Contents

【南インドPHOTO紀行3】 マドライを代表する2つの建物

20170510 マドライミーナクシー 18㎝ 4007

マドライは、チェンナイから約500km南にあるヒンドウー教の門前町。
シンボルのミーナクシー寺院とティルマライナーカ宮殿を訪れた。

ミーナクーシ寺院は、シヴァ神の夫人を祀っているが、
参拝者も多く、広大なお寺が人で溢れるほど賑わっていた。

20170509 ミーナクシー寺院 21㎝ DSC_0260

20170509 ミーナクシー寺院 21㎝DSC_0266

お寺の中にゾウさんがいて、頭をなでてくれる。 御布施を払って、この通り。

20170509 マドライミーナクシー寺院 象 18㎝ DSC_0297

ティルマライナーヤカ宮殿は、インドサラセン様式の豪壮な建物。
ナーヤカ王の後、後継の王子によって3/4が破壊されたというが、もったいないことをしたものだ。

20170509 ティルマライナーヤカ宮殿 21㎝ DSC00925

20170509 テルマライ宮殿 16㎝ DSC09468

マドライの人口は90万人というが、観光客と巡礼者が毎日1万人以上訪れるそうで、、
雑然とした街に人が溢れてエネルギーに満ちて、こっちも元気になる。

こういうの大好きです!












.

スポンサーサイト