Contents

「イパネマの娘」の実在モデルは、こんな美人だった

うだるような暑い日がつづきますが…
イパネマ海岸 18cm
(イパネマ海岸↑今、現地は冬ですがね)

昨夜のBSで、「イパネマの娘」についての番組がありまして、
何となく見ていたら、モデルとなった美少女の話になりまして…

アントニオカルロスジョビンも、作詞をしたモライスも名うてのプレイボーイだったそうで、
イパネマ海岸近くのバー「Veloso」にたむろしていましたが…
度々そのバーに母親のタバコを買いにきたのが、エロー。
本名Heloisa(エロイーザ)、身長170cm、すらっとした近所でも評判の美少女↓
20100802 イパネマの娘のモデル 001 エロー 10cm
1945年生まれですから、なんと私と同年代!
ジョビンとモライスは、彼女を見かけるたびに「おお!いい女」と思ったのでしょう、きっと。

で、彼女をイメージしてできたのが「Garota de Ipanema」。
歌詞がいいよね。
店の前を通り過ぎる水着姿の女の子を「オレだって若い頃は、ぐいぐいいわせたもんだ…」

エローの結婚式にはジョビンも出席して、お祝いのことばをかける写真↓も残っている。
20100802 イパネマの娘のモデル 002 エローの結婚式のじょビン 18cm

バー「ベローゾ」は、イパネマの娘の大ヒットで、チャッカリ改名
Garota de Ipanema
そのまんま!いまも盛業中だそう。
20100802 イパネマの娘のモデル 003 Garunda de Ipanema 18cm

エローとジョビン、
その後ひと悶着ありまして… お閑な方は続きをどうぞ 大ヒット曲のモデルとして話題になったエロー、
結婚後、「Garota de Ipanema」のブランドでブティックを開業。
ジョビンとモライスが商標権で訴えたのですが、
結果は、まあまあそんな目くじら立てないでということで
めでたく彼女は数店舗のオーナーになったんだとさ。

還暦を迎えたエロー↓。なるほどむかしはきれいだったろうねえ。
いぱねまの娘 エロイーザ2006年
(Wikipediaから転載)
夕暮れ時のイパネマ海岸↓
20100802 イパネマの娘のモデル 005 イパネマ海岸18cm


スポンサーサイト

Comments

by ドラムスコ

<Ryo-ka☆さん
NYC修行おつかれさん。
ところでこの歌、中年オヤジのうら悲しい想いがテーマ、くれぐれも楽しそうに唄わないように!
ときどきヴォーカルセッションで、そんな人いるからなあ。

<あまたさん
歌詞をつけたモライスは結婚9回のつわもの。
だから彼女をモティーフに粋な歌になったんだね。

Comment#3976
  • 2010-08-04(Wed) 11:23:50
  • Mail
  • URL
  • Edit
by あまた

なんと実在したんですねえ。しかも今還暦迎えてるとか。いやはや美人じゃあないですか。

Comment#3975
  • 2010-08-03(Tue) 14:13:28
  • Mail
  • URL
  • Edit
by Ryo-ka☆

こんなに素敵な海岸に綺麗な少女!
ほんと絵になるというか歌になっちゃいますねぇ♪
両国じゃ、無理。あははぁ。

Comment#3974
  • 2010-08-03(Tue) 14:09:07
  • Mail
  • URL
  • Edit
Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://drumscotom.blog29.fc2.com/tb.php/1333-89a453a8