FC2ブログ

Contents

「吊るし柿ドラマー」面目躍如!Soultraneの西直樹W巨匠セッション

20190928 Soultrane 21cm _DSC4474

きのうはSOULTRANEの西直樹・水橋孝ダブル巨匠セッションへ。

20190928 Soultrane Nishi 15cm _DSC4462

西直樹巨匠、タイトなリズムで物凄いグルーブ、ダイナミックでクリアな弾音、斬新なフレーズ…
ああ、ご一緒できる幸せ…

20190928 Soultrane Gon 15cm _DSC4466

水橋ゴン孝巨匠、楽器が唄いまくり、うねるようなグルーブ、目のまん前でゴンさんの弾く姿…
ああ、ご一緒できる幸せ…

ダブル巨匠セッションは、ちょっと緊張しながら叩きつつも、いつも満足感いっぱい。
そしてこの日はドラマーなんと5人!
この日を最後に関西に戻られるFさん、いつものKさん、お久しぶりのエルビンさん等と叩き分け。
スリリングで充実の時間を過ごしましたが…

ラストのヴォーカル曲NICA's DREAMで私の出番、
譜面にキメがしっかりあって、西さん「このキメわかるよね!」、目がプロ意識丸出し!
なによりキメが苦手のドラムスコ、「…………」
結局、キメはグダグダでリズムまで揺れる始末、ああ、「吊るし柿」ドラマー丸出し!

ちょっとは落ち込みましたが、帰りの電車の中では、トリオ演奏の楽しい感触でニンマリ。
「美味しいとこ取り」だけじゃあ、「ヘタなりに固まる吊るし柿」状態がつづくはず。 
両巨匠すいません。
それでも、やめられません、この楽しさ!






スポンサーサイト



地味だがエレガントなプレクトランサス

20190928 プレクトランサス モナラベンダー 19㎝ _DSC4412

プレクトランサス、別名モナラベンダー。
ラベンダーの香りはまるでしないが、優雅な色合いが気にいって玄関に。

歳のせいか、このような地味目でも優しい色合いが好きになってきた?

Jazz38の寺下誠ランチセッション

20190926 Jazz38 21cm DSC_6318

きのうはJazz38の寺下誠ランチセッションへ。
森田万里子さんのフルートやP,TPにお初のボーカルも加わり、
もう一人のドラマーSさんと叩き分けて、充実のひと時に。

20190926 Jazz38 terasita 15cm _DSC4450

レジェンド寺下誠さん、無骨なまでの強いタッチでグルーブさせてくれます。

20190926 Jazz38 takumi 15cm _DSC4453

ベースは渡部拓実さん、ステディで力強いリズム、アマいや甘ドラマーにとって頼りの存在。

この日は、自分のスネア持参。8年ぶりに引っ張り出したグレッチのヴィンテージもの。
久しぶりに叩いてみると、けっこういい音がするも、チューニングが甘くてヌケがイマイチ。
このお店にしばらく置いてもらって、気持ちいい音に仕上げていこうっと。


一軒家フレンチ「ソンブルイユ」で優雅なランチ

名匠 若月稔章シェフの一軒家フレンチ「SOMBRREUILソンブレイユ」でランチ。
どの料理もさすがの味で、素晴らしい完成度でした。

20190911 ソンブルイユ 1 アミュズ 21cm_DSC3841

まずはアミュズ。 皿いっぱいの盛られた野菜の中央に、カリッと揚げたフリットと肉? 美味い!
出てきた時はびっくり盛り付け、食べるのは中央の鉢の料理だけというシェフのイタズラ心も楽しい。

20190911 ソンブルイユ 2 フォアグラポアレ トリュフビュレ 21cm _DSC3852

前菜はフォアグラのポアレ。たっぷりのクリームソースとトリフ、クルミ乗せ。 これまた美味い!

