Contents

ラールエラマニュエールで会食

先日の会合の食事は、珍しく銀座のフレンチ。

20160304 ラールエラマニュエール 0 テーブルセッティング18cm DSC04376

Lart el la Maniere(ラールエラマニュエール)というすぐには覚えられないお店。
レフェルベソンスで修行したシェフの味がベースというだけあって、本格派。
テーブルセッティングのバラの花は、着席すると左上の花器に移す演出。

20160304 ラールエラマニュエール 1 アミュズ 21cm DSC04378

まずは4種のアミュズ。それぞれに趣向がこらしてあって、私は左から2番目が好み。

20160304 ラールエラマニュエール 2 イカスミジュレ キャビアとごぼう 21cm DSC04380

前菜1 モンゴウイカとイカスミジュレにキャビアとごぼうのフリット。
なかなか粋な味です。

20160304 ラールエラマニュエール 3 フォアグラ、ソルティードッグ 21cm DSC04385

前菜2 薄く切ったフォアグラにソルティドッグ風味のソース。
かき混ぜて食うのですが、これまたオツな味。

20160304 ラールエラマニュエール 4 ギアラと卵黄のコンフ 18cm DSC04388

ギアラ(赤センマイと呼ばれる牛の第4胃袋)と卵黄のコンフ。
全部をかき混ぜて食うと、これが美味い。また食ってみたいと印象に残る味。

20160304 ラールエラマニュエール 5 黄ハタ 蕗の薹 21cm DSC04395

魚料理は 軽くあぶった黄ハタ、蕗の薹のソースかけ。いちばん美味かった料理かな ?
ハタの火入れ具合が生のようで歯応えもあり抜群。 フキノトウの風味ともベストマッチ。

20160304 ラールエラマニュエール 6 鳩胸肉 21cm  DSC04401

肉料理は鳩。カモ?と間違えるような分厚い胸肉。
ちょっと獣くささはあるが、焼き具合もよく、風味満点。

20160304 ラールエラマニュエール 7タルトタタン 18cm DSC04406

デザートその1は、タルトタタン(リンゴの焼き菓子)。
上に乗ってるタタンを壊して下のソースと一緒に食う。下のソースとの相性がよく、これもオツな味。

20160304 ラールエラマニュエール 8イチゴづくし 21cm DSC04409

デザートその2 イチゴづくし。おいしいが、こんなものかな?

20160304 ラールエラマニュエール 9 コーヒー 小菓子 18cm DSC04413

コーヒーとアミュズの小菓子。
一皿のヴォリュームはちょっと少な目だが、ここまでくると満腹。
ミシェランの★はとっていないようだが、1★の実力十分の隠れ家風フレンチ。

「Lart et la Maniere ラール エラ マニュエール」
銀座3-4-17 オプティカB1 プランタンの裏あたり
電話 03-3562 7956
スポンサーサイト

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://drumscotom.blog29.fc2.com/tb.php/2954-8d5adcb3