Contents

【長野~富山PHOTO紀行3】 善光寺「前立本尊」御開帳の巻

旅先でのネット事情が悪く、現地レポートを断念。
きょうから、善光寺~アルペンルートPHOTO紀行スタート。

まずは「善光寺の巻」。

「一生に一度は善光寺詣で」と言われる信州善光寺。
今年は、7年に一度の「前立本尊」御開帳。
ということで、大学同期の仲間14人で出かけました。

20150425 善光寺 21㎝DSC01800

20150425 善光寺 21㎝ DSC01791

654年建立の古いお寺。1707年に再建された本堂は国宝だそうです。

ところで「牛にひかれて善光寺」のいわれは、
農家のおばさんが、洗った腰ひもを干そうとして、近くにいた牛の角にひっかかって、
あわてて追いかけたら、60km先の善光寺に来ていたという実話だそうですよ。


善光寺 前立本尊 13㎝

秘仏「前立本尊」(中央が阿弥陀様、左が観音様。(撮影禁止なのでネットから拝借)。

654年に収められた秘仏「阿弥陀三尊」は永久に非公開のため、
鎌倉時代に、そっくりコピーしたのが「前立本尊」。

なぜ「前立ーまえだち」かといえば、
永久未公開の本尊の前に立っているから「前立ーまえだち」だそうで、
前立腺がんを患った、ドラムスコ
もしも「前に」ではなく「前が」なら大変!などと、思わず不遜なことを考えてしまいましたが…

20150425 善光寺 回向柱 13㎝DSC01797

真ん中の阿弥陀如来様の右手に金の紐が結ばれ、それが本堂からの白い縄につながり、
回向柱に結ばれ、参拝客は、回向柱を両手でなでると、
阿弥陀本尊に直接願い事ができる、御開帳のときだけのありがたい仕掛け。

そして25日は、御開帳のハイライト、「中日庭儀大法要」が、午前10時から行われました。
晴天の土曜日とあって、ものすごい人出で、参道はひと、人、人…
人ごみが大好きなドラムスコ、一層わくわくします。

20150425 善光寺 稚児行列 21㎝DSC01839

20150425 善光寺 稚児行列 13㎝DSC01860

まずは稚児さんの行列。

20150425 善光寺 法要行列 21㎝DSC01937

20150425 善光寺 行列 21㎝DSC02033

天台宗正装のお坊さんが赤い傘にさされて、行列がつづきます。

20150425 善光寺法要行列 13㎝DSC02025

20150425 全工事行列 21㎝DSC02055

20150425 善光寺 行列 稚児さん 13㎝DSC02089

回向柱で法要の後、本堂に入り大法要が営まれるまという運びです。
当日は、無風の晴天、おだやかな天気で、気持ちなごむひと時でした。

20150425 善光寺 大法要 14cm  pic_gokaicho_01

大法要の行列を上から眺めると、こんな感じ。(ネットから拝借した写真です)
ちなみに、浄土宗の大法要が、5月9日に行われるそうです。

20150425 善光寺 ライトアップ 21㎝DSC02338

御開帳の期間は、21時まで本堂がライトアップされ、仲間と夜も出かけなおしました、。
さすがに、大法要の時とは人出が違い、回向柱にタップリお願い。

20150426 善光寺 お朝行 21㎝DSC02399

宿坊に泊まって、26日翌朝なんと3時起床!
5時からのお朝事(あさじ)という、本堂で行われる行事に参加。
夜には閉められるご本尊の扉が、再び開かれる瞬間に立ち会って、なんだかうれしくなりました。

本堂の外には、かんずさんの数珠で頭をなでられご利益をもらおうと、すでに大勢の行列。
我々も、本堂のご本尊の前でお参りし、かんずさんの数珠で神妙に頭をなでてもらいましたが、
果たしてご利益は?


善光寺の宿坊に泊まったので、食事は精進料理。
ご興味のある方は、別記をどうぞ…

  大法要が10時スタートのため、前夜泊。
前泊した仲間と門前のお店「彌生座」で食べた「山のせいろ蒸し」。

20150424 弥生座 21㎝DSC01764

信州牛、地元の野菜などを蒸していただく趣向。今回の旅でいちばん美味しかったなあ。


20150425 善光寺宿坊 夜 21㎝DSC02215

宿坊「淵の坊」の夕食。写真には写っていませんが、ほかにも棒葉焼きや数品。
精進料理としては、味がしっかりしていて、意外に食べやすかった。

20150426 善光寺 宿坊朝食 21㎝DSC02404

朝食の精進料理。まあまあのお味でした。

スポンサーサイト

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://drumscotom.blog29.fc2.com/tb.php/2686-61096623