Contents

こんどはホンモノエスタンプ?デュフィ落札

昨年末にデュフィ違いの入札事故があったが、こんどはホンモノのデュフィを落札。
20091212 Dufyルアーブルの海軍閲兵式 007 18cm
(Fete Nautique au Havre 52.1X64mm ed.152/200 鉛筆サイン、エッチング アクチアントルーレット 1926)
原題は「ルアーブルの海軍閲兵式」。

中央の汽船と黒い海は、この頃のデュフィの重要なモティーフ。
画面をきっちり締めて、四方に散らばる煙や波のリズムをまとめている。
ジャズ音楽でいえば、ベースの重厚で太いリズムというところでしょうか?

実は、この作品はオリジナルではなく、油で描かれた作品のエスタンプ。
原画↓は1925年に完成し、この版画はその翌年にエッチングアクチアントで再現されたもの。
もっともVilonが製版し、デュフィ本人が関わってサインをしており、、
世界のオークションにも出品されている準オリジナル。
20091212 デュフィ ルアーブルの海軍閲兵式1925 原画 001 13cm
さすがに、原画のような色彩とリズムのキレはないが、
それでもデュフィらしさは十分楽しめる。

実は、15年ほど前に親しい画商から見せられて迷ったが、
エスタンプにしては高額すぎたのであきらめた作品だった。
ところが昨今の不況でオークション市場も底値状態、
かつての最高額の四分の一程度で落札できた。
投資目的じゃないファンにとっては、実にありがたい。

余談ですが…
この版画のカタログ掲載では「港」というタイトル!
いったいだれが調べてタイトルをつけているのだろうか?
デュフィは、版画はないがタブローと水彩作品の充実したレゾネも出ているのに。

サザビーズやクリスティーズのような世界の老舗オークション会社でも、
とんでもないタイトルをつけていることがあるから、
コレクター自身が自己責任で応札するしかないのだが。

ファンだけに、もう少しちゃんと調べろ!という気になる。
スポンサーサイト

Comments

by どらむすこ

<hasimotoさん
専門的な知識はまるで必要ありませんよ。
好きか嫌いかだけ。
好きなものをただ楽しむ、音楽と一緒。

Comment#3752
  • 2010-02-19(Fri) 11:10:26
  • Mail
  • URL
  • Edit
by hasimoto

専門的なことはまるでわかりませんが、
リズムカルな楽しい絵ですね。

Comment#3751
  • 2010-02-17(Wed) 14:52:35
  • Mail
  • URL
  • Edit
Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://drumscotom.blog29.fc2.com/tb.php/1170-226a32c2