Contents

ハプニング続出の高校クラス会

きのうは高校の在京クラス会。

私は北海道小樽市の千秋高校卒業生だが、
この高校はちょっと変わった歴史を持っていて、

当時の工業高校、商業高校制度を廃止して、
普通科を新たに設けてすべてを総合高校とし、
学区制を敷き、区内の学生は特定の高校進学を指定された時代の生徒だ。

千秋高校は、もとは工業高校で、進学コースの普通科は3クラスのみ。
たしか普通科が新設されて3年目の入学だった。

新設間もないために、伝統のある工業科からは浮いた存在で、
それだけに、普通科同級生の結びつきがいっそう強かった。
2年生の時にクラス替えがあって、3クラスのミックスが進み、
「3クラスのほとんどが同級生」のような意識が強まったように思う。
だから、何かと理由を付けて、関東在住の仲間が集まる。

きのうは、メンバー2人の快気祝いが名目。
集まったのは10人のコキ・ジジイたち。

20150306 千秋高校 21㎝DSC08495

半世紀、50年以上の付き合いだから、互いに「オウオウ」。しばしのご歓談。
しかし快気祝いを理由に集まったから、
病気の話の多いこと!

I君は、私と同じ前立腺がん。「お前はごく初期。俺は中期!」と変な自慢。
T君は、ウズベキスタンに赴任前に、道路でころんで頭を骨折、海外どころじゃなく入院。
すると、H君、
「食道がんと肺がんが治ったら、去年秋から重度の肺炎にかかり、ようやく酒が飲めるようになった」
さらにM君、「足の爪がはがれる奇病で歩行が難しい」。

宴が進むと、具合悪くなって吐いたり寝たり…
海外駐在が長かったメンバーが5人、現役の会長さん…
たった3クラスしかなかった割には、みなさん一流大学を出て活躍していたのに、
見かけは若そうでも、ああ、このていたらく。

病気の話から、いつしか「誰が一番もてたか」…
ジイサンたちの楽しくもとりとめもない話が4時間も続いたのでした。
「ワハハ、アハハ」、次は、4月の花見でと、楽しく解散。

歳をとるのも、悪くないものです。

ちなみに、お暇な方は、当夜のお料理の写真を。
料理の写真を撮るのがくせになってしまっていますねえ。

DSC08466.jpg

DSC08468.jpg

DSC08469.jpg

DSC08472.jpg

DSC08473.jpg

DSC08474.jpg

これに飲み放題で6500円。
この頃の高級居酒屋、バカにできませんねえ。









スポンサーサイト

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://drumscotom.blog29.fc2.com/tb.php/2643-fcb1ad9f