fc2ブログ

Contents

「鮨せいざん」の店長お任せ握りコース

20240124 鮨せいざん 14cm _DSC4203

中野北口商店街食べ歩きシリーズ、今回は「鮨せいざん」。
前回の歯の治療のとき満員だったので、今回を予約しておきました。
しばらくぶりで、店長お任せコース(4000円)…

20240124 せざん -1 21cm
20240124 せざん -2 21cm jpg
20240124 せざん -3 21cm jpg
20240124 せざん -4 21cm jpg

湯葉の酢味噌和えからはじまって、職人の包丁がキッチリはいった握り。
ネタの鮮度も素晴らしく、美味しくいただきました。

20240124 中野北口商店街 21cm _DSC4198

相変わらず人間ぽくってワクワク猥雑な北口商店街。
そんな中でも、こういう本格的なお店もあるのが魅力ですねえ。
スポンサーサイト



【陶芸の新作】 織部焼のおちょこと萩焼の小皿

20230905 織部 お猪口 21cm_DSC6905

ちょっと半端な時間ができたので、小物を焼いてみました。

織部焼のおちょこ。
径7cm 高さ4㎝。

私自身は下戸なので、これでお酒を飲むわけではないのですが、
珍味や薬味入れとして食卓でそれなりに活躍しそう。

釉薬のかかり具合がよくて、なかなか味のある仕上がりに。

20231120 陶芸手慰み 萩焼小皿 21cm  _DSC1953

もう一点は、径9㎝の萩焼の小皿。
焼きあがったときは、「なんだこりゃあ」と思ったのですが、
受け皿として使いやすく、けっこう味があって最近のお気に入り。






真冬にブーゲンビリア満開、季節外れのリビングルーム!

いくら温暖化と言われていても、1月下旬から寒波がやってきて、
このところ外は冬らしい気候になっていますが…
わが家のリビングは、文字通り「季節外れ」の夏。

20240122 3色ブーゲンビリア 20cm _DSC4142

5年ほど年を越したブーゲンビリアが、またまた咲きだしました。

20240122 ブーゲンビリア 赤 18cm _DSC4077

20240122ブーゲンビリア白 18cm _DSC4143

20240122 ブーゲンビリア 18cm orange_DSC4057
(真ん中の小さい白いのが花で、オレンジはガク部分)

秋に花が咲き終わり、11月すぎ寒くなってきたら家の中に入れる手間はありますが、
1月中旬あたりから蕾をつけ始め、春前にはこのとおり!
ジジババの味気ない部屋に、一足先に春どころか夏がやってきましたよ。


Jazz38の苅部真由オルガンセッション

20240123 Jazz38 苅部セション 21cm_DSC4172

23日は、Jazz38の塩崎浩二(g)苅部真由(Org)のオルターⅡライブ&セッションへ。
プロviolinistの渋沢直美さんも参加して楽しい時間に。

20240123 Jazz38 Karibe 16cm _DSC4162

われらが苅部真由さん。
アマチュア時代の十数年前、「Mayu&Organism」という怪しい名前のオルガンバンドを結成、
あちこちで遊んでいたのが夢のよう。 この日もファンキーフィーリング一杯のステージ。

20240123 Jazz38 siozaki16cm _DSC4182

宮間利之&ニューハードのレギュラーGtとして活躍された塩崎浩二さん。
オルガンジャズにぴったりのフレーズ連発で、バッチリ盛り上げてくれました。

20240123 Jazz38 sibusawa 16cm _DSC4175

クラシックからPOPSまで幅広くライブ活動をされている渋沢直美さん。
ジャズフィーリングがお好きなのでしょうね、ノリノリの演奏で盛り上げてくれました。



マンダリンホテル「SENSE」のプラチナ飲茶を楽しむ

20240120 mandarinn Sense 14cm DSC8838

久しぶりにマンダリンオリエンタルホテルの47階「SENSE」でランチ。
前から一度トライしたかった、土曜日だけ提供しているセンスの「プラチナ飲茶」。
上湯スープでは評価日本一のSENSE、どんな飲茶料理をいただけるのでしょうか?

