Contents

「ヨルタモリ」が面白い!

21M5d2GCcAALcgn.jpg

いま「ヨルタモリ」にハマってます。
フジテレビ系列で、日曜23時15分という半端な時間から始まる30分番組。

21WJCQAA6HoW.jpg
湯島にある、宮沢りえがママのバー「WHITE RAINBOW」を舞台に、
タモリが、大阪の阪口工務店社長、岩手県・一関市のジャズ喫茶マスター吉原などに扮して、
ゲスト客と、とりとめのない話をするバライティ。

夜のタモリは、面目躍如!
雛段芸人のマンネリコメントや幼稚な女性タレントにヘキヘキしている向きには、
同じオバカトークでも、肩の力の抜けたウンチクに、なんとなくにんまりさせられる。

途中で挟むパロディヴィデオにも大笑い。

19YugE6CAAAYHDz.jpg

私が好きなのは、トークの間に挟まるパロディ番組。
なかでも、独特のイントネーションで語る
日本古典文学講座国文学者・李澤京平(すももざわ・きょうへい)の百人一首パロディ。
わざと、何を言っているのか聞き取れないようなエンディングには、いつも笑わされてしまう。

21rCQAAXG8Q.jpg

「世界音楽紀行」も笑える。
ラップ、インド音楽、フラメンコなどを、いかにも「らしく」歌うのですが、
バックがプロミュージシャンだけに、宴会芸がさえる。

21lCYAA4U1E.jpg

サルサの巻では、バックにオルケスタデラルスが登場、ノラさんはさすがにこらえきれずに吹いていましたが
寺内茂さんの後に加入した佐久間さんは、真面目にペットを吹いていて、かえって笑わせてくれました。

21wCQAAKh8S.jpg

「世界の車窓から」のパロディ「日本の車窓から」も笑える。
地下鉄の車窓、駅を出発すると、真っ暗で何も見えない
それを次の駅まで。「う、うそでしょう!」というバカバカしさ。

21M89XECUAEQe0b (2)

提供会社のCMのパロディまで流されるのだから、おふざけが徹底している。
「笑っていいとも」のタモリは、どうでもよかったのだが、ヨルタモリは、面白い

笑う門には福来る
下記のサイトで過去の番組が観られます。
http://varadoga.blog136.fc2.com/blog-category-774.html
スポンサーサイト

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://drumscotom.blog29.fc2.com/tb.php/2621-b0af7518