Contents

【台南PHOTO紀行7】 面白台湾あれこれ

今回で台湾は何回目だろうか?
よくは覚えていないが、23歳で初めて訪れ、これまで7~8回か。
ここ3~4年は中国本土があんな感じなので、毎年のように台湾へ。

急激に経済成長し民度はかなり高いが、まだまだのんびりおっとりした風土で、
大陸と違って、反日感情はなく日本好きの人が多いので、心地よく滞在できる。

今回の食べ歩きの途中で目についた面白風景を、少しだけご紹介しましょう。

【スーパー爪楊枝】

20151119 スーパーつまようじ 21㎝DSC07930

プラスチックの爪楊枝。よくみると、一方はクリスマスツリーのようにひげがあって、ほじりやすい。
一方の先には溝が刻んであって、これまたほじりやすい優れもの!
柔らかいので歯茎を傷める心配もない。 歯医者さんも推奨しているとか。

20151119 つまようじ 21㎝DSC08646

60本入り携帯用ケース。たしか60円。

20151119 つまようじ 12㎝ DSC08644

200本入り、家庭用。たしか100円。
年齢をとると、歯茎がすいてくるので、これは重宝します。



【シラミの目の魚】

20151119 サバヒー看板 18cmDSC08011

街のあちこちに目のつく、「虱目魚」。
サバヒーと発音し、今が旬の川魚。小骨が多いが、さっぱりした味で、こちらの人たちの大好物。
しかし、「シラミの目」とはねえ。

20151119 サバヒー 21㎝DSC08015

20151119 サバヒー 18㎝DSC07995

こちらの名物料理サバヒー団子のスープ、飲んでみました。一杯240円。
さっぱりした後味、つるっとした衣からサバヒー肉団子が…
阿鳳は地元の人気店、びっくりするような美味じゃないですが、上品な味でした。

20151117 サバヒースープ 21㎝DSC07997



【勝負歴然】

20151117 勝ち負けはっきり 21㎝DSC08001

台南中心に、台中、台北と回ったわけですが、どこの街にも、大衆的なお店がずらり。
台南のある通りの隣り合った2つのお店。お客の入りがまるで対照的。
左の店は行列。右の店は客一人もいなく閑古鳥… 右の店の経営者、胃が痛くなるねえ。



【うんこ焼き】

台南の花園夜市をぶらぶらしていて、「うんこ」の看板!

20151118 ウンコ饅頭 12㎝DSC07985

20151118 ウンコ焼き 12㎝DSC07987

「日式製作」って、何でも日本式にしちゃっても、「うんこ」はないでしょう。
「便々焼」の人気はいまひとつ。当たり前ですよ。



【台湾製品の日本語表示】

20151119 品質保証 12㎝DSC08105

日本語で高品質のイメージ造成。街角のいたるところで目に入ってくる日本語。
特に中国語で「的」は、ひらがなの「の」に置き換えられ、普通に通用しています。
自販機の台湾産のミネラルウオーターも、「おいしい水」とプリント。

20151120台湾三越DSC08179

街角の衣料品店は、「三越」。

台北には三越が進出してますが、よく文句を言わないねえ。



【コンビニの関東煮】

20151118 コンビニおでん 21㎝ DSC07916

20151118 コンビニおでん 21㎝DSC07917

台南、台中、台北、いたるところでセブンイレブンが目につきますが、
店頭には決まって、おでん。一つ39円から70円。かなりの人気なんだとか。
具材を観ると、台湾色がくっきり。



【ペットショップと花屋】

その国の成熟度というか民度を直感的に知ることができるのは、
街中の花やさんとペットショップの様子。

家の中を買ってきたお花で飾る余裕、血統書付きの犬を飼う余裕、
一人当たりGDPが1万ドルを超えると、衣食住プラスの余裕がようやく生まれてくるようで、
台湾は22千ドル。
(ちなみに日本は36千ドル、韓国28千ドル、アジア一番はシンガポール56千ドル、中国8千ドル弱 2014年)

20151120 台北花屋 21㎝DSC08605

台北の朝市を覗くと花屋さんが数軒。街中にもきれいな花屋さんが。

20151120 ペットショップ 19㎝DSC08034

ペットショップもそう多くはありませんが数軒。
この店では、ウエストランドホワイトテリアはじめ数匹の子犬。売れなきゃ仕入れない。
街の中心部では、輸入犬を散歩させている姿が目に入ります。

同じ中国人でも、一人当たりでみれば大陸の3倍近く金持ち。
中国GDPが世界第二位といっても人口多いからねえ。
しかも、かなりの部分は共産党員に偏在しているし。
大陸に飲み込まれたら、どうなっちゃうんだろう?


【離婚推奨?】

20151119 離婚看板 14㎝ DSC08246

離婚訴訟500元(2000円)の看板。浮気調査の看板より目立つ。
案外せっかちなのかなあ?


まあ、取るに足らないどうでもいいことばかりですが、
好奇心丸出しのドラムスコには、街角ウオッチは下手な観光地よりおもしろいんです。












スポンサーサイト

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://drumscotom.blog29.fc2.com/tb.php/2870-a8c38db6