Contents

【ボルネオPHOTO紀行1】 キナバル山とラフレシア

ボルネオ写真紀行を現地からレポートするつもりでしたが、
FC2のネット接続がうまくいかず、ブログ書き込みが遅れてしまいました。

20140420 キナバル山 25cm DSC06385

今回はその1。
まずは標高4095mの世界遺産キナバル山。
コタキナバルからバスで3時間、ギザギザして特徴のある山です。

20140420 キナバル山 DSC06392

頂上の白く光っているのは雪じゃなくて花崗岩が光っているそう。
南国だけに、寒くなっても頂上に雪が降ることはないそうです。


つづきましては、
ボルネオの花と言えばラフレシア。↓は自生のラフレシアが咲いたところ。
世界最大の花だそうですが、気持ち悪い!

20140420 ラフレシア 25cmDSC06543

3日もすると腐ったようになって↓

20140420 ラフレシア 3日後 18㎝DSC06546

4日もするとミイラお化け↓

20140420 ラフレシア4日後 18㎝ DSC06554

つぼみも恐竜の卵のようです!

20140420 ラフレシア つぼみ 18cmDSC06544

キナバル山は国立公園になっていて、けっこうきれいに整備され、
公園内には温泉施設がありました。

20140420」 キナバル 温泉25cmDSC06512

マレーシアは圧倒的にイスラム教徒が多く、
おもしろいのは、イスラム教徒の女性は水着になれずに服を着たまま温泉に。

20140420 キナバル 温泉 18cmDSC06511

温泉の奥には、
地上40mのつり橋などがあって、楽しめました!

20140420 つり橋 25㎝DSC06519

写真では高さがわかりませんが、このつり橋の奥にまた3つのつり橋があって
けっこうスリリング。

20140420 キナバル公園つり橋 20cmDSC06523

ドラムスコは高所恐怖症なのですが、回りの景色に騙されて
よゆうで踏破!

スポンサーサイト

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://drumscotom.blog29.fc2.com/tb.php/2355-312429e4