Contents

【香港・広州フォト紀行2】ALL2元!!中国の百円ショップ

中国はいま、猛烈なインフレ状態だそうで。
賃金も二桁で上がっているが、物価もそれ以上に上がって、
庶民の暮らしを直撃していると日本でも報道されていますが…

20110925 中国の百円ショップ 17cmDSC02886
広州の市内で見かけた「2元ショップ」。
全品25円!
日本の100円ショップの中国版だね。

最新のショッピングモールに「10元店」もあったが、
こちらの所得水準を考えると、2元店の方がピッタリ。

庶民の昼食相場は、ふつうのサラリーマンでも10元以下。
地方から出てきた住み込みの工員や売り子さんは、食事手当てが3~5元だそうで。

20110925 昼飯の値段 19cmDSC02883
↑はサラリーマンの昼食値段。
素うどんならぬ白粥は2.5元(30円)。屋台なら2元。

20110925 中級値段 DSC02538
↑国際見本市会場の食事コーナーはちょっと高目の値段設定。
それでも10元(130円)。

中国の平均年収は約4500ドル(36万円)だが、広州は約15000ドルとダントツに高い。
しかし所得格差が激しくて、富裕層は50~100元の昼食だが、庶民は10元以下が現実だ。

今回泊まったシティホテルの朝食が47元、広州ウエスティンはなんと185元。
現地感覚ではとてつもない値段なのだが、外国人だけじゃなくて中国の人も大勢いた。

高級ホテルで高価な朝飯をとる人もいれば、屋台で10分の1の安い食事をする人もいる。
どちらも元気でエネルギッシュだ。
不思議な国だね。
スポンサーサイト

Comments

by ドラ

<Mistyさん
私は、お粥が苦手で…
2元ショップは、中に入らなかったので
どんなものかは判りません。
多分、爪は切れない爪きりでしょう。

<ツチノコ丸さん
「えん」と発音するようですが、
表記は「元」一さまざま。変な国です。

Comment#4377
  • 2011-09-29(Thu) 09:18:20
  • Mail
  • URL
  • Edit
あれ? by ツチコノ丸

中国でも¥を使うのですか?
あちらでは元マークと呼ぶんでしょうか。

Comment#4376
  • 2011-09-28(Wed) 12:38:55
  • Mail
  • URL
  • Edit
そして・・ by MISTY@元気

屋台のお粥の方がおいしかったりしますよね!

オリンピック前の北京で たしかなんでも3個10元という店で
結構良いかもと買った爪切りセット ヤスリとか甘皮きりとか入って
実際は 爪がきれなかった記憶が・・

Comment#4375
  • 2011-09-28(Wed) 11:55:30
  • Mail
  • URL
  • Edit
Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://drumscotom.blog29.fc2.com/tb.php/1632-2b30e2eb