSC01126

港から見たホテル。いかに港から近いかわかるでしょ。
ここもまた立地抜群。港町にはいっぱいレストランがあって、美味い生ガキ食いました。

というわけで、旅行情報が乏しい割には、
ホテルの選択バッチリ。おかげで快適な旅となりました。





















スポンサーサイト

Comments

by ドラ

法子さん
今回は、タイプの違うホテルそれぞれの良さがあってハズレなし。
快適な旅でした。

Comment#5555
  • 2016-06-25(Sat) 00:04:42
  • Mail
  • URL
  • Edit
by 法子

素晴らしいわ~(^o^)
まさに悠久の時を感じさせるホテルばかりだったのね💓
ロビーに素晴らしい絵画がかかってるホテルは私も行ってみたいと思いました(^o^)

Comment#5554
  • 2016-06-24(Fri) 17:18:08
  • Mail
  • URL
  • Edit
Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://drumscotom.blog29.fc2.com/tb.php/3034-19f86c3a