Contents

あのカンテサンスでランチ

昨年から取材していた新刊の発刊をお祝いして、
白金台のカンテンサスで、関係者を慰労するランチ会。

20130614カンテンサス_interior 13cm

ここは予約が取れないことで有名なミシェラン3星フレンチ。
まずもって電話がつながりません。過去にもトライしたのですが、何度もアウト。
「もし予約が取れたら、カンテンサスおごるぞっ!」の一声で、
招待したスタッフの一人が電話をかけつづけ、100回近くかけようやく予約が取れたとか。
執念ですネエ。

しかも今回は個室が取れて、料理の写真もOK。
(一般席は、他のお客の迷惑になるからと、写真撮影禁止だそう)


さて、当日のメニューは…

20130614 1 175mm DSC08818
アーモンドの冷製スープ。
焼き茄子とオマールエビが入った、オツでやさしい味。

20130614 32 175mm DSC08822
つづいて、ヤギ乳のババロア。
百合根とナッツがトッピングされ、選び抜いた岩塩とオリーブ油が主役だそう。
ヤギの癖がまるでなく、これまたやさしい味。

20130614 3 195mm DSC08823
マッシュルームのケーキサレ。
ほわほわのパンケーキの上に、マッシュルームなどの具材がのっかった一皿。
キノコの焼き具合が絶妙で、コリッ、サクっとした歯触りのよいこと。

20130614 4 fish 194mmDSC08826
魚料理は、オーシャントラウト。
ここのウリは、「素材」「火の入れ方」「味付け」だそうで、
皮の炙り具合と、身の火の入れ具合はさすが。
味付けはおとなしめ。素材の良さを味わってほしいということでしょうか。

20130614 5 meat 173mm DSC08830
芋豚のロースト。
定番の一皿だそうで、なんと3時間かけて何度も焼き入れる自慢の一皿。
なるほど絶妙の焼き具合、風味抜群、ボリュームもあって大満足!
脂身の、適度に脂分が抜けた何とも言えない豊饒な味、わすれられませんねえ。

20130614 6 18cm DSC08832
デザート1は、ココナッツクリームでくるんだパイナップルのタルト。
なんともトロピカルな味わい。

20130614 7 DSC08836
デザート2は、メレンゲのアイス。
これまた定番デザートだそうで、メレンゲの香ばしさにうなります。

全般に、奇をてらわず、素材の良さを生かしたやさしい落ち着いた味。
これで8920円。税サ込1万円前後だから、三ツ星のランチとしてはリーズナブルでしょう。
予約がもっと取りやすかったら、何度もリピートしたいお店です。
もっとも、調理の新鮮な驚きとか盛り付けのアイデアでは、ナリサワのほうが好みかな?

【Quintessence】
港区白金台5-4-7 
電話03-5791-3715(2か月前から受付。とにかく、つながりにくい)

スポンサーサイト

Comments

by dora

<きほさん
コストの関係ですかねえ。
でも火加減が絶妙でうまかったですよ。

<JUNさん
予約していただければ。
でもねえ、こっちの都合と向こうの空き具合がなかなかあわないのです。
改めての日程調整が面倒でねえ。

Comment#4865
  • 2013-06-23(Sun) 11:11:17
  • Mail
  • URL
  • Edit
by JUN

私も100回電話します!

Comment#4864
  • 2013-06-21(Fri) 19:30:22
  • Mail
  • URL
  • Edit
by きほ

毎度、結構な生活ですね
カンテサンス、憧れです
が、シートラウトでがすか?
これだけが喰いたくない
今、天然の鮭がハイシーズンなのにーーー

Comment#4863
  • 2013-06-21(Fri) 18:56:26
  • Mail
  • URL
  • Edit
Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://drumscotom.blog29.fc2.com/tb.php/2102-6da70c82