Contents

【こころの薬65】 「やってみせ」に続くことば

部下を持つ上司の心得として、山本五十六の、

山本五十六

「やってみせ 言って聞かせて 
させてみて ほめてやらねば 
人は動かず」


は、よく知られています。
しかし次のような言葉が、その後に続くことは、意外に知られていないようです。
五十六は、さらに続けてこう言っています。

「話し合い 耳を傾け、
承認し 任せてやらねば 
人は育たず」。


「やっている 姿を感謝で見守って、
信頼せねば 人は実らず」。


終わりの一行、「人は実らず」は、実に深いことばではないでしょうか。
部下が仕事をしている姿を感謝の気持ちで見守るというレベルになかなか到達できません。
「あの野郎、こんなヘマしやがって」と、
信頼とは程遠いレベルになっているものです。
まして感謝の心境…
現役を離れてみると、いかにヤバイ上司だったか、
反省しても遅いのですが。

スポンサーサイト

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://drumscotom.blog29.fc2.com/tb.php/1920-b0596a9c