20240120 センス 1 広東式茶碗蒸し タラバガニと青のりの上湯スープ 3種から 21cm DSC4086

「プレミアム飲茶」と謳うからには、コースになっていてまずは3種のスープから1種を。
私は、当然上湯スープ。 広東式茶碗蒸し、タラバ蟹と青のりの上湯スープをチョイス。
青のりの下に上品な卵あん。青のりとメチャ上品な上湯スープのバランスが絶妙!

20240120 センス 2 プレミアム蒸し餃子 トリュフと卵白 伊勢海老と帆立 プラチナポークとキャビア 21cm _DSC4090

次にセンス自慢の点心3種、「プレミアム蒸し餃子」。
トリュフと卵白、伊勢海老と帆立、岩手プラチナポークとキャビア、マズイわけがない。

20240120 センス 3 海老のマンゴーマヨネーズソース 21cm _DSC4098

3番目に、これもセンスの定番料理「海老のマンゴーマヨネーズソース」。 
ねっとりしているようでスッキリ。美味しいです。

そして、センス自慢の21種類の点心料理を好きなだけいただきます。
かの地の飲茶料理屋さんでは、湯気が出ている台車に点心を乗っけて
各テーブルを回ることも多いのですが、ここではテーブルごとの注文制。

 飲茶1jpg

トリュフと茸の蒸し餃子、 海老とニラ入り餃子、 イカとXO醤の蒸し餃子、小籠包
みんな美味しいが、とくに小籠包のスープがハンパナイ。

飲茶-2 new CUT

海鮮揚げ春巻き、揚げ具合が足りなめでいまいちかな? 
豚のスペアリブの豆鼓蒸し。これもまあまあ。

20240120 センス 7 海老ワンタン 香港細麺スープヌードル 21cm _DSC4114

海老ワンタン 香港細麺の上湯スープヌードル。これは今日イチの絶品。 
天下一品のコクがあるのにスッキリ上湯スープ。独特の麺味。美味い旨い!


飲茶3 

鶏肉と干し貝柱の蒸し御飯、蓮の葉包。 まあ想像通りの味かな?
カレーハムスイコウ。 モッチリ皮の中にほのかなカレー風味の肉。これはいい感じ。

飲茶5

もうお腹いっぱい、せめて大根餅。

20240120 センス 15 マンゴープリン 6種から 21cm _DSC4134

デザートは、5種類の中からマンゴープリンをチョイス。
相変わらず、際立つ香り、ちょうどいい濃さでおいしいなあ。

ああ、もう腹一杯。 しかし21種の点心の半分も食えなかったなあ。
まあ、いい歳してこんなものでしょうかねえ。 大満足のランチでした。



うちの甘えん坊

20231201 Hana Me  21cm DSC1588


私が居間のソファに座ると、
どこからともなく「毛むくじゃら」がソバにやってきて、
ペタっとフッついてきます。

しかも片手を私のほうに伸ばして…
かわいいでしょう?



銀座「Ches Tomo」の名物プレート

女子に人気のランチと評判の銀座chez tomo(シェトモ)、
一応はチェックしておこうと、〈プレミアコース〉11000円をトライ。

20240112 Chez Tomo 1 生雲丹の貴婦人風 21cm  _DSC3916

まずは、スペシャリティの「生うにの貴婦人風」。
ネーミングが秀悦、いかにも高級でうまそうな響き。
しかし, 生ウニはスープの中に埋没、オっというあの濃い味はどこかへ?
不味くはありませんが、新鮮な感動もなし。

20240112 Chez Tomo 2 山梨 無農薬野菜28種盛り合わせ 21cm _DSC3919

このお店の目玉料理!「山梨産の無農薬野菜28種盛り合わせ」。
ビジュアルの勝利!しかも全部違った味付けと調理。普通の野菜でも、楽しく美味しく提供。 
アイデアの勝利ですね。

