Contents

ほのぼの…IM氏のドイツ歌唱コンサート

IM氏は、私が社会人になった職場の最初の上司。
何とかきょうまでメシを食ってこれたのも、この方の薫陶のおかげ。

互いに歳をとり、切った張ったの第一線から引退し、私はドラムスコ生活を満喫してますが、
IM氏も、日曜画家生活に、新たに加わったドイツ歌唱 (Deutshe Lied)!
その最初の発表会があるというので、かけ参じました。

20160416 今林ドイツリート 21㎝ DSC07410



大先輩は、7番目の登場。
シューマンの「くるみの木」とシューベルトの「菩提樹」の2曲を独唱。

20160416 ドイツリート 今林 21㎝ DSC07641


声量はないものの、ピッチばっちり、思いが伝わります。
初ステージ、やるもんですねえ。

20160416 ドイツリート 今林ソロ 14㎝DSC07634


こんな機会でもなければ、
アマチュアの独唱コンサートを聴くことがなかったのですが…

この日は、30人以上が熱唱。
皆さん多少緊張しつつも、ステージに立つ高揚感、わかるなぁ!


IM氏以外にも、
目が不自由なTさんの「花は咲く」は、
歌詞に込められた想いが切々と伝わり、会場も大感動。

20160416 ドイツリート 14㎝ DSC07722


杖をつきながら登場した老婦人の2曲も
澄んだ声に会場から大きな拍手。


20160416 ドイツリート 21㎝DSC07675


つくづく、唄はテクニックじゃなく、
「こころ」なんだなぁと思ったコンサートでした。



スポンサーサイト

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://drumscotom.blog29.fc2.com/tb.php/2976-947730ad