Contents

ロオジェの優雅なランチ

フレンチの老舗 L’osier(ロオジェ)が新装なったというので、
またまた仕事の打ち合わせをかねて、ランチに行ってみました。

前に行ったのが10数年前、新装店はさらに優雅に豪華になっていました。

20150622 ロオジェmainvisual

東京のフレンチとしては、ロブションも豪華ですが、ここも負けてません。

20150622ろおじぇ店内mainvisual

店内は撮影禁止。
とはいえ、料理の写真は、ボーイさんにカメラを預けると
別室で撮っておいてくれます。

でわでわ、当日のお料理を。



20150622 Losier 1 アミュズ 21㎝12090000

まずはアミュズ。盛り付けがきれいで粋。
具材がなんだったかは忘れましたが、みんな印象的な美味。

20150622 Losier 2  12110000

これも具材は忘れましたが、実にうまかった。
泡の中から複雑な味。ソースがマイルドで、バランス絶妙。
盛り付けもきれい。

20150622 Losier 3 12220000

フォアグラのコンフィ。
ダークチェリーのチャツネ、リュバーブのジャムと一緒にパンに乗っけて… うまい!

20150622 Losier 4 12470000

魚料理はイサキ。これまた楽しい盛り付け。
イサキの上に貝を乗っけて、ソースがまた絶妙。うまい旨いの連発。
どの料理も、盛り付けの彩がきれなこと。とくにこの料理は見て楽し、食って楽し。


20150622 Losier 5 13100000

ブルターニュの子牛。肉の風味を活かす火入れ絶妙。
緑の葉っぱの下にはジャガイモ。オゼイユのピューレ。見て楽し、食って楽し。


20150622 Losier 613230000

デザートの前の口休め。 なんのシャーベットだったか?


20150622 Losier 8 13340001

デザートは、パッションフルーツのジュレ、トロピカルフルーツムース、グアバのソルベ。
夏をイメージしたトロピカルなお好みの味で大満足。

20150622 Losier 7 13340000

コーヒーのお供の小菓子。これだけじゃありません。
さらにワゴンにきれいに並んだ十数種類からチョイスも(写真なし)。
このスイーツ攻めは、女性にはたまらないでしょうね。

20150622 Losier 玄関12㎝11440000

高級フレンチを堪能できるお店。銀座資生堂ビル1F。
ミシェランで、かつては3★、現在2★。3★でもいいような満足度でした。
ちょっと高いですが、記念日とかお祝いには、お勧めできるお店です。

スポンサーサイト

Comments

by dora

<Hashimotoさん

縁がないなんておっしゃらずに。
特別の日のごちそうとしてお勧めします。

2回を1回にすればいいんですから。
それだけの価値はあると思います。

Comment#5450
  • 2015-07-10(Fri) 09:56:11
  • Mail
  • URL
  • Edit
by Hashimoto

豪華すぎ!
ちょっとご縁がなさそうですなあ。

Comment#5449
  • 2015-07-09(Thu) 16:17:52
  • Mail
  • URL
  • Edit
by dora

<quvixoさん

またやってます。
酒飲まないので、日本料理は少な目。

ロオジェは改装して2年目かな?
そうそういける店じゃないのでねえ。

前よりおしゃれで豪華になってますよ。

Comment#5448
  • 2015-07-09(Thu) 12:54:19
  • Mail
  • URL
  • Edit
by qvixo

またまたやってますね
それにしても和食よりフレンチが多い
メンバーがなかなかの洒落者なのでしょう
ロオジェも改装してもう数年は立っているのでは
イサキもそう高い食材ではありませんが、時期の魚、結構です

Comment#5447
  • 2015-07-09(Thu) 11:30:52
  • Mail
  • URL
  • Edit
Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://drumscotom.blog29.fc2.com/tb.php/2725-a6eb1151