Contents

BVLGARI IL RISTORANTE Luca Fantinでランチ

きのうは、久しぶりに銀座へ。
前から気になっていた、ブルガリのIL RISTORANTE Luca Fantinでランチ。
味もサービスも大満足のひとときでした。

20170531 Bulgari 店内 14㎝DSC_0386

ブルガリのデザインはごてごてして好きじゃないが、店内は意外にシンプル。
ベネティアングラスの特注シャンデリア、16メートルの特注カーテンが雰囲気を創ってます。

20170531 Bulgari テーブルアレンジ 16㎝ DSC_0423

テーブルに置かれた薄紫のアンスリウムがおしゃれ。料理の期待感が高まります…

20170531 Bulgari 1 amyuse 18cm DSC_0365

まずはアミュズその1。 濃厚チーズのガスパチョ。いい味ですねえ。

20170531 Bulgari 2 amyuse 21cm DSC_0367

アミュズその2。 花弁を散らしたフリッター。 ドレシングしてあって全部いただけます。 
この鮮やかな配色、いかにもブルガリだ!

20170531 Bulgari 3 前菜 シマ海老と季節野菜 21㎝

前菜その1。 シマ海老と季節野菜。 わずかに火の入った海老の甘みとねっとり感が、
上から液体窒素で凍らせたドレシングがかけられ、シャキシャキした野菜の食感とベストマッチ。

20170531 Bulgari 4 アスパラ 21㎝DSC_0389

前菜その2。 アスパラとベーコン。表面にコンガリ焼き色をつけた北海道産のホワイトアスパラ。
チーズ風味のソースがまたまた美味い! 自家製のパンともよく合って、食がさらに進みます。
 
20170531 Bulgari 5 ウニのパスタ 21㎝DSC_0392

北海道産のウニのパスタ。 生うにがたっぷり載かって、シコシコの麺、
ウニの香りが口いっぱい広がり幸せ。 ただ私にはちょっと塩気が強いかな?

20170531 Bulgari 6 ズッキーニとあさりのリゾット 21㎝DSC_0395

ズッキーニとあさりのリゾット。 ズッキーニのジェリが表面を覆い深い味わい、
細かく刻んだズッキーニのコリコリした食感と米との違った食感が楽しい。

20170531 Bulgari 7 ヒラメと山菜 21㎝ DSC_0396

魚料理はヒラメのソテー。 厚めの身の火入れがバッチリで、堅過ぎず柔らかすぎず、
塩加減も絶妙で、普通に美味しい。

20170531 Bulgari 8 熊本あか牛ソテー 21㎝DSC_0403

肉料理は熊本産のあか牛。 肉の風味がよく、まず蒸し焼きにした後、直火で炙る焼き加減も絶妙。
付け合わせの野菜もいいろいろな食感で楽しませてくれる。
お肉は」小さめですが、ここまでいろいろ食べてきたので、ちょうどピッタリのサイズ。

20170531 Bulgari 9 ドルチェw 14㎝DSC_0416

デザートは、ティラミスと眼鏡仕様のチョコ。
本場ティラミスはゆるいペースト状、しつこくなく美味しい。

20170531 Bulgari 9 ドルチェ 12㎝ DSC_0412

チョコ眼鏡、当然こうなります。

20170531 Bulgari 10ドルチェ2 パッションフルーツ 18㎝ DSC_0427

最後におまけのパッションフルーツクリーム。ミントの台に乗せる見せ方が楽しい。
大好きなパッションフルーツでシメは最高でした。

イタリアンでは、近いうちに必ずリピートしたいと思う店が、アロマフレスカ以外になかったのですが、
味と盛り付けのおしゃれさに加え、楽しさいっぱいのここが、新たに加わりそうです。



スポンサーサイト