Contents

愉快な漂流を楽しむ マグリット展

新国立美術館で開催中のルネ・マグリット展に行ってきました。
日本での回顧展は13年ぶり。

以下は、マグリット研究者や評論家から怒られそうですが、
私の勝手な感想です。念のため。

恋人たち 1928 21cm
「恋人たち」 1928年

シュールの旗手キリコの絵に感銘を受けて、シュルレアリスムに傾倒したマグリット。
いかにもキリコ的な表現ですが、
商業デザイナーとしての遊び心を感じるのは私だけでしょうか?
マグリットの人を食ったようなシュール表現には、
思わずクスッと笑うような温かみがあります。

凌辱 1934 17cm  
「凌辱」 1934年

これも初期の代表作。 顔が身体? 現実にはあり得ない世界。
しかし、なんだかわかりやすいシュール。

 美しい虜 1931 21cm
「美しい虜」 1931年

これもわかりやすいシュール。一種のだまし絵ですが、
現実と空想を行ったり来たり…後年のマグリットをほ彷彿とさせる作品。

創造 21㎝
「透視」 1936年

卵を観ながら、鳩を描くマグリット。
画面を精緻に描けば描くほど、シュールさが際立ってくるような。
真面目な目つきの画家の顔、笑います。

野の鍵 1936 17cm
「野の鍵」 1936年

割れたガラスの破片に、窓越しの景色が見えるあり得ない世界。
しかし、なぜか詩情を感じさせる作品。

不思議の国のアリス 1946 17cm  
「不思議の国のアリス」 1946年

すでに世に知られるようになっても、商業デザイナーで生活していた頃の作品。
第二次世界大戦の暗い世相に反し、「ルノアール時代」と呼ばれる、鮮やかな色彩が、
かえって、作家の心情をうかがわせます。

光の帝国Ⅱ 1950 21cm
「光の帝国」versionⅡ 1950年

50代になったマグリットは、かつてに戻って、
現実世界の不条理をわかりやすい表現で描くようになります。
この光の帝国も、詩情あふれる回帰後の代表作のひとつ。
手前は夜の世界、空は昼の世界が調和して、ありえないのにありえるように描く、
まさにマグリットワールド。
私は、今回は出展されてませんが、同じモチーフの下の作品のほうが好きですが。

光の帝国Ⅰ
「光の帝国」 versionⅠ


ゴルコンダ 1953 21cm
「ゴルコンダ」 1953年

1950年ころから、マグリットの描く不条理の世界の評価がさらに高まり、
ベルギーの代表的な画家としての名声を確立します。
トレードマークの山高帽の男性が浮遊するこの絵も、世界的に人気があるようですが
いささか、デザイン的でアートポスターのよう。

傑作もしくは地平線の神秘 1955 21cm
「地平線の神秘」1955年

20150513 記念日 1959
「記念日」1959年

この作品、好きです。

ガラスの鍵 20cm
「ガラスの鍵」 1966年

現実の感覚 1963 宮崎県立美術館 14cm
「現実の感覚」 1963年

この時期、巨大な岩シリーズを何枚も描いてますが、
この絵の浮遊感が好きです。これが日本(宮崎県立美術館所蔵)にあるというのもう嬉しい。



白紙委任状 1965 20cm
「白紙委任状」 1965年

ありえない世界を描くマグリットの晩年の代表作のひとつ。
微妙な画面のずれが、観る人に独特の漂流感をさそってきます。

空の鳥1966 18cm
「空の鳥」 1966年

これも代表作。シュールレアリスムと商業デザインの着想力が結集され、
何とも言えない心の解放感。(こう感じるのはわたしだけかな?)

キリコの画が訴えてくる孤独感や不安感とも違って、
どこかノホホンとした漂流感こそマグリットの魅力。
現実と幻想を行ったり来たり、そこになぜか暖かい詩情を感じさせます。
アンリ・ルッソーとも共通する、人生賛歌が底に流れているからでしょうか?

「愉快な漂流」を楽しむ全130点。タップリ見ごたえあって、おすすめです。

同展の会期は6月29日(月)まで
休館日 毎週火曜 ただし5月5日(火)、5月26日(火)は開館
開館時間 10:00~18:00
金曜日、5月23日(土)、24日(日)、30日(土)、31日(日)は20:00まで
スポンサーサイト

Comments

by dora

<qvixoさん

いまあちこちで美術展やってますが、
質・量ともに、一番充実しているかも。

もっとも、シュール好きじゃないと、
ゲップが出るかも。
それくらい全世界から集めた本格回顧展。

Comment#5413
  • 2015-05-16(Sat) 07:48:28
  • Mail
  • URL
  • Edit
by qvixo

アタシも先日行ってきました
圧倒される点数でしたね
ルノアールの手法がシュルレありスティック
おもしろいですねぇ!

Comment#5411
  • 2015-05-15(Fri) 18:59:38
  • Mail
  • URL
  • Edit
Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://drumscotom.blog29.fc2.com/tb.php/2692-0c8cba04