Contents

【小樽PHOTO紀行1】 これから雪深い小樽で忘年セッション

20151226 小樽運河 21㎝c4-8103-1


私は北海道の港町 小樽で生まれ育ったのだが、
故郷を離れて半世紀! この頃はめったに帰る機会もなく…

毎年、大学のジャズ研後輩が、地元のジャズクラブFree-Lanceで年末セッションをやっていて、
かつてBeatpapasに所属していた女性軍2人が故郷に戻っているので、
久しぶりに共演できるということで、思い切って出かけることに。

小樽Tr00100420140714154648315

冬の小樽は、何年ぶりだろう?
おそらく30年は超えているなあ。

20151226 小樽 寿司 21㎝P020038436_480

この頃の小樽といえば、寿司。
私がいたころは、確かに美味かったが、知っている店はとっくに代替わり。
政寿司が人気なようだから、今夜はここで。

20151205 雪道滑り止め 21㎝DSC08926

ところで
これ、何かわかりますか?
雪国に出かける必需品。

靴底に引っ掛けて、雪道でスッテンコロリンしないように、滑り止め。
むかしは底に溝の深い滑り止めのついた、地元製 「三馬のゴム長」を履いていたから安心だったが、
こうした滑り止めを付けて歩かないと、必ず転びます。

有名な札幌の雪まつりの何年も前から、小樽の雪まつりが始まっていたんだ。
さあ、久しぶりの小樽の冬を楽しむぞっ!

スポンサーサイト

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://drumscotom.blog29.fc2.com/tb.php/2886-c2e4fc79