fc2ブログ

Contents

社会人時代の恩人のお別れの会

20231201 松本楼 21cm_DSC1921

12月1日は、初めて勤めた会社の恩人の「偲ぶ会」に参加するために、
日比谷公園のなかにある洋食の老舗「松本楼」へ。

20231201 山田学像 18cm _DSC1943

職場の名物部長であったY氏。
私は直接の部下ではなかったが、いろいろ声をかけてくれた恩人の一人。
この肖像画がお気に入りで、「そういうときはコレを使え」という遺言だそう。

20231201 偲ぶ会 21cm_DSC1929

かつてのお仲間はみなさん70歳を超え、80歳を超え…

20231201 偲ぶ会 今林さん 18cm_DSC1931

私の直属の上司であったIさんは、なんと90歳超え。
仕事のやり方をやさしく叩きこんでくれた文字通りの大恩人。まだまだ元気です。

20231201 加藤慈海さんと 21cm _DSC1934

今回嬉しかったのは、名古屋在住のKさんとのたぶん50年ぶりの再会!
お寺が生家で、あちこち道を外しがちな生意気な部下に、たびたび真摯な説教をいただいた。
なんとか職場で通用したのも、大先輩Kさんの心に響くアドバイスのおかげ。
この会には初めての出席だそうで、会えてほんとうに良かった!

20231201 松本楼名物カレー 21cm _DSC1938

松本楼の美味しい料理がたくさん並んでいたが、会場は恩人だらけでユックリ喰うヒマもない。
それでも食い意地貼ってるドラムスコ、名物のカレーだけはしっかりいただきました。
はい、さすがの美味でした。

20231201 偲ぶ会 日比谷公園 21cm_DSC1923

久しぶりの日比谷公園。 日本の「公園の父」といわれた本多静六の設計。
100年後を見越して造園、いまこんな見事な景観を創り上げた構想力に感心。

20231201 日比谷 21cm_DSC1917

もっともあたりの景色はどんどん変わって、ジジイにとっては「今浦島」状態。
50年前の想い出に浸っていても、すぐ現実にひきもどされました。




スポンサーサイト