Contents

悪癖修正に大汗! J-Flowセッション

きのうは、J-Flowのシノリンヴォーカルセッションへ。
20100829 J-Flow Session 035 18cm
連日の猛暑のためか、はじめは私だけ。
ということで、ピアノトリオでタップリ叩いたのですが…

1セット終わって、ドラマーのマスターから教育的指導。
音量のバランスや、リムショットの多用についてイチイチもっともな指摘。

この2年以上、夜のライブやセッションを封印、もっぱらビッグバンド中心で、
知らず知らずに、いらないオカズや音量がデカクなりすぎていた。
スイートスポットをわざと外す悪い癖も直さなければ…

むかしからドッタンバッタンタイコ、
かつてフィリーからやってきたオルガンプレイヤーEddieと組んだときに、
オカズはTurnround(12とか16小節)に2拍程度で十分、
2、4のハイハットだけはシッカリなんて指導され、
なるほどなあと、目からウロコだったのを思い出す。

この日のセッションですが、その後、ヴォーカリストが4人ご到着。
ドラマーはこなかったので、叩きっぱで打法の修正に専念。
3セット目は、悪い癖を抑え気味に叩いたが、リズム感はイマイチ。
知らず知らずに身につけた癖の修正、さらに修行しなければ。

いくつになっても新たな目標ができて、なんとなく嬉しいドラムスコでした。
マスターゆうさんありがとう。


スポンサーサイト

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://drumscotom.blog29.fc2.com/tb.php/1353-66c13525