20240112 Chez Tomo 3 山形豚肩ロースのカルパッチョ仕立て 21cm  _DSC3923

山形豚のロースカルパッチョ仕立て。 見かけはいいのですが、
肝心のお肉の味がパサつき気味でイマイチ。

20240112 Chez Tomo 4 有機十六雑穀米ドリア 黒トリュフ和牛風味のコンソメオニオンスープ 18cm _DSC3926

雑穀米のドリア、黒トリュフ和牛風味のオニオンスープと唄ってますが、
ちょっと味付けが濃くて、トリュフの風味がかすか過ぎるような。

20240112 Chez Tomo 5 真鯛ラビオリ仕立て 21cm _DSC3929

魚料理は「エゾアワビのラビオリ仕立て」、でしたが鮑はアレルギーで食えず真鯛に変更。
中に入っている白菜煮込みと結構なバランスで、おいしかったです。

20240112 Chez Tomo 6 グラニテ 21cm  _DSC3932

口直しのグラニテ。 まさに口直しになって、いいタイミング。

20240112 Chez Tomo 7 牛フィレ ロースト 蒸しカブ 焼きネギ 黒トリュフソース 21cm _DSC3933

肉料理は牛ヒレのロースト。付け合わせの蕪とネギ料理がいい味。
ただ、メインのお肉の調理がいささかガサツ?

20240112 Chez Tomo 8 ウオータープリン 21cm _DSC3939

デザートその1は、これもスペシャリティ「ウオータプリン」。
盛り付けがおしゃれ! 水ようかんのフレンチ版? スッキリした味わい。

20240112 Chez Tomo 9 イマジネーションのデザート 21cm  _DSC3941

デザートその2は、「イマジネーションのデザート」 何をもってイマジネーション?
コーヒーといい相性でしたが、ファミレスのデザート感も。

総じて、アイデア溢れる盛り付けは新鮮でしたが、お味はちょっと雑なイメージ。
値段の割には、料理のキレ感もイマイチで、たぶんリピートはしないなあ。

実力派揃いのCorcovado松下聖哉・よしみせいいちセッション

20240115 Corcovado 21cm _DSC4025

15日はCorcovadoの松下聖哉・よしみせいいちセッションへ。
参加者が粒ぞろいで、中身の濃いセッションになりました。

20240115 Corcovado matusita 16cm _DSC4016

リーダー松下聖哉さん。 近年フレーズがさらに豊かになって、
音のダイナミズムも拡がり、プロらしい華やかさが増してきてきたような?

20240115 Corcovado yosimi 16cm _DSC4016

名手よしみせいいちさん。 一音一音がしっかり唄っているベーシスト。
共演させていただいていると、自分までがうまくなったような気にさせてくれます。

この日の顔ぶれはいつものプロはだしのみなさん。
ドラマーは4人、お初の2人も達者で中身の濃いセッションになりました。

東京倶楽部水道橋店の清水貴和子セッション

20240113 東京倶楽部 清水セッション 21cm _DSC3971

20240113東京倶楽部 清水セッション 21cm _DSC3995

1月13日は東京倶楽部水道橋店の清水貴和子アフタヌーンセッションへ。
例によって貴和子姐さんのザックバランな進行で、楽しいセッションに。

20240113東京倶楽部 清水 16cm _DSC3957

ヴォーカリストが5人いたので、姉さんの弾き語りはなしで、
もっぱらピアノとMCでサポート。

20240113東京倶楽部 伊藤 16cm _DSC3965

ベースはお久しぶりの伊藤暢幸さん。 誠実なサポートぶりは変わりませんねえ。

20240113東京倶楽部 TS saitou masami 16cm _DSC3973

お初のテナーサックス斉藤まさみさん。 なかな渋いフレーズをおしゃれに奏でる実力者。

この日のドラマーは私一人だけだったので、2セット目はわがままいって休憩。 年ですねえ。
それでも15~6曲叩いて、お腹いっぱいの午後でした。



中野食い歩き初めは「ただいま変身中」の牡蠣豆乳ラーメン

20241209 只今変身中 店先 14cm _DSC3782

中野の歯科で今年最初の歯の検診。
わざわざ遠くまで出かけると、ご褒美が二つ。
一つは、お友達が経営している隣町の西荻窪Cocopalmの愉しいセッション。
もう一つは、中野北商店街の食い歩き。

