Contents

【南米フォト紀行9】 肉食の国は美味いものだらけ

今回訪れたアルゼンチンとブラジルは、肉食の国。
ということでいっぱい肉を食わせていただきましたが…

これが想像以上に美味い!私の好みド真ん中。
人さまざまでしょうが、
私は松坂牛や神戸牛のように、ベトっとした霜降りはくどくてイッパイは食えない。
適度な歯ごたえのある赤身の方が美味く感じるし量がいく。

肉には野菜?なのか、出てくる野菜も新鮮で美味い。
滞在中、いろいろな料理を食いましたが、
13人のツアーなのに、ほとんど外れなしは、ラッキーでした。

そこで恒例のベスト3を揚げるとすれば、

【第1位】「Real Astoria」の海鮮スープ
リオデジャネイロの湖に面したレストラン「レアルアストリア」で出たスープ。
フレンチのブイヤベースもごめんなさいの、コクがあってクセのない上品な味。
201103 海鮮スープ ⑱cmDSC06799

この店の他の料理も、いい味。
メインは、エビ、タコ、サワラのグリルだが、炭火焼で芳ばしいくて実に美味かった。
201103 real astoria mein 19cmDSC06802

デザートの、パパイヤ・アイスクリーム乗せも、
パパイヤの新鮮さとクリームの濃さのバランスが抜群で美味い。
201103 Real Astoria desert 18cmDSC06804

店は、湖面側がオープンになっていて開放的な雰囲気。
201103 Rio Real Astoria 12cmDSC06795

201103 Rio  Real Astoria 店内ai  12cmDSC06797

【第2位】Las Nazarenasのビーフステーキ
冒頭でふれたように、ステーキはどの店でも「すてーき」な味。(すいません)
とりわけブエノスアイレスの「ラナザレナス」のステーキは、
肉の風味といい、芳ばしい焼き具合といい、歯ごたえといい、300g?をペロリの美味さ。
(さすが脂身は残しましたが↓)
20110310 Bue Las Nazarenas steak 18cmDSC05835

このお店は内外の有名人もくるとかで、いい雰囲気。
20110309 Asador Criollo15cmDSC05825
入り口のすぐそばに炉辺があって、
肉を焼いているようすが見え食欲をそそります。
メインのステーキの前に出た、ピーマンやチョリソをあぶった皿も美味かったなあ。

【第3位】Mineiraのブラジリアンブフェ
リオデジャネイロの人気レストラン「ミネイラ」のブフェ。
20110312 Mineira 10cm DSC06737

とにかく種類が豊富で、どれもで出来たて。
20110312 Rio 19cmDSC06742

さすが肉料理は何でもござれの品揃え。
20110312 Rio 肉 19cmDSC06748
焼き野菜の芳ばしい風味は特筆もの。
20110312 rio onion 17cmDSC06747
20110312 rio 17cm DSC06753
Mineira yakiyasai DSC06749
mineira 18cmDSC06746
Mineira desert 18cmDSC06755
mineira cock 14cmDSC06770
シェフが目の前で焼いてくれたビーフステーキ↑も美味かった。

そういやここに、ナマ牡蠣もあったが、味はイマイチ。
201103 rio 生カキ MINEIRA 17cmDSC07938


【次点】シェラトンリオの朝食フルーツ
シェラトンリオは、イパネマ海岸のはじにある高級リゾートホテル。
朝食のグレードもまあまあ、とくにフルーツ類が新鮮、完熟で実に美味い。
201103 Fruits Sheraton Rio 18cmDSC07910
とくにこの、グアヴァ、パパイヤ、マンゴーなど南国フルーツ盛り合わせは幸せな味。
そういや、スイカはどの店でも美味かった。

【次点】El Viejo Almacenのステーキ
ブエノスアイレスのタンゴの老舗「エルヴィエホアルマセン」は、
レストランとシアターを別棟にしているだけあって、味もちゃんとしていた。
大きなステーキはちょっと焼きすぎ?気味だったが、風味がよくてペロリ。
20110309 El Viejo Almacen steak 18cmDSC05370
レストラン部門↓は、老舗ならではの風格。入り口は右側にある。
20110309 El Viejo Almacen rest 12cmDSC05373

【次点の次点】都の和食弁当
イグアスに和食堂「都みやこ」があり、ツアー客にお弁当を出前している。
まさか南米の山奥で、和食弁当を食うとは思わなかった。
私は、海外で日本食をほとんど食べない(高くてまずい)。
20110311 iguas 幕の内弁当 18cm DSC06270
ところがこれが意外にまともな味。
移動日のため、イグアスの空港で食ったが、ほっとする味だった。
(イグアスは3国の国境に面していて、ブラジルもパラグアイも日本の移民が多い地域だものなあ)

南米、ブラジルといえばシュラスコも有名、もちろん食ったが上記にいたらず。
またアルゼンチンはイタリア系が6割以上、イタ飯も本格派。
ブエノスアイレスの「La Parolaccia Trattoria」のパスタも美味デシタ。



ところで、現地に滞在してわかったことですが、
アルゼンチンとブラジル、サッカーでは宿命のライバル、
それも当然の、両国の明らかな違い…

それは人種構成、

アルゼンチンは、イタリア系が7割、ついでフランス、ドイツなどの白人系。
日本人などの東洋系や黒人も少ない。ミニヨーロッパの雰囲気。
この【紀行5】で紹介した、タンゴのダンス写真が一例。

ブラジルは、白人系が半分くらいで、黒人系6%、混血4割。
日本人を含めた東洋系も1%とまさに人種のルツボ。ワイルドな雰囲気。
【紀行7】で紹介した、リオのカーニバル写真の人種構成が象徴的。

どちらもラテン文化で陽気、つまりアッパラパー的なところは共通しているが、
実際に訪れてみると、2つの国の違いが皮膚で感じられておもしろい。
スポンサーサイト

Comments

by どら

<カタミさん
南米ではお世話になりました。
相変わらず東奔西走ですねえ。
次回は、アモイあたりの近場へ。
9月には、クロアチア予定。
また阪神さんのツアーになるはずなので、ご一緒できれば楽しいです。

Comment#4254
  • 2011-05-04(Wed) 12:10:50
  • Mail
  • URL
  • Edit
by カタミ

一昨日オランダ・ベルギーから帰ってきました。ご一緒したリオのカーニバルは楽しかったです!ツアー一番のムードメーカーであのエネルギーが羨ましいです。見習わねば、、、。夜眠れないので覗いてみたら凄い!こんなに奇麗に撮れていて、さすがです。またご一緒できたら嬉しいです~。
今度はアルザス・ブルゴーニュに行ってきます!

Comment#4253
  • 2011-05-04(Wed) 02:20:52
  • Mail
  • URL
  • Edit
Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://drumscotom.blog29.fc2.com/tb.php/1523-96480722