20190911 ソンブルイユ 3 セーブ茸ノヴェルテロワイヤル 16cm_DSC3856

スープはセーブ茸のノヴェルロワイヤル。深みと品のある味わいにびっくり。

20190911 ソンブルイユ 4 ハタのポアレ 21㎝  _DSC3858

ハタのポアレ。 皿一面に楽しくちりばめた野菜とプックリホコホコのハタ。これまた絶品。

20190911 ソンブルイユ 5 ぐいれーぷフルーツのグラニテ 16㎝_DSC3864

口直しのグレープフルーツのグラニテ。 さっぱりして、いい塩梅。

20190911 ソンブルイユ 6 和牛フィレのポアレ 21cm _DSC3866

メインは和牛フィレのポアレ。肉の焼き加減と風味最高、泡ソースとの相性も良くこれまた絶品。

20190911 ソンブルイユ 7 チーズ 21cm_DSC3870

いろいろなチーズ。もうお腹いっぱい。それでも食べちゃう意地汚さ。
(写真、間違えて加工ソフトで撮っちゃいました)

20190911 ソンブルイユ 8 ヒトクチデザート アオリンゴ 32cm FB _DSC3875

一口デザートは、青りんご。 これもスッキリ美味しかった。

20190911 ソンブルイユ 9 クレープシュゼット 21cm _DSC3881

デザートは、この店の名物「クレーブジュゼット」。寄る年波、もう腹一杯で全部食えません。

この後、さらにコーヒーと小菓子。
どの皿も意匠を凝らした味と盛り付け、まだミシェランの星がつかないのはどうして?
サービスも行き届いて、私なら、星二つ!

20190107 ソンブルイユ 建物 16㎝ DSC04149

【SOMBREUIL】
電話:03-5212-4121
千代田区富士見1-8-12
JR飯田橋駅西口から徒歩3分、角川書店ビルの裏。

これが「バカ犬」加速の原因でしょうか?

きのうFacebookで、生後7か月モモを紹介しましたが、
あれから7年…

20190904 モモ寝姿21cm  _DSC3464

気持ちよさげに熟睡するモモちゃん。
頭がクッションからはみ出してグーグー。
頭が下がりすぎで、脳みそに血がたまりすぎるんじゃあ?

20190910 MOMO 21cm _DSC3837

別の日も別の場所で、同じように…
よほど気持ちいい姿勢なのでしょうか?
どうも、これが「おバカ加速」の原因のような気がしてなりません。

東京倶楽部の茂上剛アフタヌーンセッション

20190921 TC 21cm _DSC4353

きのうは東京倶楽部水道橋店の茂上剛アフタヌーンセッションへ。

20190921 TC Mogami 15cm _DSC4234

このところ古いお付き合いのミュージシャンとの再会続きですが、
茂上さんとも30年来のお付き合い。このところご無沙汰していましたが1年ぶりの再会。
3時間ノンストップで弾き続けてケロっとしているところ、さすが「昭和のバンドマン」!

20190921 TC horie 15cm _DSC4372

ピアノは堀江敬子さん。 詩情あふれるフレーズで盛り上げてくれました。

この日は、AS2、P&Cl、Bsのインストや顔なじみやお初のヴォーカリストが参集、
もう一人のドラマーと叩き分けて、楽しいセッションになりました。

盛況!Corcovadoの木村喜明アフタヌーンセッション

20190920 Corcovado 21cm _DSC4182

きのうはCORCOVADOの木村喜明アフタヌーンセッションへ。
平日の昼というのに、次々に作家者が増えて盛況でした。

20190920 Corcovado Kimura 15cm _DSC4155

リーダー木村喜明さん、相変わらずきれいなタッチで盛り上げてくれます。

20190920 Corcovado Yosimi 15cm _DSC4158

ベースはよしみせいいちさん。優しい人柄と対照的な太い音で、グルーブ満点。

この日は、ピアノやトランペットに、常連に加えお初のヴォーカリストも。
ベーシストも珍しく2人参加、もう一人のドラマーと叩き分けて楽しく進行したのでした。・

10年ぶりに谷川賢作さんと

20190919 谷川賢作さん 18㎝ DSC_6291

きのうは谷川賢作さんのピアノ&トークショーへ。
賢作さんとは30年来のお付き合いですが、夜出禁にしてから10年近くのご無沙汰続き、
ようやくのこと嬉しい再会が実現しました。

