Contents

【シュバルの理想宮の旅PHOTO紀行6】やっぱり起こったハプニング

洪水騒ぎのあったヨーロッパですが、
着いた日からずっと晴れつづき。リオンのホテルも町歩きに最適なロケーション。

念願だったシュバルの理想宮は、笑い話のような事件があったものの、
郊外のペルージュとともに、期待以上の素晴らしい景観。

楽しみのひとつ、食い歩きも2大レストランはじめ胃袋も大満足。

こんなとき、好事魔多し、何かおこるものです。

きのうは、リオンから鉄道乗継いで城塞都市カルカソンヌへ移動日。

まずは

ホテルのクローゼットにジャケット忘れたことを、
駅に向かうタクシーの中で気づき、慌ててUターン!
無事ジャケットピックアップして駅に向かったのですが…
これがハプニングの序章とはつゆしらず…

日本でフランスの公共機関のストが小さな記事になってましたが、
現地のTVでは、ゴミ収拾ストのニュースはあっても、鉄道のストは収まったようでした。

念のためホテルのコンシェルジェに前夜確認してもらったら、オンスケジュール。
ただし、当日、急に変わることもあると。

20160611 Lyon Carcassonne 510 DSC00533


そして、パールデユー駅に着いたら、電工掲示板に予約した便がありません!
リオンから南西部の大学都市モンペリエまでTGVで行き、別の急行に乗り換える予定でした。
インフォメーションで訊ねると、「はい、運行停止してます」と。

「あらま。どうすればいいの?」

前日ペルージュ往復の時のドライバーが英語が通じ、
「もし鉄道ストなら、君にカルカソンスまでたのむかもね。」
運ちゃん、
「喜んでおつれしまっせ!600~700ユーロ(8~9万円)稼げるもの!」
と、なかば本気で、万一の場合はと名刺くれたっけ。

駅の英語が話せる案内人、チャチャっとiPhone検索、
「まずは運行しているマルセイユまで行って、ボルドー行きに乗換えてください」

「席の予約は?」
「とにかく乗ってから、車掌に聞いてください」
「ということは、立ちっぱなしということも?」
「運次第ですね」
「チケットを買い直すの?」
「このチケットでとにかく乗っちやってください」

20160611 Marseille 510 DSC00546


ということで、1時間以上待って、
マルセイユまでたどり着くためにニース行きに乗車。

1等車も満席、でかいトランク持ってるのに坐るどころじゃない。
入口近くはギュウギユウ、中に入って立ってると、
気難しそうなジジイが、ここに立つのはいけませんと文句。

一緒に立っていたフランス人(多分)が
「ストの影響で、こんなことに。お互い様なんだから我慢して」(多分)

そして2時間弱でマルセイユ。
予定では3日後、カルカソンヌからマルセイユに戻ってくるはずだったのに。

1時間ほど構内のカフェで時間つぶして、ボルドー行きに無事乗車。
今度は。混んでいなかったので、1等車の空き座席に、ちゃっかりすわって。

20160611 Mar Carca 510 20160DSC00559

検札の時に調整すればいいやと、車内販売のコーヒー飲みながらくつろいでいると、
途中停車駅からこの席の予約者はいなく、3時間半でカルカソンヌ到着。
20時25分.当初の予定より3時間遅れは上等でしょう!
8時過ぎでもこの明るさ。面食らいます。

201600611 carcassonne station 510 DSC00566


こちらの鉄道は、乗り降りのどちらも改札口がない。
検札もなかったので、まるで違うチケットなのに、結局、着いちゃった!

20160611 ticket 510DSC00548

上はEチケットの実物。 リオンの案内人が教えてくれた便名のメモだけ。
これで通用するんだから、何といいましょうか…

旅にハプニングはつきもの。
いままでにもいろいろ体験してきたドラムスコ。
今回も、むしろ楽しいひとときでした。


20160612 Carcassonne 21cm DSC09837


さて、フランス第2の観光スポット、カルカソンヌ。
(1位は、モンサンミッシェル)

いやあ、素晴らしい!
しかも泊まるホテルも、城塞内の貴族の館。
これまででBest5に確実にはいる、ラクシャリーホテル。

20160611 Hotel de la Cite 510DSC00605


PCの機嫌が悪く、後日に詳しくご紹介することにして、
きょうはここまで。


スポンサーサイト

Comments

by ドラ

Clayさん
私は1等車、ずいぶんラッキーでした。
デカイトランクを椅子替り、しかも2時間弱で、まあ実害なし。

Comment#5551
  • 2016-06-16(Thu) 19:05:38
  • Mail
  • URL
  • Edit
スト by Clay

私がスペインからフランスへの移動鉄道ストライキの時は、貨物車両に!しばらく藁と一緒に床の上に!最後はコンパートメントの席が空いたと移動出来ましたが。

フランスに行く事があったら、行きたい街ですね!
観光地は結局、飽きる!? 引き続き楽しい旅を♬

Comment#5550
  • 2016-06-16(Thu) 13:31:06
  • Mail
  • URL
  • Edit
by どら

QVIXOさん

このホテルは風格があって本当によかった。
レストランも一つ星、朝食の素材のいいこと。
カルカソンヌは、城内に2泊がお勧め。

Comment#5545
  • 2016-06-13(Mon) 00:15:34
  • Mail
  • URL
  • Edit
by qvixo

なるほど、
(もしこの辺に行くことができるとしたら)
ドラさんにガイドを頼みましょう
二三年で、が目標です
いいなぁ!うらやましいなぁ!
オテルの探訪も実に愉快なのでしょうね

Comment#5544
  • 2016-06-12(Sun) 04:38:04
  • Mail
  • URL
  • Edit
Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://drumscotom.blog29.fc2.com/tb.php/3020-4e6f4512