Contents

【海外トンデモ体験】独立したてのハビーハンコック

マイルスデイビスのグループを離れ
自己のコンボを組んで、「Water Melonmann」を大ヒットさせた頃、

ニューヨークの小さなジャズクラブで、
ハビーハンコック3管編成バンドを聴いたことがあります。

Herbie Hancock 16cm

TPはフレディ・ハバード、TBがカーティス・フラー、TSは誰だったか忘れました、
ベースはサム・ジョーンズ、ドラムがビリー・ヒギンズだったと思います。

席が最前列だったので、カーティスフラーのボントロの先が目の前を行ったり来たり、
当時最も勢いのあるグループの白熱の演奏を目の前で味わうことができ、
その後何度も日本でハビーハンコックのライブに行きましたが、
このときの演奏も強烈な印象でした。
スポンサーサイト

Comments

by どら

<キホさん
う~んとむかしの自慢話。
それだけ歳とったということだね。

そういや、キホさん主宰のセッションで
あのチンさんと一緒に演奏できたのも
楽しい思い出です。

Comment#4703
  • 2012-12-03(Mon) 09:13:27
  • Mail
  • URL
  • Edit
by キホ

スゲーナ!自慢話です。十分に自慢してください。
アタシ、昨日六本木アルフィーでチンさん、増尾さんのデュオでした。
楽しい話が沢山有って愉快愉快。

Comment#4702
  • 2012-12-02(Sun) 19:54:03
  • Mail
  • URL
  • Edit
Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://drumscotom.blog29.fc2.com/tb.php/1848-cc26a3a0