Contents

蛇使いの女 1

LaDoll粘土の師匠からの新しい課題は、
人形だけではなくて、それが収まる「背景も描く」、
つまり「背景のある人形」造り

そこで、ふっと頭に浮かんできたのが
パリのオルセー美術館にある、某名画

あらかじめ、出来上がったら収める立体額を決め、
そのサイズに合わせて、背景の下絵を描いておいて、
いちばん遠景となる部分から制作開始。

で、その第1段階の背景が、コレ

                  
20100118 ルソー 蛇使いの女 #35 008 背景 15cm


この段階で、「ああ、あの絵だ!」と分かる方は、マニアックな美術通でしょう。

次のステージではは、描いた背景に直接、粘土を盛り上げていって…
20100120 #   蛇使いの女 背景1 001 粘土盛り上げ 15cm
専用レンジで焼成し、着色↓。
20100120 #   蛇使いの女 背景1 006 15cm
これで一応、第2段階の背景ができ上がりました。
まだ、原画が何か分からないですよね。
これから、次のような設計図でつくっていくのですが… 背景の第3段階の設計図は、
20100118 ルソー 蛇使いの女 #35 016 14cm
そしてついに、人形の出てくるステージ…
20100118 ルソー 蛇使いの女 #35 018 14cm
そして最終ステージは、いちばん手前の光景を。
20100118 ルソー 蛇使いの女 #35 013 14cm

そう、アンリルソーの傑作、
「La Charmeuse des Serpents」蛇使いの女1907年をもとに、
蛇使いの女 La Charmeuse des serpents 1907) 15cm
この絵の左側を再現しようという壮大な?試み。
厚ぼったい葉っぱの描き方が、いかにも粘土細工に向いていそうじゃないですか。
さてどうなることか?

そうそう、この原画が、5月26日から東京新美術館「オルセー展」にやってきます。
スポンサーサイト

Comments

by ドラムスコ

<魚亭さん
たしかにコブラ使いは縦だねえ。
指摘されるまで、気づかなかった。
スルドイ!

<Raさん
そう3D。
制作していくうちに、
この絵の中でいろいろな発見があって、
5月にホンモノと再会するのが楽しみです。

Comment#3818
  • 2010-04-08(Thu) 10:30:31
  • Mail
  • URL
  • Edit
by Ra

今はやりの(半?)3Dってとこでしょうか。
しかしお上手ですね。

Comment#3817
  • 2010-04-07(Wed) 23:45:44
  • Mail
  • URL
  • Edit
by 魚亭

あはっはははは!なるほど。
ーーーで
ルソーの蛇使いが「横笛」なのが面白いよね。
普通、縦笛ジャン

Comment#3816
  • 2010-04-07(Wed) 19:16:45
  • Mail
  • URL
  • Edit
Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://drumscotom.blog29.fc2.com/tb.php/1236-23ea5789