Contents

またまた大ボケかましちゃいました!

きのうは東京駅丸の内北口で
大学の同期生と待ち合わせて、ちょっと遅い新年会のはずでしたが…

20160221 東京駅丸の内北口ホール 16㎝ DSC03931

約束の集合時間になっても、
誰も来ません。

集合場所を間違ったかと、
幹事さんに携帯で電話したら…

「えっ?何言ってるの?
集まりは3月の21日だけど…」

はい、お約束の1か月前に、待ってました
改札口で、ぼけーっと。

20160222 西安2010 12cm


またまた、やっちゃった!

おもえば、

電車に乗っていて、駅の乗り過しは日常茶飯事
それどころか、予定駅の2〜3駅手前で降りて、「ここはどこ?」

若いころから何度も繰り返しているので、
今回も、けっして老人ボケではない! 
自慢にもなりませんが。

自慢?ついでに、


●人生最大のボケ~その1葬儀間違い事件

寿退職した女子社員、子供も生まれて幸せな生活だったのに
癌で亡くなったという気の毒な知らせ。

斎場に駆けつけて、受付を済ませて待っていると、
いつまでも会社の仲間が来ない。ヘンだなあ~。

トイレに行こうと移動すると、3つほど離れた受付に、仲間の見慣れた顔がゾロゾロ。
お仲間たち「先に出たのに遅いですね。どこに行ってたんですか?」
私「えっ?とっくに受付済ませたけど、お前たちこそ、遅かったじゃないか」

受付間違えてました。
他人の葬儀の受付で記帳して香典出して…
あわてて、戻って事情を話して香典返してもらって…

職場の仲間から
「信じられない!」と一斉ブーイング。
「だって、結婚して苗字変わっているし」
「写真もみたけど、病気でずいぶんやつれたんだなあ
しかし、ここまで老け込むとは、かわいそうに…

職場で、ずいぶん長い間あきれられていました。


●その2 結婚式1週間フライング事件

お世話になっていたライブハウスの子息の結婚式。
プロ・アマの音楽仲間が大勢参列するというので、張り切って会場へ。

会場に、3つほどの結婚式の看板。しかし目的の名前がない!
確かめると、
ああ、1週間後ですね」。
担当者は吹き出すのをこらえてます。

1週間後、何食わぬ顔で参列すると、
ライブハウスのマスターとママが、嬉しそうに駆け寄ってきて、
聴いたわよ! 
息子のために2回もご列席いただくなんて、光栄でございます」

あのバカ担当者! わざわざ言いつけることないのに。
まあ、私が一番バカなんですけど…


●その3 サマータイム忘却、
あわや国際線乗り遅れ事件


まだ、国際線のリコンファーム(確認電話)が必須だったむかしの話ですが、
ロスアンゼルスから帰国当日、
ホテルをチェックアウトして、出発まで時間があるので
ロビーでくつろいでいると、

ホテルのボーイが「Mr.Homma、JALから電話です!」
えっ、何事かと電話に出ると、
「本間様、出発の1時間前です、すぐ空港に来てください!」
えええ~~つ
「そうだ、きょうからサマータイムだった」。あわてて空港へ。
タクシーの運ちゃんに、「チップ弾むから超特急で!」。
出発20分前に空港に着くと、スタッフがつきっきりで税関、出国手続き、ゲートまで。

ゲートでは、飛行機のドアが半開き!駆け込むやドアバタン。
近くの座席のお客の冷たい視線! やれやれ。
この時ほど、リコンファーム制度のありがたみを味わったことないです。



●その4 北京空港で帰国便乗り遅れ事件

つい数年前も北京空港で帰国便を待っていて、乗り遅れたっけ。
早目に空港でチェックイン手続きを終え、税関、出国手続きも終え、
搭乗ゲート近くのカフェでコーヒー飲みながら雑誌を読んでいました。

はっと気が付くと、出発時間。
あわてて、ゲートに行くと、係員が「もうドア締めましたので搭乗できません!」
そりゃないよ!乗っけてよと言ってもダメ。

スタッフは、免税店とかいろいろ探しまくったそうで、ドーモスイマセン。
結局、6時間待って午後の最終便で帰国しましたが、追加料金なし。
待ち時間で、空港のマッサージ屋で全身ほぐしてもらって、無地帰国。

まだまだあるけど、書きだしたらキリがないほどの大ボケつづきの人生。
というわけで、

今回の、一か月前のフライング、ど~~ってことはありません。
しかし来月集まったら、お仲間が嬉しそうにアレコレ言ってくるだろうなあ。
























スポンサーサイト

Comments

by どら

Hashimotoさん

ほんとうに、よくここまで無地いきてこられたものです。
ラッキーな人生、実感です。

Comment#5527
  • 2016-02-23(Tue) 09:29:45
  • Mail
  • URL
  • Edit
by Hashimoto

よくぞ、ここまでご無事に。

もっとも、武勇伝を伺っていると、
深刻にまじめに人生を生きていくのが、
ばかばかしくなります。

Comment#5526
  • 2016-02-22(Mon) 13:10:11
  • Mail
  • URL
  • Edit
Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://drumscotom.blog29.fc2.com/tb.php/2930-1aa868e6