Contents

ほんとうに美味いよ!再びフレンチの名店ナリサワへ

前回、感動の美味さだったナリサワでランチ。

料理のテーマは、変わらず「森とともに生きる」。
夏メニューになっていて…

20120702 1アミュズ 玉葱の葱炭包み揚げ 18cmDSC00315
アミュズは、前回とおなじ「玉葱の包み揚げ」。
衣に、長ねぎを低温で炭化させた炭粉が練り込んであり、
なんともいえない風味が玉葱の甘さに加わる驚きの一品。

20120702 2加茂ナス祇園祭18cmDSC00317
前菜は、加茂ナス「祇園祭」。

20120702 2加茂ナス 15cmDSC00320
加茂ナスのソテーを土台に、さまざまな花や野菜を盛って、
トマトの種のゼリー状の部分を幕にして全体を包む凝った料理。

見た目もきれいだが、透明な幕の酸味と中の花びらや野菜の絶妙なコラボ。
いままで食ったことのない優しい味と食感で、実に美味い!!
これだけでも、食べにきた甲斐がある。

20120702 3苔バター 15cmDSC00322
ここの名物「苔」。実は濃厚なバター。
葉っぱはホンモノ、緑色は葉緑素粉だそうで、どう見てもコケ。
テーマが森だからねえ。

20120702 4活ラングスティーヌ 18cmDSC00337
魚料理は、「活ラングスチーヌ」
活きのいい手長海老をを軽く炙っただけ。ほのかに甘くて、これまた美味い。
ただ、半身だから、ひとくちでおしまい。もっと食いたい!


20120702 5天城のシャモ 18cmDSC00343
肉料理は、「天城のシャモ」。皮パリパリ、肉は濃厚。
ソースは、シャモから搾り出した油ベースというが、これがまた実に合う。
焼き具合といい、鳥料理としては今年NO1だな。

20120702 6石垣島のビニャコラーダ 18cmDSC00347
デザートは「石垣島のビニャコラーダ」。
大好物のパッションフルーツやマンゴー、パイナップルが入った絶妙な味。
これまた今年最高のデザート。

20120702 7アミュズ 21cm DSC00350
さらに出される小菓子。
名物のちいさなマカロンはじめ、バライティあふれるワゴン。

20120702 7amusee 15cm DSC00352
私は、パッションフルーツ系でまとめてみました。

ああ、期待以上の美味ランチ。ここは季節ごとにはずせないなあ。
それにしても東京は、世界有数の美食の街だ。

【ナリサワ】
青山1丁目、ホンダビルから2分、246沿いワールドのビルの一階奥庭にある。
広い店ではないので、予約したほうが安心。
予算:ランチ7350円。ディナーメニューも食えるが21000円。

港区南青山2-6-15
℡03-5785-0799

なお、この日は
「水のロマネコンテ」にもトライ…

20120702 1水のロマネコンテ 7cmDSC00313

[CHATELDOS]という、フランス産のガス入り。
創業1650年だそうで、
マイルドな味だが、ロマネコンテは言い過ぎでは?

むかしは高価だったそうだが、いまは店で1980円。
物好きな方は、トライしてみてください。
スポンサーサイト

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://drumscotom.blog29.fc2.com/tb.php/1844-9bbd4001