Contents

【ペルーPHOTO紀行10】 ちょっとエッチな収録品

無事にきのう帰国しました。
最終日は、リマからロスアンジェルスまで9時間、乗り継ぎ待ち5時間、さらにロスから12時間。
遠いですねえ。しかし楽しい旅でした。

恒例の、「旨いものベスト」は、膨大な写真の整理があるので後日に回し、
今回は、リマで訪れた面白博物館のお話。

20150602 Larco musium 21cm DSC06023

Museo Rafafael Larco Herrwraという個人のコレクションを展示した博物館に立ち寄りました。
陶器中心に、2000年前からのプレインカ時代の出土品を集め、なかなかの見ごたえ。

20150602 12cm DSC05896

20150602 12cm DSC05963

20150602 15cm DSC05911


20150602 14cm DSC05902

20150602 14cm DSC05914

20150602 12cm DSC05987

20150602 14cm DSC05948

20150602 14cm DSC05966

20150602 14cm DSC05977

20150602 14cm DSC05985

インカ時代より前の、さまざまな文化が生みだしたもの。
主に墓の埋葬品だそうで、生命力にあふれたおおらかな造形、私は大好きです!

感心しながら回っていると、この博物館の名物コレクションが
別の階に展示されているというので…

ここから先は、追記をどうぞ。




20150602 14cm DSC06029

ん? 何じゃあ?

20150602 14cm DSC06043

20150602 ero 14cm DSC06036

20150602 ero 14cm DSC06053

20150602 ero 14cm DSC06040

20150602 ero 14cm DSC06055

20150602 ero 14cm DSC06033

説明不要。おおらかなH人形がずらり並んでいます。
すべてオリジナルだそうで、縄文時代の土偶にもこんなのがあったっけ。
古今東西、性の営みは生の営み。

こういうバイタリティあふれる表現も、大好きです。
思わぬ拾いものをした気になる博物館でした。
スポンサーサイト

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://drumscotom.blog29.fc2.com/tb.php/2722-39ddd18b