Contents

新丸ビルの高級中華「四川豆花飯荘」

先日、新丸ビルにある「四川豆花飯荘」で食事会。
お店はなかなかの造りで、かなりお客も入っていた。

201103 四川豆花 店 14cmDSC04799
201103DSC04758.jpg
 お店の売りのひとつは、「お茶」を茶碗に注ぐパフォーマンス。
              ↓
201103 四川豆花 お茶パフォーマンス 16cmDSC04777

着席すると、テーブルに置かれた茶葉入りの茶碗に、
特製ヤカンからお湯を注ぎいれてくれる。
「八寶茶」というんだそうだが、
ジャスミン茶にクコやナツメ、菊、百合根、クルミ、龍眼などが入って、健康にいいらしい。
201103 四川豆花 茶 前 16cmDSC04784
201103 四川豆花 茶 16cmDSC04823
飲んでみると、そんなにクセはないが、飲めるというだけ。
まあ、パフォーマンスのエンタテイン。
201103 四川豆花 お局びっくり 18cmDSC04795
私が「正太后」と呼ばさせていただいている、
大抵のことには、山のごとく動じない事務所の大御局さまもビックリ。

私にはトイレのインテリアが印象的だった。
入り口の男女の別を示す立体額。
201103 四川豆花トイレ 男性 10cm DSC04848
201103 四川豆花 トイレ女性 10cm DSC04851
男子トイレの壁にも立体額。
201103 四川豆花 トイレ 18cm DSC04853
高級店は、どこもトイレの演出に気を入れているが、
自作の粘土人形を額に入れている私には、気分のいいトイレだった。
201103 四川豆花 トイレ 10cm DSC04854

もっとも、肝心の料理、当夜は@1万円のコースだったようですが、
う~~~んこれで1万?とクビをかしげるようなお味。
お閑な方だけ、続きをどうぞ…


201103 四川豆花 前菜 18cmDSC04826
前菜 どれもビックリするような味じゃない。

201103 四川豆花 フカヒレスープ 16cmDSC04830
フカヒレスープ 文句なしにこれは美味かった。

201103四川豆花 焼きホタテ野菜添え 18cmDSC04837
焼き物 ホタテにもうちょっと芳ばしさが…惜しい

201103四川豆花 アワビとナマコ 18cmDSC04840
干しナマコと干しアワビだ、文句あっか! しかし私は両方とも苦手で美味いと思わない。

201103四川豆花 豚肉の辛し炒め 18cmDSC04836
牛肉のトウガラシ炒め こんなに炒めなくてもというくらい肉にジューシーさなし。だめ。

201103四川豆花 マーボー 16cmDSC04842
マーボー飯。これもいささか期待はずれ。もうちょっと香りがほしい。

201103四川 デザート 18cmDSC04844
まあ、ふつう。

値段を考えると、まずくはないがとくに感激の味はなし。
お店のつくりは気が利いているが、味にももっと気を利かせてほしい食後感。
まあ場所柄、領収書つきの接待向きなんだろうなあ。
スポンサーサイト

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://drumscotom.blog29.fc2.com/tb.php/1508-6ac15159