祖父が高名な哲学者谷川徹三、父が詩人谷川俊太郎という芸術一家に生まれ、
自身も、ピアニスト、作曲家として、日本アカデミー音楽賞を3回受賞、CMグランプリはじめ
NHK「その時歴史は動いた」テーマ曲など多方面で活躍中のトップアーティスト。

そんな彼との出会いは30数年前、お茶の水にあった「1933」というライブレストラン。
プロピアニストとして活動しだした彼のピアノの美しく澄んだ音に感動したのが最初でしたねえ。

以来、親しくお付き合いさせていただき、一緒にセッションしていただいたり、
2013年、版画家山本容子さんとのコラボCDつき画集「Jazzing」(講談社刊)に
ドラムで参加させていただいたり、楽しい想い出がいっぱいあります。

ソロコンサートや現代詩を歌う3人組「DiVa」や続木力さんとのデュオ「パヤリーソ」のライブに
何度かお邪魔してましたが、夜出禁にしてからは伺うこともできず、TVで拝見するのみ。
だから、きのうの再会は本当にうれしかったなあ。

そうそう肝心のトークショー、ご自身は「ピアノ漫談」と謙遜されてましたが、
巧みな話術と、ソロピアノに弾き語りを交えたノンストップ1.5時間があっという間。
満場のみなさんも笑いあり、感動あり、みなさん幸せそうでした。

その後、いつもの「陶芸教室」に駆けつけたのですが、
イタリア風の絵付け、賢作さんのピアノが頭に残っていて、筆の走りのよいこと!
なんだかいい作品ができあがりそうです!













二代目辰盛の黒ごま担々麺

好奇心は元気の源

まだまだ旺盛なドラムスコの好奇心、
知らない街をウロウロするだけで、海外でなくてもワクワクしてきます。

ところで、
5年前に治療した前立腺癌、主治医の吉岡先生が有名人で、
東京医科大学病院から百合丘総合病院にスカウトされて、
4年間、検診のために百合丘通いがつづいたのですが、
今年、吉岡先生、板橋中央総合病院の副院長として再スカウトされて…

半年に一回ながら、今年から「志村坂上」の病院に通うことに。
ということで、生まれて初めて志村坂上にやってきました。

検診が終わって(全く異常なし)、美味い物食おうとわくわくしながらウロついたのですが、
マンションが立ち並ぶ住宅街、なかなかこれはというお店が見つかりません。

20190902 二代目辰盛 黒ゴマ担々麺 21cm DSC_6289

美味そうなパスタ屋が休みで、さらにウロウロして目にした「つけ麺二代目辰盛」の看板。
さっそく入ってみました。

20190902 二代目達盛 店 17cm DSC_6292

実はつけ麺が得手じゃないので、メニューでお勧めの「黒ゴマ担々麺」780円。
これがなかなかの美味。 
コクがあるけどしつこくないスープ。
この手のお店にありがちな塩辛すぎることもなく、いい塩加減。
麺もシコシコ、中国采はシャキシャキ。 あたり~~イ!

肝心の検査結果は、先生が感心するほど数値がよく、次回は半年後。
さて、次は何を食おうか。



大盛況!Woodstockのジャムパーティ

20190915 Woodstock Jamparty 21cm DSC4129

きのうはKENKENさん主催のWoodstock Jam Partyへ。
本番をまじかに控えたKenken Bandのリハもかねて、
J-PopからJazzまで、文字通りごった煮Jamのアフタヌーン。

プロ歌手や常連メンバーで大盛況。
S教授とドラムを叩き分け、楽しい山荘での午後でした。

20190915 Woodstock Jam Party 21cm _DSC4071

都心から40分とは思えない開放的な山荘に音楽機材が完備、
みなさんで一つのテーブルを囲んで、お初の方もすぐ打ち解けるここちよさ。
こんな素敵な会場はなかなかありませんねえ。