もう何年も通っているから、好みのお店も定まってきて…

●1「鮨せいざん」の店長お任せ握り
●2「ただいま変身中」の牡蠣豆乳ラーメン
●3「藤丸」の鶏そば

は、外せません。
でこの日、「鮨せいざん」は予約で満員だったので、「牡蠣豆乳ラーメン」へ。

20240109 ただいま変身中 牡蠣豆乳ラーメン 21cm DSC_0351

実は、このお店の数量限定「プレミアムラーメン」がイチオシなのですが、
この日は残念ながら、既に売り切れ。
定番の牡蠣豆乳ラーメンも十分に美味いので、久しぶりにトライ。

フレンチのシェフが創ったというこのラーメン、しつこくない絶妙なコク、ほどよく堅めの麺、
豚と鶏の絶品チャーシュウ、牡蠣トッピング等がとてもバランスよく、美味~い!

次回治療にに来た時喰いはぐれないよう、3軒並びの「鮨せいざん」店長に、しっかり予約。
今年も中野の食い歩き、順調なスタートを切ったのでした。







New Jazz38の三原彩子・水橋孝ランチセッション

20240111 Jazz38 GON 18cm _DSC3871

1月11日は、経営者交替で新スタートのJazz38水橋孝・三原彩子ランチセッションへ。

往時の超人気グループ「ジョージ川口&ビッグ4」で活躍、
ハビーハンコックが「日本人で最もソウルフルな男」と絶賛、
アーティーシェップが惚れてヨーロッパツアーに3か月帯同、
今年も、GONさん絵になります! 
唄いまくるベース!いやあ、格好良かったなあ。

20230111 Jazz38 Gon Session 21cm _DSC3900

お初のTS、なかなかの実力者で、ほかにも常連のBsやVoも。

20240111 Jazz38 Mihara 16cm _DSC3893

ピアノは、三原彩子さん。 ゴンさんの唄うベースで実に気持ちよさげにスイング。

20240111 Jazz38 raiji 16cm _DSC3881

ハウスドラムは川口雷二さん。 冒頭はいつもキャラバン。
私といえば、曲の半分近くを、ゴンさんと「夢の共演」。
ああ、今年も嬉し愉しいひと時がはじまったのでした。

そうそう、ニューJazz38、店内のテーブルや椅子も増えて、レイアウトが若干変わり、
一層聴きやすくなったかな?

【陶芸の新作】 織部・唐津・乳白の3色掛け皿

20240110 織部 にゅはく 唐津 三色掛け中皿 b 21cm _DSC2906
(サイズ: 長さ33cm 幅12cm)

わが家では、自宅でファミリー食事会をすることも多いのですが、
その折に活躍する手製の食器類。
とくにこのタイプの中皿は、使い勝手がよくて便利重宝しています。

最近は孫も大きくなって、手巻き寿司の具を乗っける皿が足りなくなって、
今回、新たに焼いてみました。
唐津の釉薬を厚く掛け過ぎて窯変、ザラザラの景色がかえって味に。

Cocopalmの田中愛子 新春JAZZセッション

20240109 Cocopalm 21cm _DSC3803

1月9日は、西荻Cocopalmの田中愛子アフタヌーンセッションへ。

20240109 Cocopalm Tanaka 16cm _DSC3790

リーダー田中愛子さん、常連のお客と和やかな進行。

20240109 Cocopalm Oomori 16cm _DSC3786

ベースは大森哲也さん。要所をはずさない堅実なサポート。

この日は常連のサックスX2、フルート、弾き語りヴォーカル、ベースに加えて、
お初のGtやヴォーカルも参加して適度ににぎやか…
ところがいつもは数名いるドラマーが、何と私一人だけ。
最後まで叩けばいいんでしょうが、なんせ県またぎで2時間以上はかかる距離。
みなさんには申し訳ありませんが、ジジイにつき早退。

