Contents

エディション・コウジ・シモムラの小粋なランチ

「フレンチで美味い店があるよ」と紹介され、近くに出かけたついでにランチを食ってみました。

本格的なフレンチのお店。ミシェランで2☆だそうで、知らなかったなあ。
今回は、初めてのお客だけ頼めるという、シェフおすすめコースをいただきました。


まずはテーブルの上に乗ったグラスに水が注がれると、
ムクムクと大きくなってウエットティッシュに! ちょうとしたいたずら的サービス。

20140617 Edition osibori 13㎝DSC00973


アミュズは、ドライトマトがびっくりの味。
ほうじ茶のような香ばしさで、何これ美味いじゃないの?

20140617 Edition 1 アミュズ  20㎝DSC00977

最初の料理は牡蠣の冷製。
今の時期だと、大味な岩牡蠣とおもいきや、風味たっぷりの真牡蠣じゃないですか。
海水のジュレや岩ノリと一緒に食うと、ああ、磯の清風がソヨソヨ。これ、美味かった!

20140617 Edition 1 牡蠣の冷製 海水と未完のジュレ 岩ノリ 22㎝DSC00982



つづいてフォアグラのソテー。グリンピースのパンケーキ添え。
焼き具合が絶妙で、口に入れると舌の上でホンワリとろけて、う、美味い!
パンケーキのお味は??  いまどき流行ってますからねえ。

20140617 Edition 2 フォアグラソテーとグリンピースのパンケーキ 22㎝DSC00987


魚料理は、マト鯛のフリット。ブロッコリーのクーリとレモンのコンフィチュール。
下村シェフの得意料理のひとつだそうで、カダイフという細いコロモのサクサク感が尋常じゃありません。
コロモの繊細な歯触りと魚のムチっとした食感がたまらない一皿。

20140617 Edition 3カダイフでくるんだマト鯛のフリッと 22㎝DSC00992


肉料理は、イベリコ豚ベジョータ、ブルマのロースト。
このお肉がまた普通じゃない。まるで牛ヘレ肉のような味わいで、しかしあくまでも豚。
歯ごたえもあって、風味のある上等の赤身。こんな豚肉初めて食いました。

20140617 Edition 4 イベリコ豚ベジョータ ロースト 22㎝DSC00995


デザートは、ココナツシャーベット、ライチのソース。
ココナツくささは抑え目で、ライチの強い香りが印象的。

20140617 Edition 5 ココナツシャーベット、ライムのソース 20㎝DSC00999



さらに「カカオヴァリエーション」、カカオガナッシュ、カカオのシャーベット、そしてカカオの水。
カカオの水↓はいまいちでしたが、カカオのシャーベットが舌でさっと溶けて魅力的な味でした。

20140617 Edition 6カカオの水 12㎝DSC01020

20140617 Edition 6カカオヴァリエーション がナッシュ、カカオのシャーベット 20㎝ DSC01019


フレンチの粋な味わいたっぷり。なるほど2☆の味ですねえ。
ただお店の内装は、天井が高く広いスペースに28席、ガランとして冷たい感じが、ちょっと残念。
もっとも夜は照明でシックな感じになるのかなあ。 豪華なお花が活けてあったらもっと柔らかくなるのでは?


【Edition Koji  Shimomura】


20140617 Edition 入口 12cmDSC00970

港区六本木3-1-1 六本木ティーキューブ1F TEL03-5549-4562
スポンサーサイト

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://drumscotom.blog29.fc2.com/tb.php/2402-4784b533