ZINCの新居恵美アフタヌーンセッション

20190914 Zinc 21cm _DSC4011

きのうはZincの新居絵美さん仕切りサタデイアフタヌーンセッションへ。
月イチ開催なのですが、日程が合わず3か月ぶりの参加。

20190914 Zinc 新居恵美 15㎝ _DSC3997

進行&Vo新居恵美さん。透明感のある歌声で、さわやかなヴォーカルは貴重な存在。

20190914 Zinc 鈴木史門 15㎝_DSC3973

お初のピアニスト鈴木史門さん。 タッチがとてもきれいです。

20190914 Zinc 國分航一 15㎝ _DSC3940

これまたお初のベース國分航一さん。ステディで安定したリズム。

常連ドラマーさんがピアノの弾き語りに回って、3セットのうち2セット叩きっパ。
参加者もほとんどお初の方々で、新鮮なセッションになりました。

ところで、帰りがけ外が騒がしいので、やはり観光の名所雷門は違うなあ、
と思っていたら…ある芸能人が…

お暇な方は追記を…

7~8月の初共演者の顔ぶれ

PCソフトの不調で作業ができず、ずいぶん遅くなりましたが、
7~8月に初めて共演していただいた方々の顔ぶれです。

201907 7月共演者1 21㎝
2019 8月共演者 21㎝  

Corcovado、Jazz38、Unten45、Zimagine、Soultrane
のセッションでご一緒した方々のうち、写真のある方35人。

こうしてみると、年齢は20代から70代まで、ジャズ愛好者の幅が広い。
世界的にジャズはマイナー音楽だそうですが、捨てたもんじゃありませんね。

これまでの初共演者通算(写真のある方のみ):
*プロ 303人 *アマ 1962人 のべ2265人


平日午後なのに盛況!UNTEN45の豊秀綾華アフタヌーンセッション

20190912 Unten 21cm _DSC3904

きのうはUNTEN45の俵山ナオユキ昼下がりのセッションへ。
平日の午後というのに、次々に参加者がやってきて、盛況でした。

20190912 Unten Toyohide 15cm _DSC3910

ピアノはお初の豊秀綾華さん。華奢で可愛い外見、クリアな打音、これから人気でそうですねえ。

20190912 Untenn tawarayama 15cm _DSC3891

リーダー俵山ナオユキさん。ベースが3人だったので、もっぱら進行役に徹して回す回す。

この日は、ピアノもベースもドラムも3人ずつ、ということでノンストップの進行。
トリオやカルテットのインスト曲が多かった割に、しっかり出番も回ってきました。

このお店のスネアドラムのチューニングが素晴らしくて、叩いて気持ちいいこと!
ベテランMさんや、久しぶりのドラマーKさんとの再会もあって、楽しい午後でした。

Jazz38の福島壮平ランチセッション

20190910 Jazz38 21cm _DSC3792

きのうはJazz38の岩崎壮平ランチセッションへ。
台風通過後の36℃の猛暑復活もあってか、参加者は少な目。
その分トリオ演奏をタップリ、叩きっパで充実のひと時を過しました。

20190910 Jazz38 Iwasaki Sohei 15cm _DSC3809

リーダーは若手のホープ岩崎壮平さん。
私のリクエストで、トリオで演奏した名曲「CEORA」、
壮平さんのリリカルなソロ聴かせてくれましたねえ!