もう少し暖かくなったら最後まで頑張らしていただきますが、ごめんなさい。


東京倶楽部目黒店の茂上剛アフタヌーンセッション

20240107東京倶楽部目黒店 21cm _DSC3726

1月7日は、東京倶楽部目黒店の中村豊・茂上剛アフタヌーンせセッションへ。

20240107 東京倶楽部目黒 中村豊 16cm か_DSC3683

郷ひろみや小林幸子のバンドで活躍、歌謡界の重鎮ながら、
ジャズピアノにこだわりつづける中村豊さん。華麗に唄いまくります。

20240107東京倶楽部 茂上 16cm  _DSC3764

ジャズ界の眠狂四郎? 昭和のバンドマン的香り?茂上剛さん。
思えば、しばらくぶりで再会以来お付き合いも長くなりました。

この回は、POPSあり、クラシックあり、まさに様々な音楽のセッション。
歌謡界・POPS界のレジェンドピアノ中村さんと茂上さん面目躍如のひとときでした。

大盛況!Zimagineの新春ヴォーカルセッション

20240105 Zimagine vocal session 21cm _DSC3623

1月5日は、表参道Zimagineの昼下がりヴォーカルセッションへ。
なんと12人のヴォーカリストが参加、ドラマーも4人と大盛況。

20240105 Zimagine Izumoi 16cm _DSC3600

リーダー出雲井裕美さん、いつものような和やかな進行。

20240105 Zimagine enomoto 16cm _DSC3661

このセッションは、ハウスミュージシャンがP2,B2にD1の贅沢編成
なのでノンストップ進行で、参加者が多くてもなんとか3曲の出番は確保。
今回のベースの一人は、いつもの村山秀樹さんの代わりに榎本任弘さん。

20240105 Zimagine youda 16cm _DSC3632

参加者の一人に、なんとなんとヒサエちゃん。 たぶん4~5年ぶりか?
10数年前、エディのオルガンバー「Eddies Lounge」ではよくセッションをした仲良し。
その後、結婚してお子さんができてからはご無沙汰が続き懐かしの再開でした。

2024年叩き初めはCorcovadoの岩崎千セッション

20240104 Corcovado session 21cm _DSC3574

20240104 Corcovado 21cm _DSC3543

お正月3ケ日明けの1月4日は、Corcovadoの岩崎千春新春セッションへ。
サックス4、、ピアノ3、ヴォーカル7、ドラム3、ギター1と大盛況。

20230104 Corcovado Iwasaki 16cm _DSC3552

リーダー岩崎千春さん。 例によって、曲に沿って前に出過ぎない名バッキング。

20240104 Corcovado Kikuchi 16cm _DSC3536

ベースは菊田茂伸さん。 実に軽快、小気味の良いリズムで盛り上げてくれます。

20240104 corcovado 21cm 8512930334_5858432124467294772_n
(写真:坂本多榮子さん)

ドラマー3人で叩き分け、今年の初叩きを楽しく終えたのでした。

今年もハナちゃんもよろしく

20231220 Hana ooakubi 20cm _DSC2497

おかげさまで、ことしも長閑なお正月を迎えることができました。
(大晦日、元旦はファミリー来襲で民宿状態でしたが)

静けさが戻り、わが家の最愛の娘も、このくつろぎようです。

20231220 Hana hidamari 20cm _DSC2496

ハナちゃん、2歳と9か月。
スクスク育って、素直で可愛い娘になりました。

今年も、ジジイともどもよろしくお願いいたします。

2024年もおもしろく愉しくよろしく

20240101 辰之助 20cm 90度回転_DSC1384

明けましておめでとうございます
今年も おもしろく 愉しく よろしくお願いいたします


私にとりましては、 ことしはちょっと特別な年になります。
8月に傘寿を迎えるんです。
もちろんそれまで生きていればのはなしですが。

50歳のころには、まさかここまで生きのびるとは思ってもみませんでしたが…
ここまで来た以上、2024年も毎日を「おもしろく」「愉しく」過ごしたいと思っております。
「愉快な2024年」となりますよう
よろしくお付き合いのほど、お願い申しあげます。

なお、干支の粘土人形造りもつづいていまして、
今年は、角とヒゲがようやく生えてきた5歳の龍、「辰之助」(たつのすけ)です。
皆さまのご多幸を願って宝珠を抱えています。

20231231 辰之助 後姿 16cm_DSC1361

ちょっと背中をひねった後ろ姿が、気にいってます。