20190910 Jazz38 Fujita 15cm _DSC3804

ベースは藤田耕平さん。ノーマイクで楽器の音を響かせてステディなリズム。
この日は私のリクエストで、3曲も歌ってくれました。

てなわけで、ジャズの楽しさをタップリ味わった充実のセッションになりました。

好々爺が集まったKNT同期会

20190907 KNT 同期入社会 21㎝_DSC3586

台風直撃の前日、最初の職場の同期が集まってランチ会。
みんな後期高齢者だが元気です。

私はこの会社に6年在籍しただけ、中途退社の脱藩者。
それなのにお仲間が声をかけてくれて、思い出話に花を咲かせて楽しいひととき。

そして台風来襲のきのうは、次男に双子が生まれたお祝いに、浜松まで。
幸い、新幹線もスケジュール通りで、無事帰宅後に嵐が…
ついてますねえ。


大盛況!Zimagineのヴォーカルセッション

20190906 Zimagine 21cm _DSC3523

きのうは青山まで遠出して、Zimagineのヴォーカルセッションへ。

20190906 Zimagine Izumoi 18cm _DSC3519

出雲井裕美さん率いる達者なグループをバックに、
10数名のヴォーカリストが参集、平日昼下がりというのに大盛況のセッションに。

ドラマーも3人いましたが、1曲が短いので、10数曲たたくことができ、
置きドラムのチューニングと会場の音響も気持ちよく、
ヴォーカルバックが好きなドラムスコ、楽しいひと時を過ごしたのでした。



学習能力が低すぎるモモちゃん

20190812 学習しないモモ 18cm _DSC2708

わが愛犬モモ、おツムはかなり低レベルのようで。

わが家のキチンにつづく家事ルーム。
ドアを押して入ったモモ、出るに出られず、閉じ込められても、
ワンともいわず、じっと救出を待ってます。

あれっ、モモが見当たらないなあ…
こんな時は、家事ルームのドアをチェックすると、
モモの間抜けな顔を発見。

20190824 学習しないモモ 18㎝ _DSC2981


これが一度ならず、週イチは当たり前。
全く学習できません。

ドアをちゃんと閉めておけばいいのですが、
心優しいカミさん、
かつてドアの隙間で遊んでいたヤモリの赤ちゃんを挟み殺して以来、
ドアを完全に閉めることができません。

モモ、家事ルームに入ったら、ドアを引けば出られるのに、
(締まっているドアの把手を引いて自由に出入りするワンコや猫も多い…)
その都度押し返して、「あれっ、開かない!」の繰り返し!

「閉じ込められたぞうっ!」と鳴いて家人に知らせるわけでもなく、
毎回毎回、じっと黙って、正座か伏せて、発見されるのを待っているだけ。

不細工な上に、笑えるほどのオバカです。
飼い主に似ちゃうのでしょうか?



息ピッタリ!Jazz38の外山安樹子ランチセッション

20190903 Jazz38 21cm _DSC3494

きのうはJazz38の外山安樹子ランチセッションへ。
常連ヴォーカリストさんが集まり、中身の濃い午後でした。

20190903 Jazz38 Toyama 15cm _DSC3473

セッションリーダー外山安樹子さん。仲良しベースと息ピッタリのご機嫌な演奏。
さらに、組み合わせが重ならないように、進行にも気配り満点。

20190903 Jazz38 Sekiguti 15cm _DSC3485

ベースは名手関口宗之さん。結成10年以上になる外山トリオのレギュラーだけに
外山さんとのさすがのコラボレーションで、お初の競演を存分に楽しみました。

この日は久しぶりのDERUさん、お初のドラマーと私、ドラマー3人でしたが、
ヴォーカル中心にどんどん回って、楽しいひとときを過したのでした。

ドラにとって果物の王様だね、シャインマスカット

20190902 シャインマスカット 21cm _DSC3456

秋になると出回ってくるシャインマスカット。
食べ物の好みは年齢とともに少しずつ変わってきますが、
最近は、スイカよりシャインマスカットが数段好きになり…
いまや私にとって、果物の王様

お盆あたりから出てきた初物は、まだ香りも甘みも薄かったのですが、
この写真のマスカット、ベテラン店員に選んでもらったら、
甘いのなんの、香りも歯触りも素晴らしい!
青っぽいものよりちょっと黄味がかったもののほうが熟成していて糖度が高いそう。

ああ、幸せです。